*こちらはアフィリエイトのため広告を掲載しています。

薬剤師の転職は厳しい時代に!薬剤師の転職市場の現状を徹底解説

薬剤師の転職は厳しい

本記事では「薬剤師の転職は厳しいのか」という観点から、薬剤師転職の現状を徹底解説します。

また「転職が難しい薬剤師の特徴」「おすすめの転職サイト」もあわせて紹介。

転職をすることに不安を抱えている薬剤師の方は、ぜひ参考にしてください。

【当記事の執筆・運営者】

当メディアは、求人広告代理業・人材関連サービスを展開する株式会社hitocolorが執筆・運営しています。

株式会社hitocolorは、厚生労働省【有料職業紹介事業許可労働者派遣事業許可】取得企業です。

転職・人材分野の豊富な実績と知識を持つ弊社が、転職を考える皆様に有益で正確な情報をお届けしてまいります。

【この記事の監修者】

監修者:鈴木けんすけさん

株式会社hitocolor
代表取締役社長  鈴木けんすけ

2016年9月、株式会社hitocolorに参画。2020年4月より、代表取締役社長に就任。

「働くことにワクワクする社会」を追求し、
求人広告代理店事業・有料職業紹介事業の展開、転職サイト・自社オウンドメディア運営など、人材に関わるさまざまなサービスを提供している。

【経歴】

1980年(昭和55年) 神奈川県出身
2000年4月 株式会社アールケイエンタープライズに入社
2006年2月 個人事業主としてBtoC事業運営
2012年3月 KDDI株式会社に入社
2016年9月 株式会社hitocolorに参画
2017年6月 同、執行役員に就任
2018年4月 同、取締役に就任
2019年4月 同、常務取締役に就任
2020年4月より、当企業代表取締役社長に就任。

>>監修者詳細ページはこちら


【会社HP】
株式会社hitocolor

Contents

薬剤師の転職事情<転職が厳しいと言われる理由>

薬剤師の転職が厳しい理由

まずは薬剤師の転職が厳しいと言われる理由について解説します。

ただ不安を感じるだけでなく、正しい知識と現状把握で転職市場の動向をチェックしましょう。

コロナの影響による処方箋数低下で調剤薬局が倒産

現在薬剤師を取り巻く医療品業界は、新型コロナウイルスの流行による患者の病院受診率の低下に伴い大きな打撃を受けています。

これにより2021年1月~11月までの調剤薬局の倒産は前年度比約63%増の26件に及んでおり、集計開始の2004年から見ても過去最多の数字を記録。
(引用:株式会社 東京商工リサーチ|「調剤薬局」の倒産が過去最多、コロナで受診控えが響く

また、令和2年の処方箋発行数が前年に比べて最大で27%減少していることに伴い、薬剤師自体の需要も年々低下しています。
(引用:全国健康保険協会|健保組合医療費・最近の動向

各現場における薬剤師の人員数の見直し・雇い止めなどが広がっていることから、今後さらなる業界の低迷が考えられるでしょう。

薬学部の6年制移行によって薬剤師の供給が増えた

平成18年度に行われた学校教育法の一部改正に伴い、薬学部の在籍期間が4年制から6年制へと変更になったことも薬剤師の転職市場が厳しくなった原因の1つです。

この法改正により全国の大学で薬学部が増設し、薬剤師を目指す学生が急増しました。

結果調剤薬局やクリニックの求人倍率が高くなり、転職が厳しくなったと考えられています。

ドラッグストアの調剤薬局設置による影響

ドラッグストアの調剤薬局事業参入に伴い、調剤薬局単体で運営している店舗が倒産に追い込まれていることも薬剤師転職が厳しい要因の1つ。

以下は、日本の主要ドラッグストア会社における調剤薬局併設店舗の割合を示したものです。

社名調剤薬局併設率
スギホールディングス70.0%
ウエルシアホールディングス68.5%
クスリのアオキ45.2%
クリエイトホールディングス31.1%
ツルハホールディングス27.2%
ココカラファイン21.6%
マツモトキヨシホールディングス17.5%

