*本ページはプロモーションが含まれています

看護師が転職で抱える13の悩みと解決策を紹介!転職成功のコツ・タイミングも解説します

看護師 転職 悩みのアイキャッチ

看護師が転職を考える時、タイミングや不安から「本当に選択が正しいのか」と迷うことも多くあるでしょう。

確かに正確な情報が不十分の場合、不安に思うことも当然です。
そこで当記事では、以下の内容について解説しています。

転職にまつわる悩みを持つ方は、ぜひご一読ください。

【当記事の執筆・運営者】

当メディアは、求人広告代理業・人材関連サービスを展開する株式会社hitocolorが執筆・運営しています。

株式会社hitocolorは、厚生労働省【有料職業紹介事業許可労働者派遣事業許可】取得企業です。

転職・人材分野の豊富な実績と知識を持つ弊社が、転職を考える皆様に有益で正確な情報をお届けしてまいります。

【この記事の監修者】

監修者:鈴木けんすけさん

株式会社hitocolor
代表取締役社長  鈴木けんすけ

2016年9月、株式会社hitocolorに参画。2020年4月より、代表取締役社長に就任。

「働くことにワクワクする社会」を追求し、
求人広告代理店事業・有料職業紹介事業の展開、転職サイト・自社オウンドメディア運営など、人材に関わるさまざまなサービスを提供している。

【経歴】

1980年(昭和55年) 神奈川県出身
2000年4月 株式会社アールケイエンタープライズに入社
2006年2月 個人事業主としてBtoC事業運営
2012年3月 KDDI株式会社に入社
2016年9月 株式会社hitocolorに参画
2017年6月 同、執行役員に就任
2018年4月 同、取締役に就任
2019年4月 同、常務取締役に就任
2020年4月より、当企業代表取締役社長に就任。

>>監修者詳細ページはこちら


【会社HP】
株式会社hitocolor

Contents

看護師が転職を考える理由TOP5

厚生労働省の調査によると、現在の勤務先を辞めた経験のある看護師の理由は下記のとおりです。

理由詳細
出産・育児のため女性の比率が高い看護師の場合、出産というライフイベントの際に退職を考える。
結婚のため出産・育児同様結婚のタイミングで、退職を考える看護師がいる。
他施設への興味現状の施設に不満があり、他の施設で看護師を続ける意思がある。
人間関係人間関係によるストレスから、勤務先の変更を望んでいる。
通勤が困難通勤まで時間がかかることから、より近場での勤務を希望している。

(参考:厚生労働省「看護職員の現状と推移」より)

看護師は女性比率が高いため、結婚や出産のタイミングで退職や待遇の良い病院へ転職をする人が多い結果となりました。

また人間関係が辛いと感じたり良くない場合は、他の病院で看護師としてのキャリアを継続する人も多いです。

上記のTOP5以外には労働時間の長さや休日の少なさ、の負担が多いなどストレスに直結するネガティブな声も目立っています。

2024年最新|看護師の不安はコロナ禍にあり

現在コロナウィルスは医療現場に大きな影響を与えており、多くの看護師が不安を抱えています。

例えば看護師になるためには技術実習は欠かせない要素ですが、接触を避けるためにオンライン上でしか行えない期間も続いていました。

また2021年から看護師になったものの、コロナウィルスに対応する先輩看護師を見て不安や悩みを抱える新人も少なくありません。

(参考:日本赤十字社「コロナ禍で看護師になるといういこと」より)

「怖い、でも患者のために…」 病院勤務なので、看護師として日々コロナと向き合っていく中で自分が感染してしまったのが、【恥】と思ってしまった気持ちが痛いほどわかります。 常日頃から感染しないように生活していても感染力が高いコロナはいつ感染したのかわからないのが本当に怖いですよね

るるぴさん2021年12月14日

コロナ病棟に行くか…一ヶ月夜勤専従になってくれと言われた。 クソ病院めぇーーーーー。辞めたい。

看護師1年目さん2021年12月7日

実際の体験談を見てもコロナ病棟への異動や、ワークスタイルの変化など悩みの原因は多いようです。

そのためコロナの影響が転職を考えるタイミングに繋がるものの、不安を抱えている看護師は大勢います。

看護師転職13のお悩みと解決案|要因別一覧表

看護師が転職を考えた際、多くの不安や悩みがあるでしょう。

悩みの要因概要
職場環境
人間関係
キャリア・やりがい
待遇・収入
その他

※タップで詳細ページにスクロールします

それぞれ実際の体験談をもとに、他の人達はどう思っているのかや対策方法を解説していきます。

人間関係が悪い・合わない人がいて辛い

まず最初に看護師の転職理由でも上位にある、人間関係に関する悩みは多い傾向にあります。

今日もお疲れ様でした! 主任が好き嫌い激しくて パワハラ わたしは好かれていてなんの被害もないですが 見てるのは辛いです… ほんと気分悪い わたしもあぁなってしまうのか

さくら看護師資産形成さん2021年12月14日

看護師はチームで動き患者と向き合うため、メンバー間での連携は必須です。

命を任される現場であり常にストレスやプレッシャーと向き合わせのため、現場の空気は決して和やかなものとはいい難いでしょう。

さらに病院によってはパワハラや上司の好き嫌いなど、人間関係における悩みも多くあります。

そのため看護師としての業務は好きでも、人間関係が理由で転職を考える看護師は少なくありません。

解決案1:部署異動を希望する

もしも人間関係に不安や悩みがあれば、上司に相談し部署異動や人事体制を見直してもらうと良いでしょう。

人間関係の悩みは、病院内で解決できる内的要因です。
そこでまずは自分の今いる環境を変えるように動いてみて下さい。

それでも環境の変化が見込めず辛い状況が続くのであれば、転職を考えるタイミングといえます。

解決案2:心理テクニックを活用する

もう1つの方法としては、メンタルのコントロールです。

  • 嫌なことはNOという
  • ある程度ストレスから逃げることに割り切る
  • 嫉妬心を抱かない
  • 最低限のルール以外は割り切る

特に仕事ができて人柄の良い看護師ほど、期待されたらYESと答えがちです。

ただし無理難題や理不尽なことにまでYESと言わずに、キャパシティを超えていればNOと言う勇気も必要です。

また上司の好き嫌いに振り回されるのであれば、他の人を羨む心を抑え、自分は自分と考えることも大切。

さらに「職場の人は仕事上の付き合い」と割り切り、業務連絡や挨拶は最低限行って、それ以上距離を縮めなければ無駄な人間関係に悩まされることも減らせます。

慢性的な人手不足で辞めにくい

次に看護師は人材の流動が激しいため、転職するタイミングを掴めないケースも多いです。

毎日バタバタ走り回って仕事して、「あーもう辞めたい〜」って詰所で嘆いて毎日毎日残業してる先輩(看護師7年目独身彼氏無し)みたいになりたくなさすぎる、その先輩は仕事はとてもできるから看護師としてはとても素晴らしい先輩なのだけれども…私はなりたくない…

