*本ページはプロモーションが含まれています

薬剤師の転職に有利で最適な時期はいつ?成功しやすいタイミングを徹底解説

薬剤師の転職時期

転職を考えている薬剤師の方の中には「転職したいけどいつがいいの?」「有利な時期ってあるの?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

薬剤師の転職活動には適切な時期やタイミングがあり、それに沿うか沿わないかで転職活動の成否が大きく分かれていることが実情です。

そこで本記事では薬剤師の転職を有利に進められる時期について、理由を交えて詳しく解説しています。

薬剤師の転職市場が気になる方・転職に不安を感じている方は、ぜひ一度目を通してみて下さい。

関連記事

【当記事の執筆・運営者】

当メディアは、求人広告代理業・人材関連サービスを展開する株式会社hitocolorが執筆・運営しています。

株式会社hitocolorは、厚生労働省【有料職業紹介事業許可労働者派遣事業許可】取得企業です。

転職・人材分野の豊富な実績と知識を持つ弊社が、転職を考える皆様に有益で正確な情報をお届けしてまいります。

【この記事の監修者】

監修者:鈴木けんすけさん

株式会社hitocolor
代表取締役社長  鈴木けんすけ

2016年9月、株式会社hitocolorに参画。2020年4月より、代表取締役社長に就任。

「働くことにワクワクする社会」を追求し、
求人広告代理店事業・有料職業紹介事業の展開、転職サイト・自社オウンドメディア運営など、人材に関わるさまざまなサービスを提供している。

【経歴】

1980年(昭和55年) 神奈川県出身
2000年4月 株式会社アールケイエンタープライズに入社
2006年2月 個人事業主としてBtoC事業運営
2012年3月 KDDI株式会社に入社
2016年9月 株式会社hitocolorに参画
2017年6月 同、執行役員に就任
2018年4月 同、取締役に就任
2019年4月 同、常務取締役に就任
2020年4月より、当企業代表取締役社長に就任。

>>監修者詳細ページはこちら


【会社HP】
株式会社hitocolor

薬剤師転職が有利になるおすすめ時期

薬剤師転職が転職を有利に進められる、おすすめの時期を紹介します。

スムーズに内定を獲得したい薬剤師の方は、あらかじめ有利な時期をチェックしておきましょう。

【1~3月】求人が最も多い時期

薬剤師の転職が有利になる時期は、求人が最も多い1~3月です。

年度末には定年退職や新年度に合わせて転職する人が増えるため、人手不足が懸念される4月に向け求人が増加する仕組みです。

また新卒採用で確保できなかった人員の充足求人も出回るので、普段目にしないようなレア求人に出会えることも。

十分な求人を比較検討したい方は、1~3月に転職活動をすると良いでしょう。

ただし医療業界の繁忙期ということもあり、十分な指導が受けられない場合もあるようです。
したがって経歴が浅い新人薬剤師などは、指導環境が整っている職場かしっかり確認するようにしましょう。

【7~10月】求人が多く転職者に優しい時期

求人が多く転職したあとの環境がおすすめなのは、7~10月の夏季です。

7~10月に求人を出している薬局・病院等は、繁忙期である冬季に備えるために夏季から人員を補っています。

つまり先を見越して計画的に求人を出しているので、指導も十分に受けることが可能です。

また夏季ボーナスをもらってから退職する薬剤師の方も多く、普段見かけないポストの求人が隠れている可能性もあります。

薬剤師の転職が難しくなる時期は5~6月

薬剤師の転職が難しくなる時期は、5~6月です。

5~6月は新卒採用や人員補充が一通り済み、求人数が減少するタイミングです。

また年度末に退職した薬剤師が転職活動をすることもあり、少ない求人に多数の求職者が集まる競争率の高い時期と言われています。

希望条件に合う求人を見つけてスムーズに内定を獲得するためにも、5~6月は避けたほうが無難でしょう。

薬剤師におすすめの転職タイミングとは?

