*本ページはプロモーションが含まれています

薬剤師2年目の転職は難しい?判断に迷ったら?転職成功のポイント大公開

薬剤師 転職 2年目のアイキャッチ

薬剤師2年目は、1年目の成果が現れて仕事が楽しくなる充実した期間。
一方で「仕事が怖い」「管理薬剤師や局内の人間関係」と悩みが多くなる時期でもあります。

世間では「3年は働くべき」という風潮も根強く、転職に踏み切れない人が多いです。

今回は薬剤師になって2年目のあなたへ、失敗しないために知っておくべき転職の知識をわかりやすく解説します。

転職するか悩んでいる社会人2年目の薬剤師は、一度決断する前にチェックしてみてください。

【当記事の執筆・運営者】

当メディアは、求人広告代理業・人材関連サービスを展開する株式会社hitocolorが執筆・運営しています。

株式会社hitocolorは、厚生労働省【有料職業紹介事業許可労働者派遣事業許可】取得企業です。

転職・人材分野の豊富な実績と知識を持つ弊社が、転職を考える皆様に有益で正確な情報をお届けしてまいります。

【この記事の監修者】

監修者:鈴木けんすけさん

株式会社hitocolor
代表取締役社長  鈴木けんすけ

2016年9月、株式会社hitocolorに参画。2020年4月より、代表取締役社長に就任。

「働くことにワクワクする社会」を追求し、
求人広告代理店事業・有料職業紹介事業の展開、転職サイト・自社オウンドメディア運営など、人材に関わるさまざまなサービスを提供している。

【経歴】

1980年(昭和55年) 神奈川県出身
2000年4月 株式会社アールケイエンタープライズに入社
2006年2月 個人事業主としてBtoC事業運営
2012年3月 KDDI株式会社に入社
2016年9月 株式会社hitocolorに参画
2017年6月 同、執行役員に就任
2018年4月 同、取締役に就任
2019年4月 同、常務取締役に就任
2020年4月より、当企業代表取締役社長に就任。

>>監修者詳細ページはこちら


【会社HP】
株式会社hitocolor

Contents

2年目薬剤師の転職事情

2年目薬剤師の転職事情について、4つの観点で解説します。

薬剤師2年目で転職を考える心理

薬剤師は2年目を迎えると、様々な不満・悩みが湧いてきます。

業務
  • イメージしていた仕事内容ではなかった
  • 1年間働いて自分のやりたいことが見えてきた
環境
  • 仕事に慣れないまま後輩が入ってきて不安
  • 人間関係が悪く風通しが悪い
  • 往復の通勤時間が長すぎて辛い
キャリア
  • 給料が低く、これから上がる見込みも少ない

※右にスクロールできます。

これらの心理が積み重なり、転職へ踏み切るケースが多いです。

1年働いて社会人のサイクルに慣れると、仕事の全容がおおよそ分かってきます。
自分の悩みは「転職でしか解決できない」と感じたら、転職活動をはじめましょう。

薬剤師2年目で転職する人はどれくらい?

薬剤師は2年目で5人に1人、約20%が転職を経験すると言われています。
また年数別で比較しても、2年目で転職する薬剤師は多いです。

【年数別|薬剤師で転職する人の割合】

  • 1年目:約10%未満
  • 2年目:約20%前後
  • 3〜4年目:約20%以上

また、約半数の薬剤師が4年目までに職場を変えている傾向。

薬剤師の場合、若手の転職は一般的です。
感じ方は人それぞれですが、必ずしも「2年目で転職は早い」とは言い切れないでしょう。

薬剤師2年目で転職は可能?

薬剤師の場合は、2年目でも転職可能です。
専門職のため、一般的な職業の新人とは需要が異なります。

また、薬剤師は常に人手不足の業界です。

2021年2月の有効求人倍率では、全職業の求人倍率1.04倍に対して薬剤師等は2.11倍
つまり求職中の薬剤師1人に対して、2つ以上の転職先がある状況です。

(参考:厚生労働省「職業別一般職業紹介状況(令和3年2月分)」より)

売り手市場といえるので、2年目薬剤師にとって転職の追い風になるでしょう。

薬剤師2年目での転職難易度は?