ナースのロボ子さん2021年12月9日

特に人数が不足している病院に勤務すると、連勤や残業が続き「自分が辞めたら迷惑かもしれない」といった気持ちになります。

本当であればすぐにでも転職をしたいとしても、人手が足りずなかなか転職するタイミングを見つけられないケースも少なくありません。

中でも責任感の強い人は、特に周りの状況を考えすぎてしまいます。

もちろん周りの迷惑を考慮できる考えは良いことですが、自分のキャリアの方を大事にするようにして下さい。

解決案:1ヶ月以上前に退職申請し入念に引継ぎ

人材が充足していない病院で転職を検討する際、退職の1ヶ月以上前に申告するようにして下さい。
1ヶ月あれば病院側も引き継ぎ準備など、時間は十分に確保できます。

ただし注意点として、退職日を明確にして期日を決めることは徹底しましょう。

よくあるケースとして長々引き止められ、結局退職日がうやむやになり転職できないケースも珍しくありません。

そのため普段周りの迷惑などを考えられる人でも、はっきりと転職日を提示し割り切ることが重要です。

夜勤が多く肉体的にきつい

3つ目の理由として、夜勤や残業が多いと肉体的に辛いと感じるケースがあります。

腰痛辛いなら夜勤外れる? って師長さんよ。 手取り20万以下になってまで看護師やる意味ないけど? 夜勤外れるならその場で辞めるわ。

どきんちゃんさん2021年12月14日

看護師は常に命を任される現場で働くため、昼夜問わず業務が発生します。
また病院によっては給料が安く、夜勤手当に頼らなければいけないケースも少なくありません。

そのため自分の意志とは裏腹に、夜勤を続けなければ行けない状況もあるでしょう。

しかし夜勤を続けることで肉体的に辛いと感じ、日勤メインの病院へ転職を検討するケースも多くあります。

解決案:日勤のみの職場を検討

夜勤が辛い場合の解決方法としては、日勤のみの職場へ転職する方法があります。
夜の時間を確保しワークライフバランスを保てるメリットは大きいです。

ただし今まで夜勤手当で給料を計算していたのであれば、日勤のみの病院へ移ることで年収が下がることにも注意して下さい。

プライベートと両立できないほど忙しい

4つ目の悩みとして挙げられるのが、夜勤や人手不足から業務が増えることでプライベートの時間がなくなる点です。

そういえば看護師の時の昇給が500円でさ。後輩は2000円upで「理由を聞きたい」って先生に聞いたら「彼女は独身子なし。夜勤出来るしいかにプライベートと時間を削って会社に貢献してくれたかで金額決まるの当たり前」って言われたのだけどそんなもん?その後輩育てたの私だしマニュアル作ったのも私。

みみみみんこさん2021年12月13日

前提として看護師は忙しく、業務時間が長い職種です。

さらに患者の容態次第で業務内容や時間が変動するため、自分の配分次第で仕事の終わり時間を決められません。

結果的に長時間労働が常態化し、プライベートの時間もなくなってしまいます。

ただでさえストレスが多い仕事にも関わらず、プライベートで息抜きをする時間も取れず辛いと感じて転職を検討する看護師も多いです。

解決案:地域の中核病院(急性期病院)を避ける

プライベートの時間を確保したいのであれば、中核病院などの業務量が多い事業所は避けるべきです。

ただ業務の多い急性期病院である程度経験を積んでおけば、以下のような職場で活躍できます。

  • 介護施設
  • 回復期リハビリテーション病院
  • 慢性期病院
  • ケアミックス病院

上記4つの選択肢は急性期病院で多くの処置をした経験や、マルチタスクで多くの業務を同時進行できるスキルが活かせる職場です。

もしも急性期病院から転職を考えている看護師は、上記4つの職場も検討してみて下さい。

結婚や出産・子育てで仕事を続けられない

5つ目の不安は、結婚や出産といったライフイベントと重なったタイミングです。

おはようございます! 看護師は病棟を走り回り命が関わっているから失敗は許されない 体力も気力も消耗する ヘトヘトで家に帰ってきて 子供に愛情注いであげたいのに イライラしてできない 自分のやりたい子育てできない働き方って幸せなの? 一生こんな生活絶対嫌だから行動する!皆後悔しないで

そら複業ママナースさん2021年5月13日

夜勤を担当する看護師は特に、学校終わりの夕方から子どもの就寝にかけて向き合う時間が取りづらいです。

また子どもが朝学校に行く前に帰宅できたとしても、仕事の疲れで家族 との時間をとることも難しいでしょう。

さらに夜勤を担当しないとしても、長時間の残業や膨大な業務量で子育てに影響が出てしまいます。
結果的に仕事最優先になり、家族との時間が取れず悩む看護師は少なくありません。

解決案:家族と相談しつつ転職も検討

家族との時間が取れない看護師は、まず家族で一度話し合うと良いでしょう。

もしパートナーの稼ぎが安定しているのであれば、自分は給料よりも子育ての時間を優先する選択もあります。

仕事の他に家事が忙しくて子どもと向き合えないのであれば、家事の分担を見直すのも良いでしょう。

家族と話し合った結果、時間を優先して良いのであれば業務量が少ない職場や責任感が重くない職場への転職をおすすめします。

忙しくて転職活動に割く時間がない

6つ目の悩みは転職をしたいのに、時間が取れず活動できないといった負のスパイラルができているケースです。

やばいところに入職してしまったなぁ… もう稚内に他に働き口はないから、転職できないし。 オンコール月8回、明日から日遅8時半から19時まで勤務になる、清掃のおばちゃんの仕事もやる、って、その間に利用者家族の対応もしないといけないから、看護師1人しかいない時ほんとにキツイ。