(引用:日本医師会総合政策研究機構|日医総研リサーチエッセイ

患者は日頃利用するドラッグストアの調剤薬局を利用することが増えたため、中小規模の調剤薬局が相次いで閉店せざるを得ない状況に。

結果、薬剤師の働く職場が狭まりつつあるというのが大きな理由です。

転職が難しい薬剤師の特徴

転職が難しい薬剤師の特徴

ここからは転職が難しい薬剤師の特徴について解説します。

あわせて紹介している対策法をぜひ参考にしてください。

転職回数が多い薬剤師

企業によって差がありますが、3回以上から転職が多いと判断されることがほとんど。

これは以下のように薬剤師の平均転職回数が2回前後であることに由来しています。

年代平均転職回数
20代〜30代1.7回
40代2.8回
50代3.1回
60代3.3回

(引用:エムスリーキャリア株式会社|薬キャリ職場ナビ

転職回数が多い薬剤師は、一般的に転職が難しいとされています。

しかし、転職経験が多いということはそれだけ様々な経験をしてきているということ。

転職回数が3回以上だとしてもすべてを後ろ向きにとらえず、転職を繰り返したことで学んだスキル・経験の豊富さをアピールして強みに変えましょう。

アピールポイントを持っていない薬剤師

アピールポイントを持っていない薬剤師も転職は難しいでしょう。

企業側は「入職したらどんな働きを見せてくれるのか?」という点を自己PRから読み取ろうとします。

自分だけの強みをアピールできないと、その他大勢のライバルたちと差別化を図ることは不可能。

選考を突破するためには、事前の自己分析を念入りに行うことで自分だけの強みを整理しておくことが大切です。

転職先への理想が高すぎる薬剤師

転職先に対して求める条件が多すぎる薬剤師も、転職活動が難航する可能性が高いです。

例えばいくら年収アップを狙いたいからといって、自分のスキルやキャリアがその年収額に見合っていなければ転職は不可能。

転職活動では、求める条件と自分の市場価値のバランスを見極めることが大切です。

今すぐに高い目標を叶えようとするのではなく、少しずつ努力を重ねて理想のキャリアプラン実現を目指しましょう。

協調性がない薬剤師

”自分のことばかりで周りのことが見えない”という協調性に欠けている薬剤師も、転職は難しい傾向にあります。

職場では自分1人だけで仕事をするのではなく、チームで行う場合がほとんど。

調剤方法・患者さんの薬歴など様々な情報を共有する必要があるため、チームのことを考えて行動できないタイプの方は採用側にとって不要です。

日頃から周りのの方と協力しあい連携の重要性を意識して業務にあたることで、少しづつ協調性を身につけましょう。

転職市場価値が高い薬剤師の特徴

転職価値が高い薬剤師の特徴

「どうやって自分の価値を高めたらいいのかわからない」と困っている方も多いはず。

ここからは、転職市場の価値が高い薬剤師の特徴を紹介します。

認定薬剤師などの資格を取得している薬剤師

認定薬剤師や専門薬剤師の資格を取得している薬剤師は、市場価値が高くなりやすいです。

医療は常に進化し法律や制度も変わっていくため、認定薬剤師や専門薬剤師として最新の知見を身に着ける努力をしている薬剤師は重宝されます。

種類資格を取得する方法
認定薬剤師
  • 「認定薬剤師制度」による一定期間の研修や実技を通して定められた単位を取得
専門薬剤師
  • 認定薬剤師である
  • 一定期間以上にわたり定められた条件を満たすと認定試験を受けて資格を取得
    ※認定を受ける条件は分野によって若干異なる

資格を取得していることで転職市場価値が高まるだけでなく、高収入が期待できたり管理職へのキャリアアップの可能性も上がります。

管理薬剤師などマネジメント経験がある薬剤師

管理薬剤師や薬局長などのマネジメント職経験がある薬剤師も、転職市場では高く評価されます。

特に年齢が高い薬剤師の方の場合は、管理職経験の有無で採用が左右されると言っても過言ではありません。

すでに責任あるポジションを任された経験のある薬剤師であれば、施設側は一から教育を行わずに現場の指揮を任せることが可能。

施設側はできるだけ即戦力として活躍してくれる薬剤師を求めているため、このような経験値は転職市場において大きな武器になるでしょう。

地域医療に貢献できる薬剤師

近年重要視されている地域医療への貢献ができる薬剤師も、転職価値が高い存在です。

高齢化社会が進みこれまで以上に地域との連携が求められている医療業界では、在宅薬剤師やかかりつけ薬剤師などが求められつつあります。

  • 在宅薬剤師:高齢者や慢性的な疾患を抱える患者さんを訪問して、調剤・薬歴管理・残薬の確認・服薬指導などを行う薬剤師のこと
  • かかりつけ薬剤師:患者の服薬・サプリメント事情を一括で管理する専任の薬剤師のこと

