*本ページはプロモーションが含まれています

転職できない薬剤師の理由と特徴は?市場価値を高めて成功する方法を解説

薬剤師 転職できないのアイキャッチ

薬剤師としてのキャリアアップや、高年収を求めて転職を考える人が増加する昨今の転職事情。

しかし「転職できないのではないか」「今より厳しい職場だとどうしよう」など不安も多くあることでしょう。

そこで当記事では、以下の内容について解説します。

転職を考えている方は、ぜひご一読ください。

【当記事の執筆・運営者】

当メディアは、求人広告代理業・人材関連サービスを展開する株式会社hitocolorが執筆・運営しています。

株式会社hitocolorは、厚生労働省【有料職業紹介事業許可労働者派遣事業許可】取得企業です。

転職・人材分野の豊富な実績と知識を持つ弊社が、転職を考える皆様に有益で正確な情報をお届けしてまいります。

【この記事の監修者】

監修者:鈴木けんすけさん

株式会社hitocolor
代表取締役社長  鈴木けんすけ

2016年9月、株式会社hitocolorに参画。2020年4月より、代表取締役社長に就任。

「働くことにワクワクする社会」を追求し、
求人広告代理店事業・有料職業紹介事業の展開、転職サイト・自社オウンドメディア運営など、人材に関わるさまざまなサービスを提供している。

【経歴】

1980年(昭和55年) 神奈川県出身
2000年4月 株式会社アールケイエンタープライズに入社
2006年2月 個人事業主としてBtoC事業運営
2012年3月 KDDI株式会社に入社
2016年9月 株式会社hitocolorに参画
2017年6月 同、執行役員に就任
2018年4月 同、取締役に就任
2019年4月 同、常務取締役に就任
2020年4月より、当企業代表取締役社長に就任。

>>監修者詳細ページはこちら


【会社HP】
株式会社hitocolor

転職できない薬剤師5つの特徴

薬剤師として転職を成功させるためには、まず転職できない薬剤師の特徴を把握することが重要です。

転職できない薬剤師の特徴について、それぞれ詳しく解説します。

事業所の採用対象より年齢が高い

事業所が本来採用したい年齢と比べ自分の年齢が高い場合、転職が不利になります。

法律では採用条件に年齢を含むことは禁止されていますが、それでも事業所ごとに理想とする年齢層があることも事実です。

平均年齢を鑑みると40代以降の薬剤師は、志望する事業所の平均年齢を事前に確認すると良いでしょう。

自分の年齢に合う事業所を選ぶことで、転職成功の確率が大きく上がります。

転職回数が多すぎる

転職を3回以上している場合は、転職できない可能性がグンと上がるでしょう。

現在、転職を3回した薬剤師の割合はわずか17%という結果が出ています。
さらに「転職経験がない人」が28%、「1回のみ」が27%と、頻繁に転職をする薬剤師は全体的に見ても少ないです。
(参考:PRTIMES「ココファーマの調査結果」