薬剤師転職の理想的なタイミングは、入社してから3~4年目です。

入社してから1年未満で辞めてしまうと「すぐに辞めてしまうのでは?」という懸念が生まれるため、最低でも1年以上働いてから転職するのがいいでしょう。

特に新卒の場合はスキルや実績が培われていないため、なかなか採用されずに次の職場が見つからない可能性が高いです。

4年目だとスキルやノウハウをある程度習得できているので、次の転職先もスムーズに見つかるでしょう。

第二新卒の薬剤師は転職に有利

一般的に、第二新卒の薬剤師は転職に有利だとされています。

新卒薬剤師より教育コストが低く前職の風習にも染まり切っていないため、どの事業所でも重宝されることでしょう。

そのためよほどご自身にとって厳しい環境でなければ、第二新卒と呼ばれる3~4年目までは勤続しておくことを推奨します。

薬剤師転職にかかる平均転職期間・スケジュールの組み立て方

薬剤師の転職にかかる平均的な転職期間は、約1ヶ月です。
なお職場によって採用過程が異なるため、以下のように転職期間が変わります。

  • 大手調剤薬局・ドラッグストア:平均1週間~2週間
  • 小規模の調剤薬局:平均2週間~1ヶ月
  • 企業:平均1ヶ月

特に企業は2~3回面接を行うので、採用までに1ヶ月と長期的な傾向があります。

転職活動に1か月+現職場での退職引継ぎ期間に1か月の計2か月は転職にかかると覚えておき、スケジュールを組み立てるといいでしょう。

薬剤師転職のやり方・手段比較早見表

薬剤師の方の転職活動には、以下3つの手段があります。

薬剤師転職の手段特徴
ハローワーク
  • 厚生労働省が運営する職業安定所
  • 求人紹介から選考対策までのサポートをできる
転職サイト
  • 数ある求人の中から希望条件に合うものを探せる
  • 求人の応募から内定獲得まで全て自ら転職活動を進める必要がある
転職エージェント
  • 担当アドバイザーからサポートを受けられる
  • 薬剤師専門のサービスがある
  • 独自の求人が多数

※表は横にスクロールできます。

それぞれ特徴は異なりますが、一番質の高いサービスは転職エージェントです。

薬剤師専門のエージェントが数多くあり、それぞれ独自のパイプから求人を入手しているので求人の質が高いことで知られています。

また専任のアドバイザーからサポートを受けられるので、転職活動に不慣れな方でも安心して転職活動を進められることでしょう。

転職エージェントは、以下の手順で転職活動を進めます。

  • 転職エージェントに登録
  • 担当アドバイザーと面談
  • 求人紹介
  • 書類添削・応募
  • 面接対策・面接
  • 内定・条件交渉

一般的な転職サイトとの違いは、専任のアドバイザーとともに転職活動を進めていくことです。

書類添削・面接対策や内定後の条件交渉などのサポートがあるため、効率的に転職活動を済ませられます。

また薬剤師専門の転職エージェントには、無料のセミナーやお役立ちコンテンツがあることも多いので、併せてチェックしてみると良いでしょう。

転職活動を成功させるなら、転職エージェントを活用することを推奨します。

薬剤師におすすめ転職エージェント厳選4社

おすすめの薬剤師専門転職エージェントを、4つに絞って紹介します。

それぞれの特徴を比較しながら、自分にぴったりのエージェントを見つけましょう。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフのLP(出典:ファルマスタッフ公式HP