薬剤師2年目の転職難易度解説

2年目で転職する薬剤師は多いものの、難易度は低くはありません

新卒入社から2年目であれば、転職先は第二新卒枠で探せます。
ビジネスマナーや将来性があれば、経歴が浅くても転職のチャンスは多いです。

ただし、勤務期間の短さは選考でネックになるため、対策が欠かせません。

面接官は「すぐ辞めてしまうかも」と不安を感じています。
志望動機・退職理由に関する質問で詰まらないように、回答は事前に準備しましょう。

薬剤師2年目ならではの転職するメリット

薬剤師2年目で転職するメリットは、3つあります。

転職の選択肢が多い

薬剤師2年目の転職は、転職先の選択肢が多さがメリットです。
中途採用の求人に加えて、第二新卒向けの求人も対象に含められます。

若くポテンシャルがあることから、経歴はさほど重視されません。

新卒のような伸び代がありながら、基本の業務経験・知識も備わっています。
また勤務先・業種の幅も広いでしょう。

  • 調剤薬局
  • ドラッグストア
  • 製薬企業(企業薬剤師)

2年目薬剤師は教育コストを削減できるため、企業にとっても有益な存在です。

自分に合う職場を見つけやすい

薬剤師2年目の転職は、新卒の就活と比べて自分に合う職場を見つけやすいでしょう。

薬剤師の仕事への理解が深まり、求人を見極める力がついています。

  • 薬剤師の業務・職場環境を理解した
  • キャリアプランを把握できた

職場環境を変えるだけで、今までとは違う新しい業務を経験できる可能性も。
近隣医療機関の診療科が変われば、客層や調剤業務も大きく変わることになります。

2年目薬剤師は、自分の価値観にもとづいて判断することが大切です。

新しい職場でもすぐ適応できる

若手薬剤師のメリットは環境適応力が高いこと

2年目薬剤師は転職しても、新しい職場に適応しやすいのがメリット。

例えば、職場ごとの独自ルール多い「薬歴の書き方」。

転職後、ベテラン薬剤師ほどギャップに悩んでしまう傾向が見られます。
「以前はこうじゃなかった」と、新しいやり方に不満を感じることも。

経験が浅いうちは、仕事の習慣やこだわりが固まっていません。
そのため、職場独自のルールや社風に馴染みやすいのです。

3年目を待つべき?薬剤師2年目で転職するデメリット

薬剤師2年目に転職には、デメリットもあります。

マイナス面も必ずチェックして、転職後の後悔を防ぎましょう。

マイナスイメージを持たれやすい

薬剤師2年目での転職は、転職時期の早さから少なからずマイナスイメージを持たれてしまうことがあります。

数年前までは「新卒は3年以上働く」ことがスタンダードでした。
変わりつつあるものの、昔ながらの先入観はまだ根強く残っている状況です。

2年目の薬剤師の面接では、採用担当者は以下を不安視しています。

  • すぐ辞めてしまわないか
  • ビジネスマナーは習得できているか
  • 協調性があるか

不満がきっかけで転職活動していても、転職理由としては成立しません。
面接官を納得させられる前向きな志望動機が必要です。

研修を受けられないことがある

2年目薬剤師の転職注意点|求人選び

勤務先によっては、転職後に研修がないケースも多いです。

2年目の薬剤師は新卒と違い、わずかながら業務経験・知識を持っています。
そのため、経験3年以上の中途入社者と同じ即戦力扱いされることも。

薬剤師になって1年経っていれば、マナーや調剤報酬などの座学は必要ないでしょう。
ただし、実務研修がないと働きづらさが残ることも考えられます。

安心したい人は、求人を選ぶ際に研修・OJTの有無を確認しておきましょう。

しばらく転職が難しくなる

薬剤師2年目での転職したら、転職後2年以内での転職は厳しいと考えましょう。
特に短期間で転職を繰り返すほど、採用で不利になります。

長期的には3つのデメリットがあり、短期で離職を繰り返すのはおすすめできません。

  • 専門性・知識が深く身につかない
  • 勤続年数が浅く年数相応の役職に上がりにくい
  • 転職回数が多いほど厳しい目で見られる

2年目薬剤師はリスクも考えながら、慎重に転職先を選びましょう。

【薬剤師】2年目で転職すべきかどうかの判断基準

薬剤師2年目が、転職すべきかどうかを決める基準を4つ紹介します。

先に解説したメリット・デメリットも踏まえて、「本当に転職した方が良いのか」じっくり考えましょう。

※タップで該当箇所へスクロールします。

年収

薬剤師の平均年収をと比べて、給料の妥当性を確認しましょう。

以下は、厚生労働省による「25歳〜29歳までの薬剤師の平均年収データです。

  • 男性:約496万円
  • 女性:約464万円
(参考:厚生労働省「2019年賃金構造基本統計調査」より)