もしも転職回数が多いのであれば転職回数を気にしない事業所を探すか、スキルや実績をしっかりアピールできるようにしておきましょう。

スキルに対して求める条件が高い

求める条件に対して、薬剤師としてのスキルが足りているかは非常に重要です。

例えば管理薬剤師としての経験がないにも関わらず、年収650万円を希望していても実現は難しいでしょう。

一方で自分のスキルと同じ条件か、それ以下の条件であれば転職を成功させる確率は大きく高まります。

転職先を探す時はまず自分のスキルを俯瞰的に見るようにし、合致する条件の転職先を探すことが成功のポイントです。

人気求人にばかり申し込んでいる

志望する転職先の人気が高い場合は、他の薬剤師からの応募も多いため難易度が高いでしょう。

2020年時点での医師・薬剤師の有効求人倍率は4.76倍です。
(参考:厚生労働省公式HP「職業別有効求人倍率」

有効求人倍率とは
求職者に一人あたりの求人数の割合。4.76倍の場合、一人あたり4.76件の求人が有効であるとされる。

基本的には薬剤業界は人材不足であり、内定を取ること自体は難しくありません。

しかし4.76倍というのはあくまで平均値であるため、人気の事業所の場合は一気に競争率が高くなります。

転職先を選ぶ際はライバルに競り勝つスキルを身につけるか、スキルに不安がある場合は応募者の多くない求人を選ぶといいでしょう。

転職理由がネガティブである

退職理由がネガティブなものである場合、転職がうまく行かないか転職後も同じ理由で退職したくなる可能性があります。

「新しいことに挑戦したい」「ここではできない仕事がしたい」などといった前向きな転職理由であれば問題はありません。

しかし「仕事がきついから辞めたい」など転職理由がネガティブな場合は一度考え直してみましょう。

転職しない方がいい?転職して後悔した薬剤師の体験談

実際に転職をしてみないと分からないポイントですが、場合によっては転職後に後悔したケースもあります。

転職してから後悔しないよう、転職の決断は慎重に行ったほうが良いでしょう。

これから紹介する転職して後悔をした薬剤師の体験談を参考に、本当に転職をしてよいか一度考えてみましょう。

転職してから条件が悪くなった事例

以前の職場は給料が良くはないものの、残業も少なくある程度満足はしていました。それでもやはり年収を上げたいという思いから転職を決断し、別の職場へ転職を決めました。しかし実際に転職をしてみると、事前に聞いていたよりも残業時間が多く、ほとんど自分の時間が取れませんでした。総合的に見ると転職はしない方が良かったなと後悔しています。

Sさん(30代・女性・神奈川県)

転職をした結果、結局のところ収入が下がりました。年収自体は上がりましたが残業が多すぎます。時給計算にしてみると、前の職場のほうが高かったです。給料と残業は両方の側面から考えるべきですね。

Tさん(20代・男性・東京都)

前の職場では管理職として部下の教育などを行っていました。そのため次の職場でも同じようなポジションで働けると思っていましたが、全く待遇が変わりました。転職先の平均年齢が思ったよりも高く、自分が現場では一番下になり、今までの働き方とは大きく変わりました。

Kさん(30代・女性・神奈川県)

転職しない方がいいと感じた薬剤師の中には、転職後に条件面で後悔する声が多く挙がっていました。

現状の条件よりも良い事業所を求めた結果、むしろ条件が悪化した薬剤師も少なくありません。
条件面が転職理由の場合、本当に今よりも良い条件になるのか改めて再考した方が良いでしょう。

業務内容のイメージが違った事例

調剤薬局で勤務をした後ドラッグストアに転職して、OTC知識を活かした健康管理に強い薬剤師を目指していました。しかし実際にはOTC薬品の研修制度がまったくなく、独学で学ばなければならない日々が続きました。さらに品出しなどの通常業務などに追われ、結局OTCの勉強は現在もできないままです。

Hさん(20代・女性・北海道)

大学で習った経験を活かしたいという思いから、調剤薬局から製薬会社のDI業務に移りました。入社前は自分の知識を活かせる仕事内容だと思っていたのですが、実際はマニュアル通りに問い合わせの対応を行うことがほとんどでした。先進的な薬の勉強ができると思っての転職でしたが、結局クレーム対応なども多く、自分の想像とは違い失敗したなと感じています。

Sさん(30代・男性・東京都)

転職後に、事前のイメージと仕事内容が違うと感じた薬剤師も多いようです。

転職先の業務内容を事前に把握していないと、入社後に仕事に対する楽しさややりがいを見いだせず後悔するケースも多いです。

転職を考えている薬剤師は、求人票や募集要項などを注意深く確認してから転職するようにしましょう。

辞めてから「求人がない」ことが分かった事例

他の事業所で薬剤師として働きたかったので、転職を検討し始めました。転職先は他にいくらでもあると思っていたのですが、なかなか良い事業所が見つからなく、転職期間が数ヶ月ほどかかりました。

Kさん(20代・男性・千葉県)

次の転職先を見つけてから仕事を辞めるべきでした。すぐにでも今の職場を離れたく退職をしましたが、なかなか次の場所が決まらず、金銭的にも不安が大きかったです。失業手当でどうにか過ごしていたので良かったですが、完全にスケジュールは失敗したと思います。

