*本ページはプロモーションが含まれています

サントリーの平均年収が1,000万円超えって本当?ボーナス・福利厚生も徹底紹介!

サントリーの年収

サントリーホールディングス」はアルコールや清涼飲料水などを製造・販売している日本を代表する飲料メーカーの1つ。

日本人ならば誰もが聞いたことのある人気商品を数多く手がけています。

今回はそんなサントリーの気になるお金事情について徹底調査。

サントリーへの就職を考える学生の方・転職を検討している方は、是非参考にしてください。

サントリーのような一流企業への転職なら「リクルートダイレクトスカウト」

リクルートダイレクトスカウトのLP(出典:リクルートダイレクトスカウト公式HP

リクルートダイレクトスカウトは、株式会社リクルートが運営する「ハイクラス向け」の転職スカウトサービスです。

年収800万~2000万円クラスの求人を多数掲載していて、誰もが知る有名企業に転職したい方は利用必須といえます。

会員登録をすると、一般には出回らない非公開求人を見ることも可能です。
※会員登録・利用は全て無料

登録後はスカウトを待つだけで良いので、情報収集を効率的に行えます。

大手企業に転職したいけど何から始めればいいか分からない方は、まずリクルートダイレクトスカウトを利用してみるといいでしょう。

\ 有名企業からのスカウトが続々 /

リクルートダイレクトスカウト公式サイト
https://directscout.recruit.co.jp/

※登録・利用は完全無料です※

【この記事の監修者】

監修者:鈴木けんすけさん

株式会社hitocolor
代表取締役社長  鈴木けんすけ

2016年9月、株式会社hitocolorに参画。2020年4月より、代表取締役社長に就任。

「働くことにワクワクする社会」を追求し、
求人広告代理店事業・有料職業紹介事業の展開、転職サイト・自社オウンドメディア運営など、人材に関わるさまざまなサービスを提供している。

【経歴】

1980年(昭和55年) 神奈川県出身
2000年4月 株式会社アールケイエンタープライズに入社
2006年2月 個人事業主としてBtoC事業運営
2012年3月 KDDI株式会社に入社
2016年9月 株式会社hitocolorに参画
2017年6月 同、執行役員に就任
2018年4月 同、取締役に就任
2019年4月 同、常務取締役に就任
2020年4月より、当企業代表取締役社長に就任。

>>監修者詳細ページはこちら


【会社HP】
株式会社hitocolor

サントリーホールディングスの平均年収は1,185万円!

サントリーホールディングスが発表している有価証券報告書によれば、社員の平均年収は1,185万円(2020年)とかなり高い水準です。

また平均年収は年々上昇傾向にあり、2016年が1,066万円・2017年が1,127万円・2018年が1,147万円・2019年が1,150万円となっています。

この数字はメーカー系企業の中でもかなり高く、大手人材サービス会社のdodaが発表した業種別平均年収ランキングの「メーカー企業平均年収額453万円と比べると明らかです。

特にメーカー系企業の中でも飲食・食品メーカーは平均年収404万円と低いため、サントリーの年収の高さはずば抜けています。

競合他社との年収比較

※引用:2020年有価証券報告書情報

売上高で高いシェアを誇る飲料業界大手4社の年収を比較しました。
サントリーは業界大手の中でも第二位に位置する高年収であることがわかります。

特徴別に解説!サントリーの平均年収

ここではサントリーホールディングスの平均年収について「職種別」「年齢別」といった特徴にわけて詳しく解説します。

この数字は2020年度の年収データをもとに算出されており、平均数値は場合によって異なることがあるのであくまで目安として参考にしてください。

職種別サントリーの平均年収【研究職・営業職・経理職】

サントリーホールディングスにおける平均年収を、主な職種別に比較しました。

職種推定年収
営業職810万円
マーケティング職762万円
研究職716万円
事務職700万円
技術職660万円
企画職637万円
管理職637万円
開発職612万円

