*本ページはプロモーションが含まれています

職場の人間関係で多い7つの悩み|孤立から抜け出す解決策7選も徹底解説!

職場の人間関係で多い7つの悩み|孤立から抜け出す解決策7選も徹底解説!

上司が理不尽に叱責してきてメンタルがやられそう。」

職場の人が平日深夜や休日もお構いなしで連絡してくる。どう対応したらいいの?

「相談できる上司や同僚がいない。」

日々、仕事をしていると上記のような人間関係に関する悩みを抱えている人も多いでしょう。

しかし人間関係の悩みを抱え込んでいるとストレスがたまり、仕事のパフォーマンスが低下したり体調不良を引き起こしたりしかねません。

ひどい場合は、体調不良だけでなくうつ病を発症してしまい、社会復帰に長い期間がかかってしまう可能性もあります。

体調を崩すほど大きなストレスを抱えないよう、自分でできる対処方法を知っておきましょう。

本記事では、よくある職場の人間関係の悩みや、職場の面倒くさい人間関係から解放されるコツを紹介します。

転職エージェント求人数特徴
リクルートエージェントロゴ

リクルートエージェント

618,431人(非公開求人含む)業界トップクラスの求人数
幅広い業界の求人を保有
DODAロゴ

doda(デューダ)

20万件以上(非公開求人含む)転職サイトと転職エージェントの両方を利用可能
丁寧なカウンセリングでキャリアプランを明確にできる
第二新卒エージェントneoロゴ

第二新卒エージェントneo

非公開第二新卒に加え・既卒・高卒・中卒も利用可能
内定後研修もあり社会人デビューも安心

職場の人間関係に関して多い7つの悩み

一日の大半を占める仕事で起きがちな人間関係の悩みを7つピックアップして紹介します。

職場での人間関係の悩みを抱えていて、相談できる人がいないと不安になり体調を崩してしまうことがあります。

「自分のことだ…」と感じたらぜひチェックしてみてください。

上司が理不尽

こういう上司いませんか?