Tさん(20代・男性・埼玉県)

すぐに転職先が見つかると思い退職したものの、実際のところ求人がなかなか見つからないとの声も多く挙がっています。

転職を急ぐあまり転職先が決まらないまま退職し、金銭的に不安を抱えているケースもあるようでした。

薬剤師の求人は意外と多くないので、転職先を見つけてから退職をする方が得策でしょう。

薬剤師が転職に失敗しないための注意点

薬剤師が転職を失敗させないためには、退職までのスケジュールや転職活動においていくつか注意点が存在します。

全部で6つある注意点を意識することで、転職を成功させることができるでしょう。

転職先が決まってから退職する

退職後に転職先が見つからないケースは意外と多いため、転職先を決めてから退職することを推奨します。

厚生労働省の調査によると、2014年の医師・薬剤師の有効求人倍率は8.15倍です。
一方で2020年の医師・薬剤師の有効求人倍率は、4.76倍まで下がっています。
(参考:厚生労働省公式HP「職業別有効求人倍率」

薬剤師の転職事情が、ここ数年で難化していることは否めません。

現在は薬剤師でも転職先を見つけることが難しくなってきているので、退職前に新しい職場を決めておくと良いでしょう。

希望条件に優先順位をつける

転職活動を行う際、自分の希望条件の優先順位を明確にして下さい。

自分の希望がすべて叶えられる職場を探すことは非常に難しいので、優先度の低い条件を妥協することも必要です。

給与面の優れた年収の高い事業所であれば、残業が多いかもしれません。
逆に休日を優先すれば、収入が下がることももちろんあり得ます。

自分にとって何が優先なのかを明確にし、優先度の高いものと条件が合う事業所を探すことが重要です。

転職理由を明確にする

転職を成功させるには「新薬の知識を学びたい」などといった、ポジティブな転職理由が必要です。

もしも転職理由がネガティブなものであれば、どこの職場でも同じような理由で転職を考え始めるでしょう。

転職理由を考えたときに、職場を変えて解決できそうになければ転職しない方が良いケースもあります

転職理由が曖昧なまま退職をしてしまうと、そもそも次に入りたい職場を探す軸も見失うかもしれません。

そのため転職を成功させるためには、転職したい理由をもう一度改めて考え直してみましょう。

スキルを高める・管理職を経験しておく

薬剤師に限らず管理職の経験がある人材やスキルが高い人材は、市場で多くの企業から求められます。

そのため認定薬剤師の資格や管理薬剤師の経験などがあれば、選考の際に有利になるでしょう。
もし資格がなくても前職で管理職として部下の指導などを行っていれば、市場価値は高まります。

希望する転職先のハードルが高い場合、今の職場でスキルや実績を磨くことで採用される確率も高まるでしょう。

職場見学を行う

転職先に「想像と違う」「ギャップを感じる」という事態を防ぐために、職場見学を推奨します。
求人票で分かるのは待遇や条件、仕事内容くらいです。

事業所ごとで職場の雰囲気も変わるため、求人票に載っていない情報を確認することも忘れてはいけません。

転職後に後悔をしないために、職場見学を許可している事業所であれば積極的に見学に行った方が良いでしょう。

もしくは紹介予定派遣を利用し、ひとまずどんな職場か把握する方法もおすすめです。

転職エージェントを利用する

転職活動のプロである転職エージェントは、転職先を探す時に頼りになるパートナーとなるでしょう。

エージェントは転職支援の実績が豊富であり、薬剤師の転職事情や注意点など多くの情報を持っています。

求人票だけでは分からない職場の雰囲気や、事業所の特徴を知っているケースも多いです。
また内定後の年収交渉などといった、ご自身ではやりづらいことも代行してくれます。