セレモさん2021年11月8日

自分で一から求人を探し企業研究や面接対策を行い、転職活動の準備をすすめるとおおよそ3ヶ月ほどの時間が必要です。

転職を決断するには不安も多いので、十分なリサーチや対策は欠かせません。

しかし労働時間が長い看護師の場合、転職活動の時間を十分に確保できない傾向にあります。

最終的に思うように転職活動を始めるタイミングが掴めず、今いる病院に不満を持ちつつ次の勤務先を見つけられないケースが多いです。

解決案:看護師転職サイトの担当者に代行してもらう

現職の忙しさが変えられないのであれば、看護師転職サイトの担当者の協力を得るなど外部の力を借りましょう。

看護師転職サイトでは求職者の代わりに求人を探したり、書類添削や面接対策などのサポートを行っています。

自分一人で行う転職活動の作業を分担してくれるため、限られた時間の中でも次の職場を探すことが可能です。

もしも自分の時間を作れないのであれば、看護師転職サイトの利用も検討してみて下さい。

責任が重く耐え難い

7つ目の悩みとしては、看護師特有ともいえる命の大切さからくるプレッシャーです。

命を扱う仕事って、大変なんだよ?毎日プレッシャーと向き合わなきゃだし、先輩からの圧力も激しい。もちろん、プレッシャー無いとダメだし必要なのはわかるけど、看護師の子ってなんだかんだ結構良い子多いし、繊細な子も多い。合う合わないってあるじゃん?だから、合わないと本当大変。

ゆみか/ズボラ看護師さん2021年12月2日

利益を上げることが目標の一般企業とは違い、看護師は人の命を助ける仕事です。
小さなことでもミスに対する責任や重圧は、他業種の比ではありません。

さらにこの大きなプレッシャーの中長時間働き抜きドクターや患者、周りの看護師と連携を取ることも必要です。

そのため看護師にかかる精神的負担はそうと大きいでしょう。

人の命を助けることにやりがいを持てる一方で、現場に立つ看護師は常に命を預かるプレッシャーの中仕事をしています。

解決案:自己分析をしっかり行い転職する

もしも重圧に耐えきれないと感じたら、一度自己分析をしましょう。

命を守ることにやりがいを感じる人もいますが、一方でその重圧に耐えられず不安を感じる人もいます。

ただ命を守る仕事は誰にでも務まるわけではないので、重圧に耐えきれないとしても不思議なことではありません。

人の役に立ちたいと思い看護師になったものの、のしかかるプレッシャーが辛いのであれば重圧の少ない企業へ転職すると良いでしょう。

  • 医療機器メーカーの営業
  • ドラッグストアの販売員
  • クリニックなど医療リスクの少ない事業所

人の命に関わることは、上記の通り看護師以外にもあるので参考にして下さい。

何がしたいか分からない

8つ目の悩みは、看護師をしていながら自分がしたいことを見失ってしまうケースです。

実習くそ辛くて死にたくて看護師になった今もっと辛い死にたいって感じだし看護の世界は辛いしかねーな、、、何でもいいから資格欲しくて看護師なった人間だからやりがいないしつまらないし死にたい

ななさん2028年10月30日

一度は看護師を夢見て就職したものの、理想とのギャップを感じ自分のやりたいことがわからなくなるケースもあります。

もしも営業職などのように数字として結果が見えれば良いですが、看護師の場合は成果を数値として可視化しづらいです。

また人間関係が悪い職場であれば、なおさら自分は頑張っているのに認められないと悩むこともあるでしょう。

結果的に自分が何のために頑張って、何をしたいのかよく分からないいといった状態になってしまいます。

解決案:自分の在り方を客観的に見直す

自分自身で何がやりたいか分からなくなった時、まずは一度自分を客観視して下さい。

  • なぜ今の職場が不満か理由を探す
  • 自分のできることを再確認する
  • 看護師の何が楽しいかを再確認する
  • 仕事の嫌な部分を書き出してみる
  • 業種・職種にとらわれず自分個人が何をしたいのか考える

上記5つを考えることで、自分のできることややりたいことが具体的に見えてきます。

この際重要なのが職場や他の看護師といった外的要因ではなく、自分にベクトルを向けことです。

好きなことやできること、やりたいこととやりたくないことを総合的に判断することで自分の理想とする仕事が見つけられるでしょう。

職場の事情でスキルアップが見込めない

9つ目の悩みは、仕事を通して成長やスキルアップが見込めないと不安になるケースです。

新卒で超慢性期の病院に入ってしまったらスキルアップできないし、急性期の現場には行けなくなるという多くのリスクを抱えて仕事をしたくない。←自分のやりたい看護と真逆キャリアアップするために看護師になるという目標達成出来ん

がきんちょちょさん2019年7月26日

スキルアップができない原因は、自分でどうにかすることができない外的要因によるものが多いです。

勤務する病院によってはルーティンワークを正確にこなすことが求められ、なかなか新しいスキルを身に着けられないこともあります。

結果的にスキルアップができる病院を目指そうとしても、自分の経験に自信が持てずなかなか応募しづらいと感じることも少なくありません。

このように看護師の場合はスキルアップできるかどうかが、外的要因に左右されてしまいます。

解決案:まずは身に着けたいスキルを明確化する

キャリアアップにはスキルの取得が欠かせません。
そこでまずは、身につけたいスキルを明確にしましょう。

整理するのが難しければ一度紙に書き起こすのも良いです。
まず必要なスキルを把握することで今何をすべきか、どこを目指すべきかが見えてきます。

その結果自分が描きたいキャリアを、今の病院で叶えられるか判断ができるでしょう。
キャリアを叶えられるのであれば今の病院で、どのように行動するかを決め実行して下さい。

もしも今の病院で叶えられそうになければ、転職を検討してみても良いタイミングでしょう。

給料が上がらない

10番目に解説する悩みは、長時間労働に見合わない給与面です。

看護師の仕事 ・給料安い ・タフな仕事 ・闇は多い… マイナスは挙げだしたらキリないし 愚痴も止まらない でもこの仕事選んだのは自分だろ その気になれば辞められるのに 看護師にしがみついてるのも自分 不満ぶちまけるより、 自分が思うように働くにはどうしたらいいか考えて行動するしかない

プチマッチョナースさん2020年7月4日

国家資格が必要で責任重大な看護師ですが、病院によって給料が低いケースも少なくありません。
また残業が多いことから、時給換算をした際に最低賃金を割ることもあります。