平均を大きく下回る年収の場合は、転職した方がよい可能性があります。

ただし20代薬剤師は、スキル習得中の段階です。
調剤・服薬指導スキルを身に着ければすぐに給料が上がることもあるでしょう。

評価制度が整っている職場であれば、様子見も賢い選択です。

労働環境

薬剤師が2年目で転職を判断すべきポイント

転職するかどうかは、今の労働環境を見極めた上で決めてみてください。

厚生労働省のデータによれば、薬剤師の平均残業時間は11時間程度
(参考:厚生労働省「2019年賃金構造基本統計調査」より)

平均より常に残業時間が多い場合は、転職を考えてもよいでしょう。

処方箋の枚数と薬剤師の人数で、人員不足かどうかもわかります。
極端に薬剤師が少ない職場は残業が多く、有休消化しずらい傾向が強いです。

自分の当たり前を一度取り払って、考えることをおすすめします。

人間関係

特に人間関係で理不尽な状況にお悩みなら、転職に踏み切るのもありです。

  • パワハラやセクハラが横行している
  • 集団から孤立させられている

特に、ドラッグストアや調剤薬局は閉鎖的な空間が多いです。
元々悪かった人間関係は、短期間での改善は見込めません。

ただし組織で働く以上、人間関係のストレスは少なからずあります。
2年目薬剤師は、ストレス発散方法も身につけておきましょう。

ライフスタイル

自身のライフプランを見据えて、転職するかどうか判断することも大切です。
3年後、5年後にはライフスタイルが変化することもあるでしょう。

  • 結婚
  • 出産・子育て
  • 家族の介護

常に忙しい職場はやりがいがありますが、体力・生活面で負担になるリスクも。
将来に備えて、育休・介護制度などの福利厚生は確認した方が良いです。

なお育児・介護休暇制度は、実際に使えるかどうかも大きなポイント。
転職を判断する場合は、休暇取得実績の有無もチェックしてみてください。

2年目薬剤師の転職成功に欠かせないポイント

2年目薬剤師が転職する際のポイントをまとめました。

転職活動のフェーズに合わせて、ぜひ生かしてみてください。

※右にスクロール、タップで該当箇所へジャンプします。

退職理由を明確にする

退職理由は、転職活動をはじめる時点で明らかにするのがおすすめです。

選考で曖昧な理由を伝えても、面接官の不安を払拭できません。
「すぐに辞めそう」と思われてしまいます。

選考で退職理由を伝えるときは、経験を踏まえた前向きな退職理由を述べるのがポイントです。

【前向きな退職理由の例】

  • 熱中できる分野でキャリアアップを目指したい
  • 業務の基礎を覚えたからこそやりたい仕事が見えてきた

退職理由を軸に持つことで、転職活動をブレずに進められるでしょう。

前職の不満を漏らさない

薬剤師の転職では、前職の不満をもらしてはいけません
ネガティブな内容は、面接官へ悪い印象を与えてしまいます。

退職理由と同様に、面接ではポジティブな言葉へ必ず置き換えるのを心がけてください。

不満言い換え
人間関係が悪くて働き辛かった意思を共有しながら皆とチームで連携したい
ワンマンタイプの上司で嫌だったフラットに意見を言える職場で活躍したい
残業が多すぎた効率的な働き方で貢献したい
給料が上がらなかった努力を評価で実感できる環境で働きたい