ファルマスタッフ」は、全国に12拠点展開する地域密着型の転職エージェントです。

アドバイザーが地方の求人先にも足を運んで調査をしているため、職場の雰囲気や忙しさなどの内部情報が知れ、入社後のミスマッチを最大限防ぐことができます。

また「必要な法律や制度を学べるe-Learningプログラム」「派遣薬剤師向けのファーマシーセミナー」などサイト内コンテンツも充実。

働きながら薬剤師としてスキルアップを目指したい方、初めての転職活動に不安を抱えている方はファルマスタッフがおすすめです。

ファルマスタッフ公式サイト
https://www.38-8931.com/

ファーマキャリア

ファーマキャリアのLP(出典:ファーマキャリア公式HP

ファーマキャリア」は、オーダーメイド求人と言われる提案方法が特徴の転職エージェントです。

オーダーメイド求人とはアドバイザーが企業と直接交渉をして、求職者の希望に沿った求人を提案する手法のこと。

ファーマキャリアは大手人材紹介会社出身の優秀なアドバイザーが多いことでも知れらているため、的確なコンサルティングを受けることができます。

条件にこだわりがある方・手厚いサポートを受けたい方はファーマキャリアを利用すると良いでしょう。

ファーマキャリア公式サイト
https://pharmacareer.jp/

薬キャリエージェント

【PR】

薬キャリエージェントのLP(出典:薬キャリエージェント公式HP

薬キャリエージェントは、医療業界大手のエムスリーグループが運営する薬剤師転職エージェントです。

医療業界トップ企業として長年の実績があるため、医療機関からの信頼が厚いのが強み。

高品質な独占求人を多く保有しているため、大手の病院や調剤薬局など薬キャリエージェント経由でなければ応募できない求人が豊富にあります。

またコンサルタントが内定獲得まで丁寧にサポートをしてくれると定評があります。

最短即日で求人紹介をしてくれることも。

転職を考える全ての薬剤師の方におすすめできる転職エージェントです。

【PR】

薬キャリエージェント公式サイト
https://agent.m3career.com/

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

(出典:マイナビ薬剤師公式HP

マイナビ薬剤師」は転職業界で有名な、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

2万件以上の公開求人に加えマイナビならではの非公開求人を保有しており、幅広い選択肢から応募先を選ぶことができます。

また業界大手ならではの手厚いサポートもあり、書類添削や模擬面接で応募先への十分な選考対策が可能です。

初めて転職する薬剤師の方・転職エージェントの安心感を重視する方は、マイナビ薬剤師を利用しましょう。

マイナビ薬剤師公式サイト
https://pharma.mynavi.jp/

薬剤師の転職時期に関して多い疑問

以下では、薬剤師の方が転職時期について考えたときに多い質問をまとめました。

自分に当てはまる項目は、転職前に確認しておきましょう。

新型コロナウィルスによる薬剤師転職への影響は?

新型コロナウィルスの影響によって、以前より薬剤師の求人は減少していることが分かっています。

有効求人倍率(厚生労働省出典)

(出典:厚生労働省HP「一般職業紹介状況」

厚生労働省から発表される有効求人倍率(※)は、令和元年以降右肩下がりの一途を辿っています。

※有効求人倍率…求職者一人あたりに対しての求人数の値。高いほど求人が多いとされる。

コロナ禍で受診を控える患者が増えたことによる経営圧迫が原因とされており、中でも派遣薬剤師は契約が打ち切られやすく、パート薬剤師も勤務日数・時間の削減が強いられています。

長年売り手市場として人手不足が騒がれていた薬剤師ですが、新型コロナウィルスの影響によって転職の難易度が高まっているのが現状です。

以前のように「免許を持っている」だけで容易に転職が可能な市場ではなくなってきているため、時期を見極め適切なタイミングでの転職活動を心掛けるべきと言えるでしょう。

結婚を機に転職する場合・家庭と仕事を両立できる職場の見分け方は?

結婚を機に転職を考えている方は、以下4点のポイントを意識してみて下さい。

  • 残業や休日出勤がないか
  • 転勤のない職場であるか
  • 産休育休制度や子育て支援制度があるか
  • 職場の立地が子どもの保育園・幼稚園から近いか

将来子どもの育児をしやすい環境の職場に転職をすることで、家庭と仕事の両立がしやすくなります。

薬剤師として休職期間(ブランク)があるが転職できる?

採用する側の企業や施設の職場側によりますが、3年以上ブランクが空いていると転職しにくくなってしまうでしょう。

求職期間が長くなると内定を獲得しづらくなるほか、新薬などの新しい知識に自分自身がついていけない可能性もあります。

なるべくブランクがさほど気にならない、2年以内に復職することを推奨します。

とはいえさまざまな事情によりすぐに復職できないこともありますので、面接選考時にうまく説明ができるようエージェントと相談しながら対策を立てるのがベストです。

薬剤師転職の注意点は?

薬剤師が転職をする際に注意しておくべき点は、以下の3点です。

  • キャリアやスキルの棚卸しをする
  • 希望条件を明確にする
  • 退職理由を詳細に記す

ご自身のスキルと今後の展望を照らし合わせ、譲れない条件を設定することで持続的に勤務できる職場探しをすることをオススメします。

また前職を短期で退職してしまった場合は、理由を詳細に記すことで選考先への心証を損なわないようにすると良いでしょう。

3ヶ月で転職ってあり?

3か月~1年以内の短い期間での退職経験がある場合、事業所も採用を慎重にならざるを得ない実情があります。

退職理由をなるべく詳細に記しご自身に非がないことを伝えることで、事業所への心証を損なわないよう工夫すると良いでしょう。

また勢いで辞めてしまって次の職場が見つからないような状況に陥らないためにも、勤務しながら転職活動を行い転職先を見つけてから退職することを推奨します。

有利な時期に薬剤師転職を成功させよう!

薬剤師の転職に有利な時期について、解説してきました。

新型コロナウィルスの影響により薬剤師の求人数が目減りしている昨今、転職活動では正しい時期を見極めることが必須となりつつあります。

手厚いサポートを受けつつ転職活動ができる転職エージェントをうまく活用し、いち早く理想の転職を叶えましょう。

【このサイトの運営者情報】

運営会社株式会社hitocolor
設立 2016年4月12日
代表取締役鈴木けんすけ
本社所在地〒105-0003
東京都港区西新橋2-39-8 鈴丸ビル7階
支社所在地高知支社
〒781-5232
高知県香南市野市町西野2217-1
資本金10,000,000円
事業内容求人広告代理店事業
有料職業紹介事業
自社メディア・コンテンツ運営
許認可番号有料職業紹介事業許可番号】13-ユ-310482
労働者派遣事業許可番号】派 13-314487
プライバシーマーク登録番号】第21004576(01)号

※本内容は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。