こうして比較すると、営業職やマーケティング職の販売に関わる職種の年収が高いことがわかります。

課長・部長など役職数や程度よって数字は大きく変わるので、参考程度にしてください。

年齢別サントリーの平均年収【20代・30代・30代・40代】

サントリーホールディングスの平均年収を、社員の年齢別にして比較します。

年齢推定年収
20代559万円
30代890万円
40代1080万円
50代1245万円

年齢ごとに比較すると年収の推移がより顕著に分かります。

どの世代の平均年収も、同業他社に比べるとかなり高い水準です。

役職別サントリーの平均年収【役員・部長・課長】

以下ではサントリーホールディングスの平均年収を役職別ごとに紹介します。

役職推定年収
社長1億5000万円
部長1,680万円
課長1,450万円
係長1,100万円
主任950万円
一般正社員745万円

サントリーホールディングスの社長・新浪剛史さんの年収は、株の配当と合わせて1億5000万円以上と推測されています。

他の役職の年収の高さも、今や飲料で欠かせないブランドとなっているサントリーなら納得です。

サントリーのボーナス・昇給・福利厚生

続いてはサントリーホールディングスのボーナス・昇給・福利厚生について見ていきます。

ボーナス
  • 7月と12月の年2回の配当
  • 1年間の業績を評価して賞与に反映させる業績連動賞与制度
昇給制度
  • 1年に1回
福利厚生
  • 年間休日120日以上
  • 住宅手当支給あり
  • 介護休暇・育児休暇・ボランティア休暇あり
  • フレックス勤務・テレワーク勤務あり

