*本ページはプロモーションが含まれています

フリーターにおすすめの転職エージェント8選!使うべき理由と利用時のポイントを解説

フリーター転職エージェントのアイキャッチ

フリーターから正社員を目指すなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントにはフリーター向けの求人が数多くあり、アドバイザーが内定まで二人三脚でサポートしてくれます。

この記事では、フリーターにおすすめの転職エージェント・使い方を紹介していきます。

フリーターに特におすすめの転職エージェントランキングTOP3

\ 1位 /
ハタラクティブのLP
ハタラクティブの詳細

【総合評価】
★★★★★
  • 既卒・フリーター・第二新卒の20代に特化
  • 未経験から正社員を目指せる
  • 最短2週間で内定を獲得できる

\ 2位 /
第二新卒エージェントneoロゴ
第二新卒エージェントneoの詳細

【総合評価】
★★★★★
  • 34000件以上の面談実施件数
  • サービス利用料完全0円
  • 最短6日で内定を獲得できる

\ 3位 /
就職ShopのLP
就職Shopの詳細

【総合評価】
★★★★★
  • 書類選考なしで面接&内定が可能
  • 求人は未経験者が対象
  • 企業へ直接訪問して求人を厳選

また今無職・ニートの方は、別記事ニート無職におすすめの就職支援サイトもあわせてご覧ください。

既卒の方は就活に強い転職エージェントがおすすめです。

第二新卒の方も、第二新卒におすすめの転職エージェントがあるので、そちらをご覧ください。

【当記事の執筆・運営者】

当メディアは、求人広告代理業・人材関連サービスを展開する株式会社hitocolorが執筆・運営しています。

株式会社hitocolorは、厚生労働省【有料職業紹介事業許可労働者派遣事業許可】取得企業です。

転職・人材分野の豊富な実績と知識を持つ弊社が、転職を考える皆様に有益で正確な情報をお届けしてまいります。

【当記事の監修者情報】

監修者:鈴木けんすけさん

株式会社hitocolor
代表取締役社長  鈴木けんすけ

2016年9月、株式会社hitocolorに参画。2020年4月より、代表取締役社長に就任。

「働くことにワクワクする社会」を追求し、
求人広告代理店事業・有料職業紹介事業の展開、転職サイト・自社オウンドメディア運営など、人材に関わるさまざまなサービスを提供している。


【経歴】

1980年(昭和55年) 神奈川県出身
2000年4月 株式会社アールケイエンタープライズに入社
2006年2月 個人事業主としてBtoC事業運営
2012年3月 KDDI株式会社に入社
2016年9月 株式会社hitocolorに参画
2017年6月 同、執行役員に就任
2018年4月 同、取締役に就任
2019年4月 同、常務取締役に就任
2020年4月より、当企業代表取締役社長に就任。

>>監修者詳細ページはこちら


【会社HP】
株式会社hitocolor

Contents

フリーターは転職エージェントを活用すべき理由

フリーターから正社員雇用を目指す場合、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

フリーターが転職エージェントを活用すべき理由

  • 転職活動をサポートしてくれる
  • 非公開求人情報を入手できる

日本の厚生労働省では、フリーターへの対策支援を複数用意しています。

転職エージェントは、厚生労働大臣の認可を受けた民間の職業紹介会社なので、かなり手厚いサポートを受けることができるんですよね。

自力で転職活動をするよりも選択肢が多い点も、転職エージェントを利用すべき理由と言えます。

転職エージェントはフリーターが就職するために必要なアプローチを知り得ているので、「何から手をつけていいのか分からない…」という方こそ、利用してほしいサービスです。

フリーターにおすすめの転職エージェジェント比較表

フリーター向けのおすすめ転職エージェントを求人の質・サポート力・レスポンスの早さ・特徴の4点で一括比較しました。

サービス名求人の質サポート力レスポンスの早さ
ハタラクティブ
第二新卒エージェントneo
就職Shop
DYM就職
UZUZ
マイナビジョブ20’s
Re就活
リクルートエージェント