特に転職活動に不慣れな方には、転職エージェントの利用はおすすめです。

転職エージェントのみが保有する「非公開求人」

転職エージェントを利用することで、非公開求人を閲覧できます
非公開求人とは、エージェントのみが保有しており一般には公開されていない求人のことです。

転職サイトやホームページ上では手に入らない情報を得られることは、エージェントを利用する大きなメリットといえるでしょう。

また非公開求人の中には条件の良いレア求人なども多いため、転職エージェントを賢く使うことで好条件の職場に転職できる可能性が高まります

薬剤師が利用すべき転職エージェント

薬剤師に特化したエージェントは、薬剤師に有益な情報を多く保有しています。
下記4つのサービスは、サポート面・非公開求人保有数の観点から特にオススメです。

それぞれのサービスが持つ特徴を、詳しく解説していきます。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフのLP(出典:ファルマスタッフ公式HP

まだ転職先が決まっておらず、迷っている薬剤師におすすめなのがファルマスタッフです。

  • 掲載求人数が多いため様々な企業を比較検討できる
  • 日本調剤が提供する研修を受けられる

ファルマスタッフは、取り扱い求人の多さに定評のあるエージェントです。
じっくりと転職先を決めたい人は、多くの求人から自分が納得できる転職先を見つけられます。

非公開求人も多く保有しているので、今まで知らなかった優良求人を発見できるでしょう。
またファルマスタッフでは、日本調剤が提供するスキルアップ研を受講することが可能です。

これからキャリアアップを考えている方・様々な求人を比較検討したい方は、ファルマスタッフを使うことをおすすめします。

ファルマスタッフ公式サイト
https://www.38-8931.com/

薬キャリAGENT

【PR】

薬キャリエージェントのLP

(出典:薬キャリAGENT公式HP

薬キャリAGENTは、条件の病院勤務の情報を多く保有しているエージェントです。

  • 病院の求人が豊富である
  • 待遇の良い求人が多く希望条件に合う求人を探せる

病院で薬剤師として働きたい人は、薬キャリAGENTと相性が良いでしょう。
薬キャリAGENTの保有する非公開求人の中には、様々な形態での病院求人が含まれています。

待遇が良い求人も多いため、条件面でこだわりのある人でも理想の転職先を見つけられることでしょう。

特に育休産休がある病院や、託児所のある事業所の取り扱いが際立って多いです。
家庭を持つ薬剤師や、これから産休育休が必要な薬剤師におすすめのエージェントといえます。

【PR】

薬キャリAGENT公式サイト
https://agent.m3career.com/

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

(出典:マイナビ薬剤師公式HP

人材業界大手のマイナビが運営するマイナビ薬剤師は、エージェントの質の高さに定評があります。

  • エージェントの質が高くヒアリングが丁寧
  • 職場の詳細など情報が多い

マイナビ薬剤師のエージェントはカウンセリングを重要視しており、求職者の希望を丁寧に聞いてくれます。

そのため「転職の仕方がわからない」「どのような注意点があるのか知らない」などといった、転職初心者にもおすすめです。

また求人原稿だけでは把握できない、職場の雰囲気などの詳細情報も多く取り扱っています。
マイナビ薬剤師のエージェントへ相談することで、後悔のない転職が実現できるでしょう。

マイナビ薬剤師公式サイト
https://pharma.mynavi.jp/

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師のLP

(出典:リクナビ薬剤師公式HP

リクナビ薬剤師では専門性のあるエージェントが、スピーディに転職活動をサポートしてくれます。

  • 対応スピードが早く早期に内定を獲得できる
  • 条件交渉が上手いエージェントが多数在籍

リクナビ薬剤師に在籍するエージェントは、対応のスピードが早いです。

初回カウンセリング以降は基本的にメールと電話でのやり取りがメインになるので、わざわざ出向いて面談を行う必要がありません。

すでに退職をし焦りながら転職先を探していても、早期に内定を獲得できるでしょう。
また条件交渉が上手いエージェントも多いので、内定後の年収交渉なども安心して任せられます。

なるべく早く内定が欲しい人・年収に妥協したくない薬剤師は、リクナビ薬剤師を利用するといいでしょう。

リクナビ薬剤師公式サイト
https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

薬剤師の転職事情にまつわるQ&A

薬剤師が転職をする時によく疑問に思う点や、転職事情をいくつかまとめました。

これから転職を検討している薬剤師は、上記に関する詳細を参考にして下さい。

コロナ禍での薬剤師転職は難しい?