さらに事業所によっては夜勤や残業手当の金額が安く、人より長時間働いていても収入に満足しない場合もあるでしょう。

しかしそれでも人の命を助けたいという思いが強ければ、看護師としてのキャリアを諦めきれず安い給料で働いてしまう人も多いです。

解決案:残業代・手当が発生しやすい職場へ移る

年収に満足ができず転職を検討するのであれば、手当がしっかりと支払われる事業所を選択するようにして下さい。

そのため転職先を探す際は、以下のような項目に注意しましょう。

  • 求人票に手当の記載がある
  • 賞与の支払い実績が明確に記載されている
  • 離職率が低い
  • 若い人が活躍している

まず求人票に手当の記載があることは最低条件、合わせて前年度の賞与実績も確認すると良いでしょう。

特に若年層の離職率は注意してみて下さい。

給与に納得できず退職をする看護師が多い中、若い人が辞めずに活躍している事業所は給与の支払いに関して不満が少ない事業所といえます。

ただし基本給が安く、夜勤手当や残業手当に依存するような給与形態の病院は注意が必要です。

確かに給料は上がったとしても、同時に業務量が増えることもあるので事前に確認するようにしましょう。

希望通りの転職先が見つからない

11番目の悩みは転職を希望するも、次の仕事場が見つからないケースです。

色々と検討した結果 3月末で退職後 失業手当を貰いながら、2022年度(次々年度)の就職を目指す。 そして複業として個人事業にも精を出す予定です 救急の看護師としてキャリアアップを目指したいので、独立ではなく再雇用を考えています。 でも今は良い転職先がないので、失業給付を受けます

こばん | フリー看護師さん2021年3月7日

看護師が次の仕事を見つけられない場合、転職に関する情報が集めきれていないケースが多いです。
転職先の候補が少ないと、比較検討ができず思うように希望の勤務先が見つかりません。

また希望条件が満たせる病院が見つからなければ、本当に転職すべきか不安になりなかなか行動に移れないでしょう。

そこで重要となるのが、正しい方法で情報収集を行えているかです。

解決案:看護師転職サイトは複数登録する

十分な情報を集めるためには、看護師転職サイトを複数利用することを推奨します。
まず看護師転職サイトは、その名の通り看護師を募集する多くの事業所が求人を掲載しています。

自力で探すよりも多くの情報が得られる点や、専属のコンサルタントがついてくれるため希望の転職先を見つけやすいです。

また看護師転職サイトの取り扱う求人は、どれも同じものとは限りません。

情報の多さが鍵を握る転職活動では、複数の看護師転職サイトを利用し効率よく求人を探すことが成功のためのポイントです。

自分にあった転職活動のやり方が分からない

次に12個めの悩みについてですが、そもそも転職方法がわからないといったケースもあります。

私看護師新人時代に精神病みまくったけど新卒の病棟に居座ってついにもうすぐ5年目の扉を開くんだけど 居心地がいいわけでもなく職場が好きなわけでもなく、辛かった昔を思い出すともうあの思いをしたくなくてトラウマすぎて転職できない 看護師嫌なのに転職しない理由はこれに尽きる

隕石ちゃん。さん2020年3月27日

過去につらい経験があると、次も同じ経験をしてしまうのではないかと不安になるでしょう。

結果的にどのように転職すれば良い職場に巡り会えるかわからず、なかなか行動に移せないケースもあります。

特に独力で転職活動をするものの、いまいち正しい判断か不安になることもあるでしょう。

そのため転職はしたいものの、良い方法が見つからず不満を抱えたまま今の職場での勤務が続いてしまうことも多いです。

解決案:まずは利用者の多い看護師転職サイトを使ってみる

転職を成功させるためにはまず、正しい情報収集の手段を見つけることが重要です。

  • 看護師転職サイトの利用
  • 求人誌の購入
  • 知人からの紹介
  • 気になる病院を直検索

上記が主な転職方法です。

情報を集めることに関しては求人誌を読んだり知人から紹介を受ける、病院を検索する等が挙げられます。

さらに加えて看護師転職サイトを利用することで、より効率的に転職活動を進めることが可能です。

看護師転職サイトの場合は担当のコンサルタントがついてくれるため、自分で集めた情報をどのように活かして転職するのかアドバイスを受けられます。

そのため様々な手法と合わせて、客観的にアドバイスをくれる看護師転職サイトのコンサルタントと上手く協力するようにしましょう。

転職回数が多く転職先が見つかるか不安

最後の悩みが転職回数が多すぎて、次の勤務先が見つかるか不安を抱くケースです。

「家庭を犠牲にするなら看護師を辞めてもいいと思ってます」 面接時に転職回数の多さを指摘された。 まぁ、当然だよね。 でもね、家庭を犠牲にしなければ、看護師は続けられなかった。 だからダメ元で本音を伝えたの。 そうしたら採用してくれた。 ときには本音を伝えたほうがいい。

あくび@転職15回看護師ブロガー2021年10月28日
マイナビ看護師の調査委によると、 看護師の転職回数は以下のとおりです。
0回45.2%
1回24.4%
2回14.1%
3回7.9%
4回3.7%
5回3.4%
無回答1.6%

(参考:マイナビ看護師「看護師の転職回数の平均は?転職回数が多い看護師が転職活動を成功させるには?」より)

上記の通り、転職回数が4回を超える看護師はあまり多くありません。
そのため自身の転職回数が多いことが悩みになるケースもあるでしょう。

確かに転職回数があまりにも多いと、選考で不利になることは否定できません。
ただし、伝え方次第で転職回数のディスアドバンテージは解消できます。

解決案:転職回数が多い理由を前向きに伝えれば問題なし

まず第一に転職理由をポジティブなものに変換しましょう。

「辛いから辞めた」「周りのせいで辞めた」といったマイナスな理由だと、人事への印象も悪いです。

先述の口コミ通り家庭の時間を尊重したいなど、前向きな理由であれば転職回数がデメリットになりづらいです。

また転職回数が多いということは、それだけ多くの事業所で様々な業務に従事したことになります。

その経験を活かしスキルや知識が多いことをアピールできれば、転職回数が多くても選考を突破できる確立を上げられるでしょう。

看護師の転職リスクは?中途採用後のお悩み要因と対処法

看護師が転職を考えたタイミングで悩む要素として、転職後のリスクが挙げられます。

それぞれの解決方法を下記で解説していくので、同じ不安や悩みを持つ看護師は参考にして下さい。

キャリア・スキル

まず最初に転職後、理想のキャリアやスキルが身につかないリスクがあります。

  • 想定したスキルが身につかない
  • 自身のスキルが活かせない
  • 予定通りのキャリア・出世が望めない

上記のリスクを回避するためには、事前に事業所の人事評価や業務内容の確認に力を入れると良いです。

どのようなスキルが活かせるのか、業務を通して何が身につくかなどはしっかりと把握しましょう。
また人事評価制度の確認も忘れてはなりません。

具体的な出世の基準や必要な経験といった、クリアすべきラインは調べるようにして下さい。
事前に転職先の状況を把握することで、転職後にキャリアやスキルで悩むことを防げます。