ボーナスは年2回の配当とされており、実際に過去の有価証券報告書からも売上高に応じて社員への賞与引当金も引き上げられていることが分かります。

福利厚生においてはワークライフバランスを重視した制度を多数用意しているのが特徴です。

サントリーグループの平均年収

サントリーホールディングスのグループ会社は、全世界に300社日本国内だけでも84社存在。

今回は中でも特に人気が高い6つの子会社の平均年収を紹介します。

気になるグループ会社があれば参考にしてください。

サントリー食品インターナショナルの平均年収

サントリーインターナショナルの平均年収は約1,033万円

サントリー食品インターナショナルは、日本国内外に向けて清涼飲料水の開発・製造・販売を行う会社です。

取り扱っている清涼飲料水は多岐にわたり、コーヒー飲料・ミネラルウォーター、・茶系飲料・炭酸飲料・スポーツ飲料・特定保健用食品など様々。

サントリーグループの中でも代表的な子会社として知られており、日ごろ目にするサントリーの食品の全てはこのサントリー食品インターナショナルが統括・管理しています。

サントリースピリッツの平均年収

サントリースピリッツの平均年収は約450万円と、他グループ会社と比較すると低めに感じますがメーカー企業の中では妥当な相場です。

サントリーグループで扱うウイスキー類の開発・製造・販売を行なっているのが、サントリースピリッツ。

代表商品には角瓶・白州・山崎・響などがあり、日本のウイスキー業界の中でもかなり存在感のある会社として知られます。

サントリー酒類の平均年収

サントリー酒類の平均年収は573万円と、食品・飲料メーカー企業の中では比較的高い水準。

サントリー酒類は、スピリッツ(蒸留酒全般)・ビール・ワインなどの開発・製造・販売を行なう会社です。

サントリーウェルネスの平均年収

サントリーウェルネスの平均年収は1,266万円と、グループ会社の中でも群を抜いて高額です。

サントリーグループの中でも健康食品を専門的に扱います

100年以上にわたって培われてきた酒造技術と最新科学の力を融合し、安心・安全に服用できる健康食品を数多く展開しています。

サントリーシステムテクノロジーの平均年収

サントリーシステムテクノロジーの平均年収は444万円と、IT・通信業界の中では平均的な金額です。

サントリーシステムテクノロジーでは主に、出来上がったサントリー商品の物流管理システムや製品を販売するための営業システムなどを開発・管理・運用しています。

サントリー製品の流通を裏側から支えているのが、このサントリーシステムテクノロジーです。

サントリーロジスティクスの平均年収

サントリーロジスティクスの平均年収は約450万円とグループ会社内では低め。
とはいえ物流業界の平均年収425万円と比べると相場よりも高いといえます。

サントリーロジスティクスは物流に関する業務・マネジメントに関する業務を一手に担っており、コストを削減しより効率的な商品の伝達ができるよう努めている会社です。

サントリー内定難易度・採用状況【新卒就職・中途採用】

サントリーの採用人数(出典:サントリー公式HP

サントリーグループへの就職・転職を考える際にチェックしておきたいのが、その難易度と採用状況についてです。

新卒採用は倍率約300倍にも及ぶと言われるため、就職難易度はかなり高め

中途採用も新卒採用人数の17%程度にしか及ばないので、こちらもかなりの狭き門です。

サントリーは社員の定着率が高く人材の需要が低いため、求められるレベルも必然的に上がります。

ある程度ハイレベル大学の卒業歴・中途採用であれば大企業に相応しいキャリアの積み重ねがある人材でないと、就職や転職は難しいでしょう。

人気企業への転職には転職エージェントの利用がおすすめ

花形企業への転職を希望する場合、転職エージェントを利用するのも1つの方法です。

自力の転職活動では情報収集や選考対策に限界がありますが、転職エージェントではその心配がありません。

選考書類の添削・面接対策・企業の内部情報のリサーチのみならず、年収や待遇面の交渉もサポートしてくれます。

初めて転職をする方はもちろん、自分の価値を上げてより確実な転職活動したいという方にもピッタリです。

サントリーへの転職におすすめの転職エージェント

以下ではサントリーホールディングスのような人気企業への転職を考えている方に、おすすめの転職エージェントを紹介します。

※転職エージェント名タップで詳細ページにスクロールします。

転職エージェント名特徴
ビズリーチスカウト制度の充実で気軽に転職活動ができる
リクルートダイレクトスカウトハイクラス向けの高額年収求人が豊富
JACリクルートメントミドル層の転職実績多数
リクルートエージェント業界最大手の転職エージェント
dodaエージェント最新テクノロジーで推定年収まで診断可能

それぞれの転職エージェントに特徴やメリットがあるので、自分に合ったエージェントを探してみてください。

ビズリーチ

ビズリーチLP(出典:ビズリーチ公式HP

ハイクラス向けの求人が多数揃える「ビズリーチは、公開求人の4分の1が年収1,000万円以上という特徴を持ちます。

ビズリーチは入会審査があり求職者のレベルが高いため、掲載企業もハイレベル傾向です。

2021年11月現在では公式HPの採用企業情報にサントリーはありませんが、楽天や東芝など一流企業が連なっているため将来的に掲載される可能性は高いでしょう。

スカウト機能を利用すれば面談や求人検索の手間を省いて、企業とダイレクトにやり取りすることが可能です。

ビズリーチ公式サイト
https://www.bizreach.jp/

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトのLP
(出典:リクルートダイレクトスカウト公式HP

リクルートダイレクトスカウト」はリクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ層向け転職エージェントです。

公開求人の7割以上を年収1,000万円求人が占めており、トヨタや大正製薬など名だたる企業の厳選求人が掲載されていると公表しています。

求人の企業名は登録者限定で公開されるため、サントリーの求人が気になる方は登録が必須です。

しかしリクルートダイレクトスカウトに登録している求職者のレベルが高くその中を切り抜けて求人紹介される必要があるため、キャリアに自信がある方向きのサービスでしょう。