※右にスクロールできます。

前向きな言葉は、面接での評価につながります。
自分自身の考え方を理解してもらい、伸びしろをアピールしましょう。

転職先に求める条件を明確にする

転職先に求める条件を明確にして、選考に臨みましょう。

条件の優先度は「現職の不満を解消できるもの」を高くするのがポイントです。

  • 給与
  • 通勤時間・勤務時間
  • 福利厚生
  • キャリアアップの導線
    (管理薬剤師の経験が積めるか)
  • 異動・転勤の有無

譲れない条件を2〜3つ程度までしぼると、求人選びがスムーズになります。

また、2年目薬剤師は福利厚生や勤務時間もよく検討してみてください。
結婚・子育てを見越して選ぶと、転職を繰り返さずに済むでしょう。

しっかり情報収集する

2年目薬剤師の転職活動に情報収集が欠かせない理由

転職活動ではしっかりと情報収集することをおすすめします。

  • 条件の優先度を明確にしやすくする
  • 入社後のギャップを防止する

特に「人間関係」「残業の実態」は、募集要項だけでは判断しずらい部分です。

詳しい情報を得るため、転職エージェントから情報共有してもらいましょう。

また、選考中に施設見学を依頼するのも非常に有効です。
現地に行って職場の雰囲気を掴めるので、転職後の後悔を防げます。

中長期的な目線を持つ

2年目薬剤師は、中長期的なキャリアプラン・ライフプランをベースに転職活動しましょう。

薬剤師のキャリアは、業種によって変化します。

ドラッグストア・調剤薬局
  • 管理薬剤師
  • エリアマネージャー
  • 店舗開発
病院
  • 薬剤部主任
  • 薬剤部長
  • 一般病棟薬剤師
製薬企業
  • 臨床開発モニター
  • 治験コーディネーター
  • 製造責任技術者

※右にスクロールできます。

まずは、自分自身の将来像を明確にしてみてください。
イメージする将来に近づけそうな職場を選ぶと、働く目的を持てるため長く続けられるでしょう。

今の仕事を辞めずに転職活動する

2つのリスクがあるため、転職活動は今の仕事を辞めずに進めるのがおすすめ。

  • 退職後に空白期間ができて選考が不利になる
  • 収入源がなく生活が不安定になる

転職活動では、空白期間=無職の期間があると選考で不利になります。
これは、薬剤師の経験年数にかかわらず注意すべき点です。

また、転職先はすぐに決まるとは限りません。
転職活動に集中するためにも、不安要素が少ない状態でおこないましょう。

転職エージェントを活用する

薬剤師2年目の転職活動には、転職エージェントを活用しましょう。
以下の転職サポートを、無料で受けられます。

  • 公開求人・非公開求人の閲覧
  • 転職に関するカウンセリング
  • スケジュール調整
  • 面接同行
  • 条件交渉の代理
  • 年収アップ交渉の代理
  • 推薦文の作成など

また転職エージェントは、薬剤師の転職に強い専門サービスがおすすめです。
業界に詳しいため、薬剤師の転職に最適なサポートを受けられます。

転職した方がよいか根本的な相談も可能ですので、転職の相談先としても向いているでしょう。

2年目薬剤師の転職におすすめの評判が良い転職エージェント3選

いずれも人気の転職エージェントですが、相性の良し悪しは一人ひとり違います。
2〜3社ほど登録して、実際のサービス内容を比較して利用しましょう。

2年目薬剤師におすすめの薬剤師転職エージェントを、3社ピックアップしました。

※タップで該当箇所へスクロールします。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

(出典:マイナビ薬剤師公式HP

転職業界大手のマイナビグループが運営する、マイナビ薬剤師。
製薬業界に詳しいキャリアアドバイザーの丁寧なヒアリングが魅力です。

一人ひとりの悩み・希望により添った求人紹介をしてくれます。
また「職場復帰相談会」をはじめ、転職イベントを定期的に開催しているのが特徴です。

2年目で転職したい」「ブランクがあって転職活動が不安」という方は、ぜひ登録してみましょう。

やはり大手なので安心できるということと、求人数の多さで選びました。サイトも見やすく、検索もしやすいのでとても便利です。結婚しパート勤務で地方の案件を探していましたが、ドラッグストアで無事勤務することができました。復職復帰相談会を利用し、自分のキャリアにあったパート先をみつけることができたので、とても感謝しています。また転勤があったときにも是非利用させていただきたいと思っています。キャリアアップのためにも利用したいです。