今後さらに需要は拡大していくと見られているため、地域医療や在宅医療に関する経験を持つ薬剤師の方は郊外を中心に即戦力として歓迎されるでしょう。

患者さんとのコミュニケーションを大切にする薬剤師

患者さんとの積極的なコミュニケーションが取れる薬剤師も、多くの施設から求められる存在です。

大切なのは「この人になら話せそう」と患者さんに思ってもらうこと。

心身に不調をきたしている患者さんが安心して服薬できるよう、適切なコミュニケーションを通して信頼関係を築くことが求められます。

不安を抱える患者さんの立場に立って物事を考えることのできる薬剤師であれば、どんな職場であっても必要とされる人材になれるでしょう。

薬剤師が内定率を高めて転職成功させる方法

ここからは、薬剤師の転職活動で内定率を上げるコツを解説します。

「少しでも選考通過率を上げたい」という方はぜひ参考にしてください。

面接対策を徹底的に行う

まずは面接対策を徹底的に行うよう意識しましょう。

企業や病院ごとの情報分析を行い、どのような人物像が求められているのか知ることが大切です。

特に転職理由はネガティブに伝わりやすいものでもあるため、ポジティブに説明できるように準備しておきましょう。

【好印象を与える転職理由のポイント】

  • 転職回数の多さを必要以上に弁解しない
  • 多くの現場で身に着けたスキルや経験で差別化を図る
  • 転職した理由はポジティブに変換する
  • 職歴と今後のキャリアに一貫性を持たせる

「自分が採用担当だった場合にどのような薬剤師が雇いたいか」と考えることで、採用側に響く転職理由を話すことができるでしょう。

志望動機を明確にする

採用側に「この人を採用したい!」と思わせるためには、志望動機が明確でなければなりません。

どんなにスキルやキャリアが魅力的な薬剤師でも、志望動機の部分があやふやであるとその魅力は半減してしまいます。

志望動機を通して面接官が見ているポイントを理解しておくと、好感度の高い志望動機を作れるでしょう。

【面接官が志望動機で見ているポイント】

  • 求職者の目指しているキャリアプランが明確か
  • 同業他社ではなく自分の企業を選んだ理由は何か
  • 自分たちの求める人物像とマッチしているか
  • 転職理由と志望動機に一貫性があるか

転職サイトを利用する

薬剤師転職サイトを利用すべき理由

転職サイトを利用することも、内定獲得率を上げる手段の一つです。

転職サイトでは転職支援のプロから「面接対策」「志望動機の確率」といった転職サポートが受けられるため、より完璧な企業対策を行うことができます。

また「職場の人間関係」「求めている人物像」といった施設の内部情報も聞けるため、採用担当者により響きやすい志望動機を作れるでしょう。

一般的には公開されていない非公開求人を保有することも転職サイトの魅力です。

内定率を高めたい薬剤師におすすめの転職サイト

「内定率を上げたい」という薬剤師の方におすすめな転職サイトを紹介します。

転職サイトはサービスの内容や保有求人の強みなど、それぞれ異なる特徴を持ちます。
どの転職サイトが自分のニーズにマッチしているのか、ぜひ確認してください。

※タップで詳細ページへスクロールします。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

(出典:マイナビ薬剤師公式HP

マイナビ薬剤師」は利用者満足度ナンバーワンを誇る転職サイトです。

全国15箇所にある拠点でコンサルタントと会って転職相談ができるので、転職市場の動向や企業の特色といった気になる情報についても聞きやすいでしょう。

また、マイナビ薬剤師の利用者は全体の80%以上が転職経験2回以上の薬剤師

転職回数が多い求職者の支援を多数成功させている実績があるため、転職回数が多いという方でも安心して利用ができます。
(引用:マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師公式サイト
https://pharma.mynavi.jp/