リクルートダイレクトスカウト公式サイト
https://directscout.recruit.co.jp/

JACリクルートメント

JACリクルートメントのLP(出典:JACリクルートメント公式HP

JACリクルートメント」はミドル層向けの外資系企業や海外進出企業の求人を多く扱う転職エージェントです。

管理職クラスの求人が多く、40代以降の方の利用が全体の半数以上という特徴を持ちます。

取引企業の一例の中にサントリーは明記されていませんでしたが、同じ日本を代表する飲料メーカーのアサヒが記載されていました。

60%近くの非公開求人の中にサントリーを取り扱っている可能性があるため、素早く情報を手に入れたい方は登録しておきましょう。

JACリクルートメント公式サイト
https://www.jac-recruitment.jp/

リクルートエージェント

リクルートエージェントのLP(出典:リクルートエージェント公式HP

リクルートエージェント」は、業界No.1と群を抜いた求人数を誇る転職エージェントです。

2021年11月現在、実際にサントリーのグループ会社である「サントリープロダクツ」の求人が掲載されているので今後もサントリーとの取引が期待できます。

利用者の年齢層やスキルレベルは幅広いので、ハイクラス転職エージェントに登録するのが気が引けてしまう方はリクルートエージェントに登録しましょう。

リクルートエージェントは長きにわたる転職支援経験から交渉術が優れているという特徴を持ち、利用者の約60%以上が転職後の年収アップに成功しています。

リクルートエージェント公式サイト
https://www.r-agent.com/

dodaエージェント

dodaのLP(出典:dodaエージェント公式HP

dodaエージェント」は経験豊富な知識とノウハウを使ってスピーディーに転職活動をサポートしてくれる転職エージェントです。

2021年11月現在の求人情報には、「サントリーロジスティクス」「サントリーシステムテクノロジー」といったグループ会社が掲載されていました。

dodaの年収査定という独自のサービスでは、186万にも及ぶ転職者から得た情報を使い算出した自分の適性年収や今後の年収推移を提示してもらえます。

自分の経歴やスキルではどの程度の年収が獲得できるのか、気になる方は利用してみましょう。

dodaエージェント公式サイト
https://doda.jp/consultant/

サントリーの年収に関するQ&A

ここからはサントリーホールディングスへの転職において多く挙げられる疑問や不安にQ&A形式でお答えしていきます。

  • サントリーの役員報酬は?
  • 高専からの就職でもサントリーの年収は高い?

気になっている項目があれば適宜チェックしてください。

サントリーの役員報酬は?

2020年度のサントリーホールディングスに所属する6名の役員に対して支払われた役員報酬は、一人当たり6,300万円

役員報酬とは企業の中でも特に重役についている役員クラスの社員に対して支払われる報酬のことです。

一見すると一般社員に支払われている給与と同じようにも思えますがこの役員報酬は法律上給与とは別物として考えられており、会計時にも別途記載されるのが通例。

株主総会の決議に始まり取締役会の決議・税務署への申請という流れで決められることの多い役員報酬ですが、当然この金額は企業によって大きく異なっています。

高専からの就職でもサントリーの年収は高い?

確認したところサントリーグループの統括を担っているサントリーホールディングスでは、高専卒の方の採用を行なっていないようです。

ただしグループ会社のいくつかでは、高専の方でも応募できる求人があります。

その場合の給与水準に関しては他の採用枠の方と変わることはありません

サントリーは給料・年収が高い優良大手企業!

平均年収1,000万円を超えると言われているサントリーホールディングス

その人気はかなり高く、今後もますますの成長が期待されています。

サントリーのような人気企業への転職を成功させるには、これまでに培ってきたスキルや経歴だけで挑むのではなく入念な準備が必要不可欠です。

自力での転職活動に不安がある方は、大手企業求人を多数保有する実力派の転職エージェントを利用するのも方法の1つです。

是非自分の可能性を最大限生かして、新しいキャリアへの道を探ってみてください。

【当記事の執筆・運営者】

当メディアは、求人広告代理業・人材関連サービスを展開する株式会社hitocolorが執筆・運営しています。

株式会社hitocolorは、厚生労働省【有料職業紹介事業許可労働者派遣事業許可】取得企業です。

転職・人材分野の豊富な実績と知識を持つ弊社が、転職を考える皆様に有益で正確な情報をお届けしてまいります。

運営会社株式会社hitocolor
設立 2016年4月12日
代表取締役鈴木けんすけ
本社所在地〒105-0003
東京都港区西新橋2-39-8 鈴丸ビル7階
支社所在地高知支社
〒781-5232
高知県香南市野市町西野2217-1
資本金10,000,000円
事業内容求人広告代理店事業
有料職業紹介事業
自社メディア・コンテンツ運営
許認可番号有料職業紹介事業許可番号】13-ユ-310482
労働者派遣事業許可番号】派 13-314487
プライバシーマーク登録番号】第21004576(01)号

※本内容は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。