職場の上司の理不尽な言動に悩む人が多いです。

よくある理不尽な言動は以下の通りです。

  • 頭ごなしの叱責
  • 長すぎる雑談
  • 不当なサービス残業
  • 自分のミスをなすりつける

そのほかにも、「上司と性格が合わない」、「根本的な考え方が異なる」という人もいます。

職場の雰囲気によっては、部下という立場上反論できないケースが多々あり、上司が変わらない限りストレスはたまる一方

自分ではどうすることもできず、ただただ上司の理不尽な言動に耐えている人は少なくないでしょう。

休日や深夜に連絡してくる

「平日の深夜に上司からメールが来て困る」「休日にも仕事の電話が来て休まらない」と多くの人が悩んでいます。

本来は緊急でない場合、プライベートな時間に連絡が来ても対応する必要はありません。

下記の動画でも解説しているように、退勤後や休日の仕事に関する連絡は労働時間にカウントされるためです。

とはいえ頭では分かっていても「後から面倒なことになってしまうのでは?」と不安になり、結局対応してしまう人は多いでしょう。

プライバシーを侵害される

プライバシーを侵害される

プライバシーを侵害する行為も、嫌な気分にさせられます。

下記のような「プライバシーの侵害」に悩んでいる人は多いでしょう。

  • 家族や恋人についてしつこく聞いてくる
  • 有給休暇の申請理由を執拗に聞いてくる
  • 個人情報を勝手に言いふらされる

プライベートな時間の過ごし方までチェックし、職場の飲み会へ参加を強要したり、夜遅くまで残業させたりするのもプライバシーの侵害にあたります。

仕事への影響を考えて、結局答えたくないことにも答えてしまったり、嫌々ながらも飲み会に参加してしまう人が多いでしょう。

SNSのフォローやいいねを強要される

SNSに職場の人間関係を持ち込み迷惑行為や嫌がらせをおこなうことはソーシャル・ハラスメント(ソーハラ)。

その典型的な例が「いいね」などのリアクションの強要・SNS上で公開している私生活情報への干渉などです。

仕事とプライベートを線引きしたいと思っても、仲の良い先輩や同僚にやたらとプライベートのことを詮索されて困っているという人も多いはずです。

鬱陶しく思っても職場の雰囲気を考えると、露骨に嫌な態度も取れず気分はモヤモヤとしてしまいます。

相談できる同僚がいない

職場に相談できるほど心を許せる上司や同僚がいなくて悩んでいることが多く、下記のように職場や部署のメンバー構成に問題があることもその原因となっているようです。

  • 親子ほど年齢が異なる
  • 同性の先輩や同僚が少ない
  • まとまりがない

意外に自分ではどうしようもないことが原因になっている場合があるため、なかなか解決策が見つからず悩み続けてしまいます。

部下に嫌われている

下記のような部下の行動が原因で「部下に嫌われている」と感じてしまうのも、職場での人間関係に関するよくある悩みの1つです。

  • 指示したことをやらない
  • いうことを聞かない
  • ミスを報告しない
  • 上司の陰口をいう

    上記のようなトラブルが続くと思うように部下との信頼関係が築けず、大きなストレスになってしまうことも。

    実際に嫌われているわけではなくても、結果として「部下から嫌われている」と、悩んでしまう人も多いです。

    職場で嫌われている

    職場の上司・同僚・部下から無視されたり、嫌われて孤立したりするのも人間関係で悩む原因の1つ。

    大人になっても「仲間外れ」や「無視」といった、大人げない行為をする人はいるものです。

    職場で必要なコミュニケーションが取れず孤立してしまうと、大きなストレスとなってしまいます。

    無視されたり孤立したりして「職場で嫌われている」と感じると、他人を信じられなくなり悩みを抱え込んでしまう方も多いです。

    職場の人間関係でストレスが溜まる3つの懸念

    職場の人間関係でストレスが溜まる3つの懸念

    職場の人間関係のストレスで「仕事に行きたくない」「同じ空間にいるのがつらい」と感じる人は少なくありません。

    ここでは、職場の人間関係によるストレスが原因でおこる症状をまとめました。

    ※タップすると該当箇所にスクロールします。

    一日の大半を過ごす職場で上司や同僚・部下と良い関係を構築できなければ、精神的ダメージはもちろん、肉体的にもさまざまな症状がでてしまいます。

    取り返しのつかないことになる前に、自分があてはまらないか確認しておきましょう。

    仕事が苦痛になる

    職場での人間関係によるストレスで、仕事が苦痛になる人が多いです。

    人間関係に悩みがあると、仕事をスムーズに進められなかったり、出勤するのが嫌になることがあります。

    上司が理不尽だったり相談できる同僚がいない職場では、仕事に下記のような影響が出てくるケースもあるので注意しましょう。

    • 会社に行きたくなくなる
    • 報連相ができなくなる
    • 仕事のクオリティが落ちる
      良い人間関係を作ろうと挨拶や笑顔を心がけても、職場の人の態度が変わらなければなかなか改善は望めません。

    そのため職場の人間関係の悩みがストレスとなり、仕事が苦痛と感じる原因になってしまいます。

    体調不良になる

    ストレスが原因で体調不良を引き起こしてしまうケースが多いです。

    職場でストレスを抱えると特に表れやすいのが、夜なかなか寝つけない・起きる予定の時間より早く目覚めてしまうなど、睡眠に関する障害。

    睡眠障害の状態では、下記のような状態に陥ってしまうことがあります。

    • 起きなければならない時間に起きられない
    • 頭や体が重く感じられ少し動くだけでも疲れてしまう
    • 集中力がなくなり仕事でミスを繰り返す
      上記のようなことが続くと、さらにストレスを感じやすい状態になってしまいます。
      負のループに陥る前に、早い段階で専門機関へ相談するようにしましょう。

    病気になる

    ストレスは目に見えないため、職場の人間関係による悩みを抱えていると、知らず知らずのうちにストレスが蓄積し心身に不調をきたすことがあります。

    特に気を付けたいのが、下記の病気です。

    病名原因症状
    うつ病心理的なストレス
    脳内の変化
    なりやすい体質
    睡眠障害
    疲労感
    倦怠感
    肩・首のこり
    頭痛・頭が重い
    意欲・興味の減退
    仕事能力の低下
    抑うつ気分
    不安
    適応障害

    ・仕事・学校におけるストレス(人間関係・いじめ・パワハラ・セクハラ・仕事のミスなど)

    ・日常におけるストレス(喧嘩・失恋・引越し・近所トラブルなど)

    ・本人の性質(自己表現が苦手・完璧主義・頼まれると断れない・人の発した言葉を考え込むなど)