ファルマスタッフ

ファルマスタッフのLP(出典:ファルマスタッフ公式HP

ファルマスタッフ」はキャリアアップ研修を行う転職サイト。

患者さんの接遇について実践的に学べる「入職時導入研修」や、キャリアアップを目的とした一年毎の「キャリア支援研修」などを実施しています。

スキルや経歴に自信がない薬剤師の方でも安心して転職活動ができるでしょう。

また、模擬面接による実践的な面接対策ができるため、面接に不安がある方は利用必須と言えます。

ファルマスタッフ公式サイト
https://www.38-8931.com/

薬キャリAGENT

【PR】

薬キャリエージェントのLP(出典:薬キャリAGENT公式HP

薬キャリAGENT」は、薬剤師の登録者数ナンバーワン(※エムスリーキャリア調べ)を誇る人気の転職サイトです。

コンサルタントは「企業毎の採用活動の状況」「転職市場におけるコロナウイルスの影響」など、薬剤師業界の最新情報に精通。

また、自分と似た悩みを抱えていた薬剤師の転職成功例なども紹介してもらえます。

転職成功率アップのために情報収集を徹底したい方におすすめです。

【PR】

薬キャリAGENT公式サイト
https://agent.m3career.com/

転職が厳しい今に転職してもいい人・すべきでない人

ここからは、転職してもいい人・すべきではない人の特徴について解説します。

「本当に転職しても大丈夫か」と迷われている薬剤師の方は、以下項目を照らし合わせながら慎重に判断しましょう。

【転職してもいい人】

  • プライベートの都合で転職する必要がある人
  • 薬剤師の仕事以外にやりたいことがある人
  • 「夜遅くないほうがいい」「休暇がとれるところがいい」という希望の人

【転職すべきでない人】

「年収をあげたい」という希望の人

とにかく年収を上げたいという目的のみで転職したい方は危険。

求人票では高年収を掲げていても、福利厚生まで含めると今の会社で働いていたほうが得をするということも珍しくはありません。

また、高年収を掲げる施設は「ブラックな職場である」「人がどんどん辞めていく過酷な職場」といったマイナス面を抱えていることが多いです。

「資金をためる必要があるから数年だけ」と割り切って転職するのであればいいですが、そうでない場合はもう少し慎重に検討しましょう。

薬剤師に多い転職失敗理由<ランキング5選>

転職失敗に多い理由

薬剤師の方に多い転職の失敗談をランキング形式にして紹介します。

1位:高年収で入社したが残業が多すぎた

「高収入に惹かれて入社したが実情は残業時間が多い過酷な職場だった」ということは、特に多い転職失敗談。

高収入=優良求人と思い込んでしまいがちですが、給料を上げないと人が集まらない問題のある職場である可能性も非常に高いです。

もちろん高収入求人を掲載している企業が必ずしもブラックであるとは限りません。

しかし入社後にミスマッチが起きないよう、情報収集を徹底する必要があります。

2位:配属店舗を限定したが結局店舗異動があった

「店舗異動のない求人を選んだのに結局異動命令が出された」という声も転職失敗談で目立ちます。

中には最初の数年は異動なしだったのに、慣れてきた時にに突然異動を告げられたという薬剤師の方も。

企業によってはとにかく店舗数を増やすことに力を入れている場合があります。
そういった事業方針の企業は、人員補給のために既存店舗から充足されることも多いです。

異動を避けたい場合は、少数規模の薬局へ転職するのをおすすめします。

3位:現場の人と相性が悪い

他職種でも失敗理由として目立つ人間関係の相性の悪さも、薬剤師の転職失敗談として多いです。

中には選考時の採用担当の人柄に惹かれて入社を決めたものの、実際に配属された職場の人とは相性が悪かったという方もいます。

人との相性は実際にその人と関わってみないとわからないため、店舗見学へ行くのがおすすめです。

転職サイトでは店舗見学のサポートを行ってくれるところもあるため、担当コンサルタントに見学に行きたい旨を相談しましょう。

4位:スキルアップの環境が整っていなかった

スキルアップを目指して入社したものの、実際はスキルアップに不向きな環境だったという後悔談もあります。

「忙しくて学ぶ時間がない」「処方箋が少なすぎてスキル習得の機会がない」など、その理由は職場によって様々。

中にはスキルアップに向けた制度の充実を謳っていたものの、実際には制度の利用基準が高すぎて制度自体が形骸化しているという場合もあります。

スキルアップを目的として転職をする場合は、そのスキルアップのサポートの実態を綿密に情報収集しておくことが大切です。

働いている方の口コミをチェックする」「転職サイトを利用する」といったことから、情報収集ができるでしょう。

5位:会社理念が理念が会社全体に浸透してなかった

会社の企業理念に共感して入社したものの、店舗全体にその理念が浸透していなかったと後悔する薬剤師の方も目立ちます。

店舗1つ1つにまで企業理念を行き届かせるのが難しいため、施設規模が大きければ大きいほどこの傾向は強いです。

新卒者が多い職場」「会社が店舗の管理をしやすい中小規模の職場」であれば、企業理念が浸透しやすい職場であると言えるでしょう。

薬剤師の転職に関するQ&A

薬剤師の転職にまつわる様々な疑問を、Q&A形式にして紹介します。

気になる項目がある方は、ぜひ参考にしてください。

薬剤師の売り手市場はいつまで続く?