引用:みん評

旦那の転勤が決まり、私も県外で転職活動をする必要が出たので、こちらのマイナビ薬剤師を利用しました。
子供もいたので、保育園にいれるためにも早めに就職しなければいけなかったからです。
利用してみて、登録してある調剤薬局に何人薬剤師が在籍しているか、など情報が書かれていることがとても助かりました。また、登録されている件数も多く、とても満足しています。おかげで良い職場が見つかり楽しく働けていています。

引用:みん評

マイナビ薬剤師公式サイト
https://pharma.mynavi.jp/

ファルマスタッフ

ファルマスタッフのLP

(出典:ファルマスタッフ公式HP

ファルマスタッフは、調剤薬局への転職に強いエージェント
公開求人が豊富で、様々な事業所・法人を比較できることが強みです。

また正社員の求人紹介以外にも、派遣の転職に対応しています。
派遣希望者向けの研修を定期開催しているため、興味があればぜひ活用してみてください。

正社員・派遣求人どちらを探している薬剤師にとっても、おすすめの転職エージェントです。

働いている職場環境がよくなく、思い切って転職を決めたのはいいもののどうしていいのかわからず。
薬剤師の求人を探している際に、たまたまファルマスタッフを見つけました。
1人で進めるよりはうまくいくかもしれないと思い、軽い気持ちで登録しましたが、登録してよかったと思いました!
求人の情報をすごく丁寧に教えてくださり、不安もなく転職先を選ぶことができました。
求人情報をとても多く把握していて、大変手厚いサポートだと感じました。無事転職もでき、すごく感謝しています。

引用:みん評

結婚し子供が産まれ少し落ち着いてきたところで、また薬剤師として働きたいと思い利用しました。条件としては、地元にあり子供に何かあったときに迎えに行けるようなフレキシブルな働き方をさせていただける職場を探していました。新聞の折込広告や地元の職業斡旋所を利用し探していましたがなかなか見つからず、先輩に紹介されたファルマスタッフに頼ってみることにしました。すると希望通りの求人をすぐに見つけてくれ、1ヶ月以内に入職することができました。もっと早く頼っていればよかったです。

引用:みん評

ファルマスタッフ公式サイト
https://www.38-8931.com/
 

薬キャリAGENT

薬キャリエージェントのLP

(出典:薬キャリAGENT公式HP

薬キャリAGENTは、利用者数の多さが魅力の転職エージェント。
全国の求人を網羅していることが強みです。

薬剤師に特化したサービスのため、担当アドバイザーは専門知識が備わっています。

また、調剤薬局・OCT販売・病院勤務など幅広い求人が特徴です。

異業種へ転職したい薬剤師と、非常に相性がいいサービスでしょう。

友達に紹介されて登録しました。
すぐにたくさんの求人を紹介していただき、内情もバッチリ教えていただきました!
担当は知識も豊富で不安なことにもすぐお答えいただきました。
数社比較して転職先を決めたので満足度もバッチリです。もしまた転職することがあれば利用させていただきます。

引用:みん評

転職を決めたとき、こういった薬剤師求人にいくつか同時に登録しました。
求人数が多いところも多々ありましたが、逆に情報量が多すぎてうまく選べず。
薬キャリでは、担当さんが私の知りたい情報をしっかりと伝えてくれたので、とても転職活動をしやすかったです。
1児の母であることもあり、提示した条件も多くなかなか決まらなかったのですが、焦らずじっくりとサポートしてくれて安心しました。
何とか再就職できて、今は働きやすい環境で働けています。感謝しています。

引用:みん評

薬キャリAGENT公式サイト
https://agent.m3career.com/

転職エージェントを利用した転職活動の進め方

2年目薬剤師の転職活動を流れで解説

転職エージェントを使う転職活動の進め方について、簡単な流れは以下の通りです。

  1. 利用したい転職エージェントに登録する
  2. キャリアアドバイザーとの面談
  3. 面談の内容を元に求人紹介・応募
  4. 面接
  5. 内定・入社