結論からいうと、コロナ禍での転職難易度はやや高いといえます。

薬局の収益は、処方箋受付による調剤報酬がほとんどです。
しかしコロナ流行後は感染を恐れ、病院に診察へ行く人が減りました。

結果的に処方箋受付が従来よりも減り、薬局の収入が減ったため積極的に採用を行う事業所が以前よりも多くありません。

ただ難易度が上がったため転職を控えている人や、コロナの影響でそもそも医療現場から離れる人も増えています。

そのため難易度が上がっていても、タイミング次第では転職を成功させることも可能です。

薬剤師の平均年収はいくら?

厚生労働省によると、薬剤師の年収は以下のとおりです。

  • 管理薬剤師:754.4万円
  • 一般薬剤師:474.2万円

(参考:厚生労働省公式HP「薬剤師に関する基礎資料」

管理薬剤師になるためには、一つの施設で一定時間以上勤務する必要があります。
長くキャリアを積まなければならないので、年収が高いことも納得できるでしょう。

ただ一般薬剤師の場合は新卒の年収や、地方の年収が低い事業に務める薬剤師の年収も含まれています。
474万円という金額は、あくまで平均値として参考にする程度と思ってよいでしょう。

スキルの低い薬剤師は転職できない?

もしも自分のスキルに自身がないのであれば、転職エージェントかコンサルタント付きの転職サイトの利用がおすすめです。

エージェントは年間何千人もの薬剤師転職を支援しており、その経験から得た豊富な求人情報をもとに転職活動をサポートしてくれます。

多くの情報をもらって転職活動をすることで、転職後にギャップを感じることも防げるでしょう。

そのため一人では転職ができないと思うのであれば、転職エージェントやコンサルタントを利用することも一つの手段です。

高齢薬剤師の転職は厳しい?

年齢的に新たに転職先を探すことが厳しいと感じている薬剤師も、同じ転職エージェントやコンサルタント付きの転職サイトの利用を検討してみて下さい。

一般的に「転職活動は若いほうが有利」と言われますが、スキルや実績次第では年齢が高くても十分に転職が可能です。

エージェントやコンサルタント付きの転職サイトは、年齢よりもスキルを重視している事業所の情報なども保有しています。

また高齢薬剤師だからこそできる、正しい転職活動のノウハウなども把握しているでしょう。
年齢的に転職が難しいと感じている方は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

薬局の優良求人・ブラック求人の見分け方は?

希望している薬局がブラックかホワイトかを見分ける時は、以下のポイントに注意して見て下さい。

  • 人間関係が悪くないか・風通しは良いか
  • 研修制度がきちんと整っているか
  • 離職率が高い・人の入れ替わりが激しくないか
  • 残業の発生が当たり前になっていないか

人間関係が悪く若手が意見しづらい雰囲気のある事業所は、ブラックの可能性が高いです。
人間関係の悪い職場や若手の育成、研修制度が整っていないと人材も定着しません。

頻繁に求人を出している事業所は、人材の定着率が悪い可能性があるので要注意です。

また想定されている残業時間が異常に長い場合も注意しましょう。
「長く働くことが美徳」という文化が浸透しており、ワークライフバランスが崩れる危険性があります。

「転職できない薬剤師」の特徴を知れば転職活動は上手くいく!

薬剤師として転職を成功させたいのであれば、まず「転職できない薬剤師」の特徴を把握しましょう。

また転職支援のプロの力を借りることで、後悔のない転職活動に一歩近づくことができます。
本記事で解説した特徴や注意点を意識して、後悔のない転職をしましょう。

【このサイトの運営者情報】

運営会社株式会社hitocolor
設立 2016年4月12日
代表取締役鈴木けんすけ
本社所在地〒105-0003
東京都港区西新橋2-39-8 鈴丸ビル7階
支社所在地高知支社
〒781-5232
高知県香南市野市町西野2217-1
資本金10,000,000円
事業内容求人広告代理店事業
有料職業紹介事業
自社メディア・コンテンツ運営
許認可番号有料職業紹介事業許可番号】13-ユ-310482
労働者派遣事業許可番号】派 13-314487
プライバシーマーク登録番号】第21004576(01)号

※本内容は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。