    不安・恐怖・焦燥感・気分の落ち込み・喪失感・絶望感・頭痛・肩こり・倦怠感・疲労感・不眠
    自律神経失調症・大きなストレス(職場・学校・家庭・恋愛)
    ・生活リズムの乱れ
    ・環境の変化(転職・天候・引越し)
    全身をコントロールする自律神経のバランスが崩れることにより発症する。
    疲れが抜けない
    倦怠感
    めまい/耳鳴り
    便秘/下痢
    頭痛/偏頭痛
    微熱が続く
    動悸
    手足のしびれ
    のどの渇き
    頻尿/残尿感
    イライラ/焦燥感
    不安感
    疎外感/孤独感
    気分の落ち込み
    意欲の低下
    憂鬱
    感情のコントロールが激しい

    (参考サイト:けいクリニック

    うつ病や適応障害は、なるべく早めに対処すれば早期に回復できる可能性があります。

    気になる症状がある場合は、心療内科などを受診してください。

    職場の人間関係の悩みを解決する7つの方法

    職場の悩みを解決する7つの方法

    職場の人間関係のストレスは、仕事に支障をきたすだけでなく、最悪の場合は体調不良やうつ病などの精神疾患にかかってしまうリスクがあります。

    深刻な状況になる前に、下記7つの方法で改善を試みるのがおすすめです。

    ここからは、すぐに実践できる職場の人間関係の悩みを解決する7つの方法についてくわしく解説します。

    仕事のスキルを磨く

    職場の人間関係に深入りしてしまい仕事に集中できないという方は、一度目の前にある自分の仕事だけに集中してみましょう。

    仕事に集中しスキルアップすれば周囲の雑音が気にならなくなり、他人のことに深入りする時間も余裕もなくなるはずです。

    家族や友人に相談する

    家族や友人など、信頼できる人に相談するのも有効な手段の1つです。

    社外の人に相談すれば気持ちの整理ができ、客観的なアドバイスをもらえるかもしれません。

    さらに、自分の悩みが社内に広まるリスクがないという安心感があります。

    信頼関係ができている相手のため、他人には言いづらいことを話せたり的確な指摘をもらえたりするところがポイント。

    自分以外の誰かと悩みを共有すればストレス発散になり、憂鬱な気分も少しすっきりするでしょう。

    成果を挙げられれば周囲からの評価も変わり、人間関係の改善につながるかもしれません。

    信頼できる上司に相談する

    同僚や部下との人間関係がどうしてもうまくいかない場合、相手が上司でないならまず信頼できる上司に相談してみましょう。

    立場の異なる人に相談することで、さまざまな角度からの知恵を得られるはずです。

    また上司に相談すれば「異動」や「担当作業の変更」など、直接的な問題解決のための働きかけをしてくれる可能性があります。

    自分の悩みをうまく話せるか不安な場合は、あらかじめノートなどに伝えたいことをメモしておくと、伝え忘れを防げるのでおすすめです。

    社内の相談窓口に相談する

    自分の手におえないようなハラスメントに直面したら一人で抱え込まず、人事や総務・社内の相談窓口に相談するのがおすすめです

    社内の相談窓口に相談すれば、自分や相手の異動など根本的な解決策を提示してくれる可能性があります。

    「社員からハラスメントに関する相談があった場合には、しっかり対応するように」といった内容がハラスメント防止法にも記載されています。

    大切な自分の心と身体を守れるのは自分だけです。

    職場の人間関係について第三者に相談するのは恥ずかしいことでも悪いことでもないので、まずは現状をハッキリと伝えてみてください。

    社外の専門家に相談する

    社外の専門家に相談する

    相談相手がいないときやほかの人に悩みを知られたくないとき、身近な人に相談しても解決しなかったときは、下記のような社外の専門家に相談してみましょう。

    公的な相談窓口特徴
    こころの耳メンタルヘルスの相談に向いている
    労働条件相談(ほっとライン)残業や過重労働による心身の不調の相談に向いている
    みんなの人権110番差別・ハラスメント・プライバシーの問題に向いている