登録・面談・求人紹介など、提供されているサービスは無料で受けることが可能です。

職歴の短さが気になる薬剤師の方は、ぜひ利用してみましょう。

転職エージェントは「非公開求人」も必ずチェック

薬剤師転職エージェントの利用時は、「非公開求人」を必ずチェックしましょう。

非公開求人とは、主に2つの理由から公にされていない求人を指します。

  • 急募で求人掲載の手間を省略するため
  • 好条件・高待遇求人への応募殺到を防ぐため
  • 重要ポジションや極秘プロジェクトに携わるため

少しでもよい職場へ転職するため、転職エージェントの担当者に必ず相談しましょう。

2年目薬剤師の転職では、多くの選択肢を持つことが大切です。
公開求人と合わせて活用してみてください。

困ったらすぐにアドバイスを受ける

転職活動で困ったら、エージェントの担当者からすぐにアドバイスをもらうようにしましょう。

薬剤師転職エージェントでは、以下のような困りごと・悩みも質問相談できます。

  • 現職で気に入らないのは給料だけだが転職すべき?
  • 新卒の就活のように転職も大変そうで不安
  • 求人をどう選べばいいかわからない
  • 志望動機がまとまらない
  • 面接の受け答えの練習相手が欲しい

短い勤務期間がネックになりそう」「退職理由・アピールポイントが思いつかない」とお悩みの方も安心です。

また転職活動を積極的に取り組む人ほど、手厚く支援してもらえるケースが多い傾向にあります。
担当者とのコミュニケーションは、遠慮せずにどんどん取りましょう。

2年目薬剤師の転職にまつわるQ&A

2年目薬剤師からよく聞かれる転職の質問をまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

薬剤師は何年目に転職するのがおすすめ?

薬剤師の転職には、2年目〜4年目がおすすめです。

一通りの業務をマスターするまで、1年必要と言われています。

1年以上勤務すれば、即戦力としてアピール可能です。
また経験・柔軟性・伸びしろが評価されやすく、職場にもすぐ馴染めると言われています。

逆に5年目以降は管理薬剤師の経験や深い知識が求められるので、専門性を高めておくといい求人に出会いやすいでしょう。

2年目薬剤師に必要なスキルは?

2年目薬剤師に求められるのは、基本的なビジネスマナーです。
専門的なスキルよりも、人物像・ポテンシャルの評価比重が大きいと考えられます。

第一印象で好かれるため、どの選考でも以下はしっかり意識して行動しましょう。

  • ハキハキとした挨拶
  • 丁寧な言葉遣い
  • 清潔な身だしなみ

なお2年目でも調剤や服薬指導に関するスキルがあれば、高い評価を得られます。

パートや派遣に転職しても大丈夫?

薬剤師は、正社員からパートや派遣に転職しても大丈夫です。
専門知識が欠かせない職業のため、需要がなくなることはありません。

ライフスタイルの変化で「働きづらい」と感じた場合に有効な選択肢です。

また、派遣は即戦力を前提としています。
調剤〜服薬指導といった一連のスキルを、前もって身に着けておきましょう。

薬剤師の転職するタイミングは?

薬剤師に最適な転職のタイミングは、年3回ほどあります

  • 冬のボーナス支給後:1〜3月
  • ボーナス支給直後:7月・12月
  • 新年度の後任補充:4月

薬剤師の求人は、ボーナス支給のタイミングに合わせて増えやすいです。

人手不足で繁忙期が気になる場合は、ライバルの少ない8月〜9月を狙ってみても良いでしょう。

しっかり準備すれば2年目薬剤師も転職はできる

薬剤師は、2年目のうちに転職をするケースも増えてきました。
ポテンシャルが評価されやすい時期のため、取り組み次第では有利に転職活動を進められるでしょう。

しかし勤務実績が浅いため、油断は禁物です。
企業へ不安を与えないように、退職理由・キャリアプランを明確に打ち出しておくようにしましょう。

初めての転職活動が不安なら、転職エージェントの活用がおすすめ。
求人選びからサポートしてもらい、理想の職場へ転職成功を目指してみてください。

【このサイトの運営者情報】

運営会社株式会社hitocolor
設立 2016年4月12日
代表取締役鈴木けんすけ
本社所在地〒105-0003
東京都港区西新橋2-39-8 鈴丸ビル7階
支社所在地高知支社
〒781-5232
高知県香南市野市町西野2217-1
資本金10,000,000円
事業内容求人広告代理店事業
有料職業紹介事業
自社メディア・コンテンツ運営
許認可番号有料職業紹介事業許可番号】13-ユ-310482
労働者派遣事業許可番号】派 13-314487
プライバシーマーク登録番号】第21004576(01)号

※本内容は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。