人間関係

次に挙げられるリスクが人間関係にまつわることです。

  • 職場の人間関係が良くない
  • 上司が好き嫌いで部下を判断する
  • 病院内で派閥がある

転職後に人間関係の悩みを避けるためには、事前見学をおすすめします。

病院によっては内定を承諾する前のフェーズで、施設見学を開催している場合もあるので参加してみて下さい。

その際案内をしてくれる人よりも、実際の現場の人同士がどのように関わりを持っているか注意して見てみましょう。

また合わせて離職率も参考にすると良いです。

人間関係が良好な病院であれば、特に若手が成長しやすいため20代の離職率は高くありません。
転職後人間関係に不安やリスクを感じる人は、離職率と事前見学で解消できます。

労働環境

3つ目のリスクとして、労働環境が良くないといったケースが挙げられます。

  • 夜勤の回数が多すぎる
  • 長時間労働が常態化している

労働環境に関しては、事前に求人票で確認して下さい。
平均残業時間や想定される夜勤の回数は基本的に求人票に記載されています。

もしもそれだけでは不安を感じるのであれば、その病院の口コミをチェックしてみましょう。
実際に働いている人からの口コミや評判は信憑性が高く、転職時の参考になります。

転職前に実際の労働環境についてリサーチすることで、入社後のギャップも減らせるでしょう。

収入・待遇

最後に収入面に関してのリスクが挙げられます。

  • そもそも年収が少ない
  • 業務量と給料が割りに合わない

上記のような収入面でのリスクを避けるためには、年収の高い事業所を選択肢に入れるようにして下さい。

そもそも年収の低い病院へ転職すると、入社後に給与に関する不満が出てきます。
また看護師転職サイトを利用し、コンサルタントに年収交渉の代行を依頼することも良いでしょう。

サイトによってはコンサルタントが求職者の代わりに、年収交渉を行ってくれます。
転職後に年収を上げたいのであれば、看護師転職サイトも上手く活用しましょう。

看護師転職に迷う場合の判断基準

もしも転職の際に迷うことがあれば、まずは判断基準を設定して考えると良いでしょう。

  • 年収
  • 残業時間
  • 夜勤回数
  • 福利厚生
  • ストレスの度合い

人により判断基準はあると思いますが、大きく分けると上記の項目に分類されます。
それぞれ自分の中でどこまで希望するか、どこまでなら妥協できるか基準を設けて下さい。

希望条件のすべてを叶えられる病院は、ほとんどないと思って良いでしょう。
そのため自分の希望条件に基準を付けることで、入社後にミスマッチを感じない転職先を探せます。

看護師転職はプロに相談してから決めても良い

もしも転職活動に悩みを抱えていたり相談相手が見つからない場合、転職サイトのコンサルタントを利用すると良いでしょう。

具体的に看護師転職サイトでは、以下のことが行なえます。

  • 求人サイトの検索
  • コンサルタントへ相談
  • 履歴書添削
  • 面接対策・面接同行
  • 年収交渉の代行

特に履歴書添削や面接対策などは、独力で行うのが難しいです。

そこで看護師転職サイトのコンサルタントへ相談することで、一人で行うときよりも精度の高い対策が取れるでしょう。

また求人サイトの検索に関しても、コンサルタントが希望に合う転職先を選んで提案してくれます。

自分で探さずとも情報が増えたり、マッチング精度の高い求人を紹介してもらえる点も大きなメリットです。

実績から選ぶおすすめ看護師転職サイト5社

数ある看護師転職サイトの中から、特に評判の高いサービスを利用することは転職を成功させる大きなポイントです。

それぞれ特徴が異なるため、気になる看護師転職サイトの解説を以下から確認しましょう。

看護roo!

看護roo!転職サポートのLP

(出典:看護roo!公式HP

看護roo!(カンゴルー)は実績のある転職サイトです。

以前一度利用した事があり、その時は看護rooさんではない所で決まったけど、今回も利用させてもらいました。担当者さんの対応がとても良かったと思います。挨拶の電話の時点ですぐに条件に合った所を探してもらい、公開していて条件も良い所を紹介してもらました。普通、転職サイトで、登録前に公開で見れる所は募集無しだと思っているので驚きました(笑)面接のシュミレーションやアドバイスももらえ安心して面接に行けました。担当者さんとの相性が良かったのかとも思いますが、他の紹介会社よりは良いと思います。

かくさん2021年5月20日

まだ利用し始めたばかりで、スタッフの方とも1回しかやりとりしていませんが、
かんじが良く、丁寧に受け答えしてくださっていました。
1回めのやり取りで、経歴や今の状況、希望など確認されるので20分くらいは話したと思います。

こっぺぱんさん2019年11月21日

口コミ通り看護roo!を利用した人からは、担当者の対応に満足しているとの声が多いです。

特にコンサルタントが希望条件を細かく聞いてくれるため、紹介される求人もミスマッチが少なく信頼できるサービスといえるでしょう。

また在籍するコンサルタントの雰囲気も優しい人が多いため、気になる点や質問は気軽に尋ねられます。

そのためコンサルタントと良い関係地を築き、協力体制で転職に望みたい看護師におすすめです。

看護roo!(カンゴルー)公式サイト
https://www.kango-roo.com/career/

レバウェル看護

レバウェル看護のLP

(出典:レバウェル看護公式HP

レバウェル看護は業界トップクラスの求人数を誇る、看護師向け転職サイトです。

他のサイトで希望に合致するものがないと断られたが、こちらでは案件が数件見つかった。
対応は終始丁寧で考えていたより早く転職が決まった。
入職先とのやりとりなどしてくれて仕事中には電話は出られなかったが、ラインなどで連絡をいれてくれていたので後で折り返して特に不自由はしなかった。

ちまきさん2021年8月14日

転職が初めてだったので5ヶ所くらい転職サイトに登録した中でここが1番良かったです。
皆さんがそうなのかわかりませんが、私が担当してもらったアドバイザーさんがとても良かったです。
話し方の柔らかい女性の方でした。