    社外の専門家は話を聞くプロで公平な立場から相談に乗ってもらえるうえ、相談内容が漏れる心配もありません。

    電話やチャットでのやり取りが可能な窓口もあるので、自分に最適な方法で相談するのがおすすめです。

    異動を申し出る

    思い切って部署の異動を願い出てみるのも一つの手段。

    明らかに相手に非がある場合、自分がどう行動しても人間関係は改善しない可能性があります。

    異動により周りの人間が変われば、陰湿なイジメのない環境で快適に仕事ができるかもしれません。

    それでも改善されない場合は根本的な職場環境が悪いと考えられるので、転職を検討してみてください。

    転職を検討する

    転職サイトと転職エージェントの違い

    職場の人間関係を修復できそうにない場合は、思い切って転職するのも有効な手段の1つです。

    「職場の人間関係が悪かった」は第2位の転職理由で、20代女性の3人に1人は人間関係を理由に転職しています。(参考サイト:マイナビ 転職動向調査 2023年版

    人間関係が改善される見通しが立たない職場でいつまでも我慢していては、ストレスが溜まって疲れやすくなるだけ。

    体調を崩して貴重な時間を奪われ、後悔することにもなりかねません。

    安心して自分が働ける場所を見つけるためにも「今の会社にとらわれず、転職する選択肢もある」と覚えておきましょう。

    転職なら転職エージェントを検討する

    転職なら「転職エージェント」の利用を検討するのがおすすめです。

    転職エージェントは「人材紹介会社」とも呼ばれ、企業と転職を検討している求職者をつなぐサービスを提供しています。

    転職サイトとの大きな違いは、応募から内定に至るまでの企業とのやり取りを転職エージェントが代行してくれる点。

    また転職の専門家として応募書類の作成や面接へのアドバイスしてくれるのも、転職エージェントならではの魅力です。

    転職を検討している方にとって、転職エージェントは大きな力になります。

    自分にとって良い環境で不安なく働きたいと思っているなら、転職エージェントを利用してみてください。

    人間関係がどうしても改善しない人におすすめする3つの転職エージェント

    職場の人間関係がどうしても改善せず、転職を検討する人におすすめの3つの転職エージェントをピックアップしました。

    転職エージェント求人数特徴
    リクルートエージェントロゴ

    リクルートエージェント

    618,431人(非公開求人含む)業界トップクラスの求人数
    幅広い業界の求人を保有
    DODAロゴ

    doda(デューダ)

    20万件以上(非公開求人含む)転職サイトと転職エージェントの両方を利用可能
    サイト内のコンテンツが豊富
    第二新卒エージェントneoロゴ

    第二新卒エージェントneo

    非公開20代に特化した就職・転職サイト

    自分のキャリアプランと照らし合わせながら、ニーズにマッチする転職エージェントをみつけましょう。

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントLP

    出典:リクルートエージェント公式サイト

    運営会社株式会社リクルート
    設立2012年10月1日
    求人数約620,000件(非公開求人20万件以上を含む)
    転職相談の拠点北海道・東北
    関東:さいたま・千葉・西東京・横浜・静岡・宇都宮
    中部:名古屋・神戸
    関西:京都・大阪
    中国:岡山・広島

    九州:福岡
    ※電話面談実施中
    リクルートエージェントはこんな人におすすめ!
    • 求人数の多さを重視する人
    • 知名度の高い転職エージェントを利用したい人
    • 大手ならではの手厚いサポートを受けたい人

    リクルートエージェントは、人材業界大手のリクルートが運営する転職エージェント。

    強みは業界No.1を誇る求人数の多さで、求人数は非公開を含めると約62万件もあります。

    地方を含め幅広い職種・業種の取り扱いがあるので、希望にあう求人を見つけやすいでしょう。

    実績豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるのも人気のポイント。

    書類添削や面接対策はもちろん、年収の交渉など自分ではやりにくい部分も代行してもらえます。

    下記ではリクルートエージェントの口コミ・評判の口コミ・評判を紹介するので参考にしてみてください。

    ワイはJACリクルートメントとリクルートエージェントがよかった。担当が結構親身になってくれた。 ビズリーチも使ったけどあれは転職慣れしてる人向けやね。

    引用元:twitter

    転職エージェントはいろいろ使ったけど、人におすすめするならリクルートエージェントかなぁと思います! やっぱりアドバイザーの質が高いし、求人数も多い! #仕事がない#新しい仕事

    引用元:twitter

    個人的にはリクルートエージェントがいるサイトを使用するのが、おすすめ・・・!書類の添削とか、自分に合った会社とかをめちゃくちゃ探してくれる!