明確な時期は不明なものの、数年以内に買い手市場へ変化することも考えられます。

コロナの流行により医療機関の受診控えが相次いだことで、処方箋の発行枚数はコロナ禍以前に比べて最大27%も減少。
(引用:全国健康保険協会|健保組合医療費・最近の動向

処方箋の発行枚数が減れば当然薬剤師の需要も低下するため、人件費削減の観点から雇い止めや雇用形態の変更などが増加している状態です。

有効求人倍率が最大7倍であった薬剤師ですが、現時点では約2倍を切っており転職事情はさらに厳しくなると考えられます。
(引用:厚生労働省|一般職業紹介状況

薬剤師の資格を活かせる他の職業は?

薬剤師の資格を活かして働くことのできる主な職種は以下のとおりです。

  • CRC(治験コーディネーター)
  • 臨床開発モニター
  • MR(医薬情報担当者)
  • ドラッグストアの店長
  • 化粧品メーカー
  • 食品衛生監視員

薬剤師の資格保有者が求められている職場は、病院や調剤薬局以外にも多くあります。

気になる方は、これらのキャリアも検討してみてください。

企業薬剤師になるのは難しい?

製薬会社に勤務する企業薬剤師は、一般的に他の職場に比べて転職難易度が高い傾向にあります。

企業薬剤師になるのが難しいと言われる一番の理由は、募集求人の少なさによるものです。

病院やドラッグストアに比べて出回る求人の数が少ない企業求人は、募集ポストに対する応募者の人数が多く総じて倍率が高くなっています。

企業薬剤師と言っても様々な職種が存在するため、企業薬剤師になりたいのであれば比較的難易度の低いポジションを狙うのがおすすめです。

特に「CRA(臨床開発モニター)」「CRC(治験コーディネーター)」は難易度は低め。
臨床試験に携わる業務がメインのため、特に病院薬剤師の経験がある方は有利でしょう。

転職手段として転職サイトを選ぶなと言われる理由は?

転職サイトを選ばない方がいいと言われる理由は、転職サイトが企業からの報酬をもらうビジネスモデルを採用していることに起因しています。

直接応募やハローワークからの応募と比較すると、転職サイト経由での採用は企業側にとって採用コストが高め。

なるべくコストをかけたくないがために「転職サイトを使わないほうがいい」と評価する人も存在し、直接応募者が選考において優先される場合もあります。

しかし、転職活動に割く時間がない好待遇な職場や人気の職場は転職サイトを利用していることが多いです。

少しでも条件のいい転職先を探したいのであれば、転職サイトの利用は必須といえるでしょう。

40代薬剤師でも転職エージェントを利用できる?

転職サイト(=エージェント型転職サイト)は、年齢に関係なく誰でも利用することが可能です。

40代での転職に不安を感じているのであれば、ミドル層薬剤師の転職支援に強みを持つ転職サイトを活用しましょう。

【40代薬剤師におすすめの転職サイト】

  • 薬キャリAGENT
  • マイナビ薬剤師
  • ファーマキャリア
  • ファルマスタッフ
  • リクナビ薬剤師

選び方のポイントとしては、管理職ポジションの求人数・高年収求人数・ミドル層の求人支援実績などに焦点を当てること。

上記の転職エージェントは40代以上の薬剤師の方からも評判が高いので、ぜひ今後の転職活動の参考にしてください。

コツを押さえて厳しい薬剤師転職を乗り越えよう!

新型コロナウイルスの影響により近年厳しいと言われている薬剤師の転職市場ですが、転職成功のためのコツを押さえているかで難易度は大きく変わります。

自分のスキルやキャリアを見直し、適切なタイミングと方法を判断することが大切です。

自力での転職活動に不安を抱えているという方は、転職サイトのコンサルタントに相談して厳しい薬剤師転職を乗り越えましょう。

【このサイトの運営者情報】

運営会社株式会社hitocolor
設立 2016年4月12日
代表取締役鈴木けんすけ
本社所在地〒105-0003
東京都港区西新橋2-39-8 鈴丸ビル7階
支社所在地高知支社
〒781-5232
高知県香南市野市町西野2217-1
資本金10,000,000円
事業内容求人広告代理店事業
有料職業紹介事業
自社メディア・コンテンツ運営
許認可番号有料職業紹介事業許可番号】13-ユ-310482
労働者派遣事業許可番号】派 13-314487
プライバシーマーク登録番号】第21004576(01)号

※本内容は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。