最初からどんな分野に進むか迷っていたときに、私の性格を把握した上でアドバイスをくれたので、自分に合った分野を選ぶことが出来ました。

web面接が初めてだったので練習をお願いしたところ、過去にそのクリニックであった面接の質問内容をふまえた練習を2〜3度行ってくれました。

また、服装やメイクなど初歩的な質問にも快く返事をくれました。
なんてことない質問にも都度LINEで返事をくれました。

自信を持って面接を行うことができ、希望のクリニックで内定を頂けました。
内定をもらったときも一緒に喜んでくださいました。

のんまるさん2021年9月5日

レバウェル看護最大の特徴は、保有している求人の多さです。
実際の利用者も自分の希望が叶えられる職場を見つけ、転職を成功させています。

特に看護師のような悩み・不安が多い職種の場合、転職先に求める要望も多いことでしょう。

介護のお仕事では担当のコンサルタントが希望を細かく聞いてくれ、数ある求人の中から求職者と相性の良いものを紹介してくれます。

希望条件が多くなかなか転職先が見つからないと悩む看護は、一度レバウェル看護を利用してみると良いでしょう。

レバウェル看護公式サイト
https://kango-oshigoto.jp/

マイナビ看護師

マイナビ看護師のLP

(出典:マイナビ看護師公式HP

マイナビ看護師は人材業界大手マイナビが運営する、看護師専門転職サイトです。

友達がマイナビ看護師を利用して転職をしたと教えてくれたので、私も登録をしました。転職活動をするのは初めてだったので不安があったものの、キャリアコンサルタントがたくさんの情報を与えてくれてサポートをしてくれたため希望にあった職場を見つけられました。登録をしたその日のうちに電話が来て、しっかりとコミュニケーションととったうえで職場の紹介をしてくれたのでスムーズに事が進み良かったです。今は残業がないクリニックで働いているのですが、毎日がとても充実しています。面接時のポイントや職務経歴所の書き方など、こまめに連絡をもらえて助かりました。

ぶくぶくさん2017年11月24日

マイナビ看護師を選んだ理由は、業界最大手で求人数が多いからです。全国どこでも求人があるので、色んな所で就職したい人は一度登録しておくと良いと思います。サイトはとても操作しやすいですし、他県からの転職歓迎や未経験者歓迎などの特集が組まれているので探しやすいです。しかし、看護師を経験された方なら分かると思いますが、どこの職場に行っても気の強いお局さんはいます。求人サイトにどれだけ良いことが書いてあってもそれは覚悟しておいてほうが良いかもしれないです。

LLLLLLさん2017年11月26日

マイナビ看護師は業界でも信用度が高く、多くの求人を取り扱っています。
中でも特徴的なのが、マイナビ看護師だけが保有する独占求人です。

他の転職サイトでは取り扱われていない求人を、マイナビ看護師が独占的に保有しているのでレアな募集を探せます。

また随時相談会やセミナーを開いているため、情報収集の機会は多いです。

一通りサイトを見ても中々転職が決めきれない看護師は、マイナビ看護師の独占求人も確認してみると良いでしょう。

マイナビ看護師公式サイト
https://kango.mynavi.jp/

ナースではたらこ

ナースではたらこのLP

(出典:ナースではたらこ公式HP

ナースではたらこは、アルバイト求人の取扱で有名な株式会社ディップが運営する転職サイトです。

登録したときは、すぐに電話が、あり色々状況、条件をきいてくれ、次の日には、今の自分の状況であう病院を探してくれました。しんみに色んな所に声をかけていただき、面接にまでこれました。

履歴書チェック、面接練習、K社に比べると全く対応もちがい最終的にここで話をきいていただきよかったです。

経験がすくなくても自分にあうところをさがしてくれます。みなさんにもオススメです。

shadowガラスさん2019年4月18日

最初の面談で自分の看護観や自分がやりたい看護など親身に話を聞いてくださり、一緒に合う職場を探してくださりました。
他の転職会社にも登録していましたが、対応はこちらの会社が抜群に1番だと思います。感謝の気持ちでいっぱいです。

rinさん2020年8月29日

ナースではたらこは、看護師採用の求人を出していない病院にも交渉する逆指名制度があります。

もしも希望の転職先が採用を行っていなくても、ナースではたらこのコンサルタントが交渉してくれるため入社のチャンスがあることも魅力的です。

また面接同行も行っているため、当日の選考が不安であれば利用すると良いでしょう。
第三者の意見やフィードバックを貰うことで、自分のレベルを上げることが可能です。

求人を公開している病院以外に、転職をしたい事業所があればナースではたらこの逆指名制度をおすすめします。

ナースではたらこ公式サイト
https://iryo-de-hatarako.net/

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)

看護師ワーカー

(出典:看護師ワーカー公式HP

看護師ワーカーは病院以外にも福祉関係の転職サポートを展開している、株式会社トライトキャリアが運営する看護師向け転職サイトです。

私は病院への就職を希望していましたが、なかなか条件に合うところがなく、施設の情報をいただき、今回、休みも多く 高額な年収の施設に内定をいただきました。
今回担当してくださった大宮支社の吉田さんは、柔軟な対応でサポートしてくださり、お会いすると、お人柄の良さも雰囲気でわかりました。とてもお話ししやすかったです。アドバイスも的確でした。
ご親切にしていただき、ありがとうございました

ちいさん2019年4月16日

私の担当してくれた方は本当に親切でした。
職歴が短い私でも色々とアドバイスをいただきましたし、今までは他の会社も登録しましたがこんなに事細かく仕事をしてくれる担当者さんは居なかったです!!
地域柄あまり求人も無い中一生懸命に動いてくれた事は本当にありがたかったです。
もしもまた就職先を探す事になった時にはまたこちらにお世話になりたいと思います!!!

とくめいさん2020年10月5日

口コミからもわかる通り、看護師ワーカーのコンサルタントの質は業界の中でも頭一つ抜けている水準です。

条件が多くなかなか希望する事業所が見つからなくても、親身になって探してくれます。
また必要に応じて面接同行を行っている点も強みです。

さらに転職後のアフターフォローも行っているため、目先の転職だけではなく長期的なキャリアもサポートしてくれます。

そのためコンサルタントの協力が必要な看護師は、看護師ワーカーを利用することで高いレベルのサポートを受けられるでしょう。

看護師ワーカー公式サイト
https://iryouworker.com/

看護師転職のタイミングは3か月間が目安

看護師の転職に必要な期間はおよそ3ヶ月です。

それぞれのタイミングで、気をつけるべきポイントは異なります。

また看護師が転職において、おすすめの時期は以下の通りです。

理由
1月年末の12月をめどに辞めた看護師を募集する病院が多い。
6月ボーナスをもらい転職を考える看護師を狙い、多くの病院が採用に踏み切る。
11月来年の人員計画を見据え、増員を行う病院が多い。