    引用元:twitter

    大手ならではの手厚いサポートを受けたい人はリクルートエージェントを検討してみて。

     

    リクルートエージェント公式サイト
    https://www.r-agent.com/

    doda

    dodaのLP

    出典:doda公式サイト

    運営会社パーソルキャリア会社
    設立2010年6月2日
    求人数約229,000件(非公開求人を含む)※2024年1月現在
    転職相談の拠点北海道・東北:札幌・仙台
    関東:東京・横浜・静岡
    中部:名古屋
    関西:大阪・京都・神戸
    中国:岡山・広島

    九州:福岡
    ※電話・Web面談実施中
    dodaはこんな人におすすめ!
    • 運営会社の実績を重視したい人
    • 専門性の高いアドバイスを受けたい人
    • ベンチャー・中小企業への転職を検討したい人

    dodaを運営しているのは、人材企業大手のパーソルキャリア株式会社です。

    求人数はリクルートエージェントに次ぐ業界2位で、転職サイトと転職エージェントの2つの機能を持っているのが魅力。

    企業規模を問わない多種多様な求人があり、スタートアップ企業からベンチャー企業など、中小企業を多く取り扱っているのもdodaならではの特徴です。

    会員登録の際にエージェントサービスの有無を選択でき、希望すれば専門アドバイザーのアドバイスも受けられます。

    dodaはWebコンテンツが充実し、必要に応じてアドバイザーのサポートを受けられるので、転職初心者におすすめです。

    dodaの口コミ・評判を紹介するので参考にしてみてください。

    DODA最大のメリットは自分で求人を探すことも出来る事 エージェントだとこれが出来るエージェントが意外となかったりする #DODA #転職

    引用元:twitter

    はじめまして! わたしはdoda使って未経験の業界に転職しましタ 職務経歴書とか細かく添削してくれるし、企業からオファーもくるのでおすすめデス

    引用元:twitter

    ベンチャー・中小企業への転職を検討したい人はdodaがおすすめ。

     

    doda(デユータ)公式サイト
    https://doda.jp/

    第二新卒エージェントneo

    第二新卒エージェントneo公式サイト

    出典:第二新卒エージェントneo公式サイト

    運営会社株式会社ネオキャリア
    設立2000年11月15日
    求人数非公開
    転職相談の拠点関東:東京
    中部:名古屋
    関西:大阪
    九州:福岡
    ※Web面談も実施
    第二新卒エージェントneoはこんな人におすすめ!
    • 20代の人
    • 未経験者向けの求人を探したい人
    • 第二新卒出身の若い担当者から丁寧なサポートを受けたい人

    第二新卒をはじめ、20代の既卒・高卒・中卒・フリーター向けの就職・転職の支援に特化しているのが第二新卒エージェントneoです。

    学歴・経験不問の未経験歓迎求人を豊富に保有しているため、社会経験の浅い人でも自分のやりたい仕事を見つけられます。

    数多くのキャリアチェンジを支援してきた「第二新卒転職のプロ」ならではのサポートが強みです。

    アドバイザーは第二新卒出身の人が多く、経験者ならではのアドバイスがもらえるでしょう。

    20代に特化した求人を探している人には第二新卒エージェントneoがおすすめです。

    第二新卒エージェントneoの口コミ・評判も併せてご確認ください。

    3月頭から転職活動を開始し、先日内定承諾し転職活動を終えました。 初回のカウンセリングの時点で色々求人を案内して下さり、またやりたい事出来る事が分からないと言った相談に対し親身になって回答していただけました。 4月から勤務開始ですが心機一転頑張っていきたいと思います!

    引用元:GoogleMaps

    転職活動で苦労している中、親身になって相談に乗って頂きました。自己分析を大分手伝って頂いたので、やりたい事や自分の適正などが分からなくて迷ってる方はおすすめです。

    引用元:GoogleMaps

    大学中退後、正社員としての就職先を探す際に利用させて頂きました。 とても親身に話を聞いて下さったり、職務経歴書の書き方や各社ごとの面接対策など、たくさん時間を取っていただいたりと、初めての就活で不安な中とても有難かったです。お陰で無事内定を頂くことができました。 大学中退の方にもお勧めできる素敵なエージェントさんだと思います。

    引用元:GoogleMaps

    第二新卒エージェントneo公式サイト
    第二新卒エージェントneo公式サイト

    職場の人間関係についてよくある質問

    職場の人間関係に関するよくある質問について詳しく解説します。

      疑問や不安をクリアして、人間関係の悩みを解決に近づけましょう。

    職場の人間関係をよくする方法はあるの?