フリーターにおすすめの転職エージェントランキング8選

フリーターにおすすめの転職エージェントをランキング形式で紹介していきます。

サービス名特徴
ハタラクティブフリーター・ニート・高卒・大学中退もOK。
未経験から正社員就職が目指せる
第二新卒エージェントneoフリーター・第二新卒向け就職支援サービス
プロのアドバイザーが内定まで丁寧にサポート
就職Shop大手企業リクルートが運営する20代特化の転職サイト
すべて書類選考不要・面接から選考スタート
DYM就職第二新卒・既卒・フリーター・ニートの方対象の求人が多数
求職者に寄り添った丁寧なサポートが強み
UZUZ10~20代対象のフリーター対象転職エージェント
アドバイザーは全員求職者と同じ境遇の経験者
マイナビジョブ20’s大手企業マイナビが運営する20代特化の転職支援サイト
個別カウンセリングで最適な仕事を紹介
Re就活社会人経験不問・学歴不問・職種未経験求人多数
リクルートエージェント20~50代の幅広い経歴の求職者に対応
業界最大級の求人数なので選択肢を広げたい方に最適

転職エージェントによって強みが違うので、それぞれの特徴をしっかりと確認して自分に合った就職サイトを選ぶことが大切です。

以下からは8社の転職エージェントと口コミ・評判を詳しくご紹介していきます。

■フリーターの転職にまつわるアンケート

調査時期:2023年4月
調査方法:Webアンケート調査(クラウドワークス)
調査地域:全国
アンケート対象者:転職エージェントを利用している、または利用していた未就職者
人数:50名

1位:ハタラクティブ|20代のフリーター向けの転職エージェント

ハタラクティブLP

(出典:https://hataractive.jp/)

【ハタラクティブの特徴】

  • 20代の第二新卒・既卒・フリーター専門のエージェント
  • 未経験から正社員への転職が得意
  • 入社後のフォローも行っておりサポートが充実している

ハタラクティブ」は、20代の第二新卒・既卒・フリーター専門の転職エージェントです。

利用者3人のうち2人が社会人未経験から正社員として就職しており、高卒や中卒など学歴問わずに利用が可能。

求人紹介や選考対策など転職活動中はもちろん、初出勤の準備や入社後のフォローも実施しています。

未経験からの就職を得意としているハタラクティブを利用すれば、フリーターの方でも正社員就職を目指すことが可能です。

求人数3,500件以上
運営会社レバレジーズ株式会社
公式サイトhttps://hataractive.jp/
対象年齢・対象者20代のフリーター・既卒 第二新卒・大学中退の方
利用料金無料
対応地域全国
内定までにかかる期間最短2週間

良かった点としては学歴や経歴関係なく転職できる求人が揃っているので書類選考や面接対策を徹底的に対応してくれること。また最短2週間で内定がもらえるスピード感があり、求人紹介を断られることがなく、保有する求人の中から条件にあった求人を紹介してくれるので満足しています。

出典:uchida7260 男性 40代前半

未経験で自分にあった職場があるのかわからなかったけど、やりたいことが見つかりました 大手だと、大量に求人を紹介してもらうだけで終わったのですが、ハタラクティブでは、面談では1時間くらいかけてカウンセリングしてから、アドバイザーが自分にあった仕事を絞って紹介してくれたので、紹介してくれる会社が全部的確で、やってみたいと思うものが多かったです。 あと、選考までラインでこまめに対応してくださったので、あっという間に内定もらえました、、面接対策までじっくりやるので安心です。
出典:good1990

2位:第二新卒エージェントneo|最短6日の内定獲得実績

第二新卒エージェントneoのLP(更新)(出典:https://www.daini-agent.jp/)