1ヶ月~3ヶ月の間で必要なことは下記にまとめてあるので、詳細は以下を参考にして下さい。

1か月目は「求人選定」

最初の1ヶ月目は求人を選ぶタイミングです。

まず最初に、良い事業所があるか転職先を探しましょう。
良い転職先を探すためには、多くの情報を手に入れ複数の病院を比較検討するのがおすすめです。

情報収集の際は看護師転職サイトを利用しコンサルタントの協力を得ることで、効率よく多くの情報を集められます。

また希望条件を伝えておけば自分とマッチする病院を紹介してくれるため、看護師転職サイトは上手く利用すると良いでしょう。

2か月目は「選考・転職先決定」

2ヶ月目は実際の選考に入るタイミングです。

実際に応募をしたら書類選考、面接と進みます。
選考は何も準備せずに挑むと、失敗するリスクが高いです。

そのため看護師転職サイトのコンサルタントへ依頼し、書類添削や面接対策を依頼することを推奨します。

他にもハローワークなどから求人を探せますが、サポートはなく自分ですべての準備をしなければいけないので注意してください。

3か月目は「退職表明・引継ぎ」

3ヶ月目は退職準備を進めるタイミングです。
この時期は自分が退職した後職場が困らないよう、業務の引き継ぎなどを行います。

また引き継ぎには時間がかかるため、最低でも退職希望日の1ヶ月前のタイミングで申告をして下さい。

その後引き継ぎ事項をまとめ、上司や後任の人材へ引き継げば退職準備の完了です。

後悔・失敗を防ぐ看護師転職サイト活用のポイント5つ

転職を失敗しないためには、看護師転職サイトを上手く利用することが重要です。

それぞれ大事なポイントとなるので、詳しく解説していきます。

時期は「いい求人があれば直ぐにでも」

まず最初に転職意欲は高いことを伝えましょう。

コンサルタントの仕事は、良い人材を病院へ紹介することです。
そして採用が成功すればコンサルタントは報酬を受けます。

そのため、より転職意欲の高い人へ良い求人を積極的に紹介してくれるでしょう。
また早く転職したい人は優先的にサポートを受けることも可能です。

多少転職時期に迷いがある程度であれば、転職時期は「良い求人があれば直ぐにでも」と応えることを推奨します。

希望条件は優先順位と理由まで検討する

次のポイントとして挙げられるのが、希望条件の整理です。

自分の希望条件を洗い出し、優先順位とその理由を付けましょう。

まず大前提として、全ての希望条件を叶えることはほとんど不可能に近いといえます。
そこで重要になるのが、優先度の高い希望条件をなるべく叶えることです。

ある程度妥協できるものと絶対に叶えたい条件は、理由を考えることで明確になります。
そのため転職を考えた際悩みが生じたら、希望条件のランキングを自分の中で作ってみましょう。

経歴・スキルは正直に申告

3つ目のポイントはスキル申告を正直に行うことです。

まず第一に、コンサルタントは合否を判断する面接官ではありません。

そのためコンサルタントにスキルを申告する際、事実より盛ってしまうとそのキャパシティを基準に求人が紹介されます。

しかし自分にスキルがなければその選考のとっぱは難しく、結局自分の首を絞めることになるでしょう。

またあとでスキルの虚偽が発覚すれば、コンサルタントとの信頼関係にも傷が付き良いサポートを受けづらくなります。

そのため今後の自分のためにも、スキルを申告する際は正直に伝えるようにして下さい。

求人の評判は口コミサイトでも確認

4つ目のポイントとして、看護師の口コミを参考にすることが挙げられます。

その際2chのような匿名性のサイトではなく、実際にその病院で働いている看護師が利用している口コミサイトを参考にしましょう。

より信憑性が高く、確かな情報を得られます。

また口コミサイトを見る際、良い評判だけ見ていると入社後にギャップを感じることも珍しくありません。

悪い評判も入念に調べ、様々なシュミレーションを行うことが重要です。

看護師転職サイトは2~3社登録する

最後のポイントは、看護師転職サイトを登録する際には複数登録することです。

  • サイトごとに取扱求人が異なる
  • サイトごとに独占求人がある
  • サイトごとにサポート体制が異なる

上記の通り看護師転職サイトは、それぞれ特徴が違います。

情報量を増やし多くの求人を比較するためにも、複数の看護師転職サイトを利用することは有効な手段です。

またサポート体制も異なるため、複数の看護師転職サイトを利用したほうが自分と相性の良いサービスを探せます。

このように看護師転職サイトを利用する際は複数登録することで得られるメリットが多いため、気になるサービスは並行して登録するようにして下さい。

看護師転職サイト利用の流れ4手順

看護師転職サイトを利用するためには、大きく分けて4つのフローが存在します。

それぞれのポイントを抑えておくことで、転職成功の確率が上がるので参考にして下さい。

①転職サイトへ登録する

まず最初に利用したい看護師転職サイトへ登録を行います。

基本的なプロフィールや資格を正確に入力するようにしましょう。
コンサルタントは入力された情報をもとにカウンセリングを設定します。

カウンセリング日程が決まったら、事前準備を行いましょう。

希望条件の洗い出しや自分のスキルの確認、経歴書の作成などある程度準備をしておくことで当日のカウンセリングがより有意義な時間になります。

②面談カウンセリングで相談・求人紹介

次にカウンセリングですが、まずは希望条件や転職理由のヒアリングから行います。

ヒアリングの結果をもとにこの後のサポート体制や求人紹介が決まるため、嘘や間違いが内容正しい情報を答えましょう。

また事前登録に基づいて、コンサルタントはいくつか求人を準備しています。

まずはコンサルタントから紹介された求人を確認し、気になるものがあればチャレンジしてみましょう。

もしもなければヒアリングをもとに紹介される求人を待ち、転職活動を引き続き進行する流れとなります。

③履歴書・職務経歴書の添削

3番目の手順は、書類添削などのサポートです。
実際に応募先が決まった後は、提出する書類をコンサルタントに添削してもらえます。

病院ごとに求める看護師像は異なるため、それぞれに合わせて書類を制作することが必要です。

コンサルタントは多くの病院とやり取りをしており、それぞれのポイントやノウハウを把握しています。

そのため書類を提出する前に、一度コンサルタントへ添削を依頼すると良いでしょう。

④求人応募~選考・面接対策

最後のステップは面接などといった、実際の選考です。
特に面接は、転職において重要なステップとなります。

そのため今まで失敗ばかりだった看護師や、当日緊張しやすい人は積極的に面接対策を依頼しましょう。

慣れるまで面接練習を重ねることで、当日自信を持って選考に望めます。

また利用する看護師転職サイトによっては、面接同行を行ってる場合もあるので利用すると良いでしょう。

看護師の転職やお悩みに関するQ&A

看護師が転職を考える際、よく挙がる質問をまとめました。

それぞれ自分と一致するものがあれば、下記を参考にして下さい。

40代の看護師ですが年齢的に転職できるのか悩み中です。

40代の看護師が転職を考える際、以下のような悩みや不安を抱える人が多いです。

看護師として一般病院で働いていましたが、夜勤が辛く転職をすることにしました。30代までは大丈夫でしたが、やはり40代になると、体力的に不安です。体が回復しないのでそのことに不安を覚えてしまいました。 【看護師を辞めたい!という人はプロフ見て下さい!】