    職場での人間関係をよくするためには、下記のようなポイントを意識するようにしましょう。

    • 挨拶をしっかりする
    • 上司・同僚・部下に対し、丁寧な対応を心がける
    • 誰に対しても笑顔で接する
    • コミュニケーションの機会を増やす
    • 相手から印象を意識しすぎない
    • 相手の立場になって物事を考える
    • 相手の良い部分を見つける

    コミュニケーション不足が原因で人間関係が悪化している場合は、上記を意識すれば改善できる可能性があります。

    ただし、改善を試みても人間関係が良好にならないこともあるので、深く考え込まず割り切るのも重要です。

    職場の人間関係を気にしないように割り切る方法は?

    職場はあくまでも「仕事をする場」・「お金を稼ぐ場」と割り切るのがおすすめです。

    同僚や部下・上司からの信頼は、きちんと仕事に取り組み成果を挙げればおのずとついてきます。

    職場の人と仲良くしたい・良い関係を築きたいと思うのは自然なことですが、職場でつくる人間関係は「仲の良い関係」ではなく、「仕事をスムーズに進められる関係」であることが重要です。

    仕事上だけの関係と割り切れれば、ちょっとしたことで心が傷ついたり、良好な関係を築けていないからと言って悩まなくてすみます。

    また職場でめんどうくさいと思っている人に対しても、「仕事仲間」と割り切れば相手の言動に振り回されなくなるでしょう。

    職場の人間関係は深入りしないでドライなままがいい?

    職場での人間関係はドライなままで大丈夫です。

    なぜなら、会社での人間関係はあくまでも仕事をするためのもの。

    自分は自分・人は人という考え方でよく、相手に無理に合わせる必要はありません。

    周りに流されず冷静に判断するのが、ストレスを溜めないためにも有効な方法です

    女性の多い職場の人間関係はよりめんどくさい?

    下記のような理由で、女性の多い職場の人間関係がよりめんどくさいといわれます。

    • 和を乱す人がいる
    • 好き嫌いの感情で仕事をする人がいる
    • 派閥ができやすい

    ただし下記のポイントに気を付ければ女性の多い職場でも楽しく仕事ができる可能性が高いです。

    • 面倒くさい人との接触は最小限にとどめる
    • プライベートなことは極力言わない・聞かないようにする
    • 分け隔てなく接する
    • 聞き手にまわる
    • マイナスなことは言わないようにする
    • 陰口を話している場にはいないようにする

    女性の多い職場で人間関係を良好に保つためには上記のようなポイントを意識し、適度な距離を取りつつ、目立ちすぎない」ように気をつけましょう。

    職場の人間関係のストレスをチェックする方法は?

    「ストレスチェック」を使えば、職場の人間関係のストレス度をチェックできます。

    ストレスに関する質問票(選択解答)に労働者が記入し、それを集計・分析することで自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べる検査です。

    労働者が50人以上いる事業所では、労働安全衛生法の改正により2015年12月から毎年1回、この検査をすべての労働者に対して実施することが義務付けられました。
    (参考サイト:厚生労働省|ストレスチェック制度導入マニュアル

    たとえば厚生労働省が提供している「こころの耳」をつかえば、職場の人間関係のストレスをセルフチェックできます。

    こころの耳・ストレスセルフチェック

    引用元:こころの耳|厚生労働省

    4つのステップからなる5分程度のストレスチェックに回答すれば、ストレスの状態を手軽にわかります。

    簡易版の「3分でできる職場のストレスセルフチェック」もあるので、職場の人間関係にお悩みの方はぜひ試してみてください。

    職場の人間関係がどうしても改善しなければ転職も検討しよう

    「職場での人間関係」は退職理由の2位にランクインし、多くのビジネスパーソンの心を悩ませる原因になっています。

    ストレスなくスムーズに仕事をすすめるためにも、ぜひ今回紹介した職場の人間関係の悩みを解決する方法を試してみてください。

    どうしても改善できないなら、職場環境を変えるのも有効な手段のひとつ。

    転職すると職場環境がリセットされ、新たな気持ちで仕事に取り組めます。

    自分の希望にマッチする転職エージェントを見つけたら、試しに登録してみましょう。

    また「ジョブピス」のTikTokアカウントでは、よくある仕事の悩みや疑問を解決する動画を投稿しています。

    気になる人はぜひチェックしてみてください。

    ※本内容は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。