全国の看護師さんを応援したいアカウントさん2021年12月9日

40代50代の看護師が200床以上、2次救急の病院に転職できるかな? 個人病院のブラックしか採用してくれないっぽくて… 早く辞めたいのに転職先がないって泣いておるで

BLACK pureさん2020年9月10日

40代の看護師の多くは、年齢的な側面や体力面から転職先が狭まっていると感じる人も少なくありません。

しかし探し方次第では、良い転職先を見つけることも可能です。
40歳で転職に不安を持つ看護師は、転職先の平均年齢を確認してみて下さい。

もしも転職先の年齢が40代に近ければ、働きやすい職場と判断できます。

また募集要項をみて「ベテラン歓迎」などの文言があれば、40代でも転職を成功させられる確率が高いです。

一般的には若い人材が歓迎されやすいですが、すべての病院がそうとは限りません。
中には経験のあるベテラン看護師を必要としている病院もあります。

そのため年齢だけで不利と決めつけず、自分の年代が求められている事業所を探すと良いでしょう。

看護師転職サイトを使わない方がいい人もいるって本当?

場合によっては看護師転職サイトを利用せず、自力で転職を成功させられる人もいます。

  • 特に転職サポートが必要ない
  • 自分で求人を探す時間が十分にある
  • 希望する転職先を転職サイトが扱っていない

上記に当てはまる人であれば、自力で転職活動を進めても成功する確立は高いです。
ただ多くの場合、看護師転職サイトのサービスは転職時に非常に頼りになります。

そのためよほど転職サイトを使わない理由がない限り、サイトへ登録しコンサルタントの協力を受けると良いでしょう。

看護師は転職後すぐ辞めたらどうなる?新しい職場に疲れて辞めたい

転職後にすぐ退職をしてしまうと、若干不利になるリスクは高くなります。

  • 次回の転職時に人事へ悪い印象を与えるかも知れない
  • 転職にかかった時間が無駄になる
  • スキルが身につかない

場合によっては転職後に職場が合わないと感じ、すぐに辞めたくなる場合もあるでしょう。
しかしすぐ辞めてしまうと、上記のようなデメリットが生じます。

もしも転職先が合わないと感じたら、まずはなぜ合わないのか理由を考えてみましょう。
その理由が改善できるものであれば、まずは改善に勤めることを推奨します。

改善できそうになければ転職という選択肢も良いです。
ただし早いスパンで転職を繰り返していると、ほとんどの面接で理由を聞かれます。

人事にマイナスな印象を与えないための理由などは、事前に用意しておくようにして下さい。

転職しまくる看護師は転職が難しい?

転職回数が多い場合、正当な理由がないと転職活動が不利になるケースもあります。

20代0~1回
30代1~2回
40代1~3回

目安としては年齢ごと上記の回数までであれば、特に転職で不利になることも少ないです。

もしも20代で3~4回ほど転職をしていれば、約2年おきに職場を変えていることになります。
そのため人事からすると「長続きしない人」と感じてしまうでしょう。

ただ年齢が挙がるにつれてキャリアアップを目指し転職をする、出産や育児を機に転職するといった理由であればそこまで転職には影響しません。

もしも転職回数が多くて面接などが不安な場合、まずは転職理由がマイナスにならないよう準備しましょう。

もしもマイナスになってしまうのであれば、それを補うだけの熱意やスキルをアピールしていくことで状況を変えられます。

看護師から転職で他職種を目指せる?おすすめの職業は?

看護師そのものを辞め、ジョブチェンジを図ることも一つの手段です。

  • 介護業界
  • 医療人材業界(転職エージェントなど)
  • 医療機器販売の営業

上記は看護師として培ったスキルを活かせる転職先です。
いずれも一般企業ですが、看護師としての経験がそのまま仕事上で発揮できます。

そのため転職後もすぐ仕事に慣れ、順調なキャリアを築けるでしょう。
ただし一般企業の場合、最終目的は利益を上げることです。

そのためマインドセットや努力のベクトルが変わることには注意して下さい。
また今まで看護師一筋で他のスキルに自信がなければ、以下のような職場もおすすめです。

  • 営業職
  • 販売スタッフ
  • サービス業

上記は基本的に特別な資格が必要なく、未経験から挑戦可能な職種です。
また企業によっては教育前提のポテンシャル採用も行っています。

そのためもしも医療系の経験しかなく他業種への転職が不安な場合、上記のような未経験OKの仕事を選択すると良いでしょう。

【看護師】悩みが職場で改善できないなら転職で解決する

今の病院で看護師を続けられるか迷った時、その原因が自分都合なのか病院都合なのか判断しましょう。

病院都合であり自分の努力ではどうすることもできなければ、転職をするタイミングといえます。

また転職時に悩みが不安が多ければ、看護師転職サイトのコンサルタントへ協力を求めることも有効な手段です。

各種転職サポートや求人紹介を有効に利用することで、理想とする病院への転職が実現できるでしょう。

【このサイトの運営者情報】

運営会社株式会社hitocolor
設立 2016年4月12日
代表取締役鈴木けんすけ
本社所在地〒105-0003
東京都港区西新橋2-39-8 鈴丸ビル7階
支社所在地高知支社
〒781-5232
高知県香南市野市町西野2217-1
資本金10,000,000円
事業内容求人広告代理店事業
有料職業紹介事業
自社メディア・コンテンツ運営
許認可番号有料職業紹介事業許可番号】13-ユ-310482
労働者派遣事業許可番号】派 13-314487
プライバシーマーク登録番号】第21004576(01)号

※本内容は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。