【第二新卒エージェントneoの特徴】

  • 第二新卒に加え、既卒・フリーター・高卒・中卒も利用可能
  • 企業訪問を行いおすすめできると感じた企業が紹介される
  • 内定後研修を実施している

第二新卒エージェントneo」は、既卒・フリーター・高卒・中卒・第二新卒向けの転職エージェントです。

充実のサポート体制では転職相談・書類添削・模擬面接など、様々なシーンに合わせて協力的に支援してくれます。

アドバイザーから紹介される求人は、実際に訪問しておすすめできると感じた企業のみ。
ブラック企業のような怪しい求人は紹介されないので、安心して転職活動に取り組めます。

内定後は研修を行っており、フリーターからスムーズに社会人デビューできるでしょう。

求人数非公開
運営会社株式会社ネオキャリア
公式サイトhttps://www.daini-agent.jp/
対象年齢・対象者20代の第二新卒・高卒・中卒・既卒・フリーター
利用料金無料
対応地域全国(東京、大阪、名古屋、福岡に拠点あり)
内定までにかかる期間最短6日

第二新卒に特化した就職エージェントです。今の時代に合った職業〜介護までの様々なお仕事が多いです。その人がいかに適切かどうかをコンサルタントの方と一緒に考えて度の求人が適切なのかを判断し面接対策を行います。

出典:転スラ

良かった点としては求人検索が楽であり、転職の基礎からしっかり教えてくれること。また大手企業やベンチャー企業を紹介してくれるので求人数が他社に比べて非常に多く、利用者向けの情報配信が豊富で書類選考の通過率が高いことです。

出典:uchida7260 男性 40代前半

3位:就職Shop|大阪・京都の求人が多いエリア特化型の転職エージェント

就職ShopのLP(出典:https://www.ss-shop.jp/)

【就職Shopの特徴】

  • 未経験者を対象とした求人を保有
  • 書類選考なしで面接まで進める
  • フリーター・既卒・高卒・中卒・第二新卒から入社した人多数

就職Shop」は、転職業界大手の株式会社リクルートが運営する転職エージェントです。

求人は未経験者を対象としており、学歴・職歴・社会人経験不問の求人を扱います。

既卒・フリーター・新卒・第二新卒・高卒・中卒から入社した人が多く、フリーターから正社員への転職もしっかりサポート。

書類選考はなく求人応募後はすぐ面接まで進めるため、書類作成の手間がかからないのも魅力です。

またアドバイザーが企業を訪問しているため、実際の労働環境や職場の雰囲気も教えてもらえます。就職Shopなら、転職後のミスマッチを防げるでしょう。

求人数10,000件以上
運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://www.ss-shop.jp/
対象年齢・対象者20代の既卒、フリーター、新卒、第二新卒、高卒、中卒
利用料金無料
対応地域東京、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、京都
内定までにかかる期間最短2週間

また未経験でも安心の就職サポートを提供をしてくれることで既卒や第二新卒、フリーターなど未経験の若者の可能性を信じている企業を紹介してくれるのでそのため、必要だと思われがちな経験や資格などは必要はなく、自分の可能性を信じる企業と引き合わせてくれることです。

出典:uchida7260 男性 40代前半

コロナにより転職活動が厳しくなっている中、数少ない事務職に就くことに成功し、本当に感謝しています。とても親身にアドバイスや添削をしていただきました。 ついつい気が緩んでしまうことの多い転職活動ですが、毎回面談の予約をとってくれたので途中で投げ出さず、やりきることができました。

出典:good1990

4位:DYM就職|求人業種が幅広い

DYM就職のLP(出典:https://www.dshu.jp/)

【DYM就職の特徴】

  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートが利用可能
  • 各種選考サポートの精度が極めて高い
  • 多様な業界業種、地域の求人を保有

DYM就職」はフリーターを含む社会人未経験の方向けの転職エージェントです。

企業の採用担当者に直接交渉できるほどの繋がりを持つため、選考サポートの精度が極めて高いことが特徴。

また非公開求人を含め、多様な業界業種・地域の求人を保有しています。

多様な求人を比較したい方、スピーディーな転職をしたい方におすすめの転職エージェントです。

求人数非公開
運営会社株式会社DYM
公式サイトhttps://www.dshu.jp/
対象年齢・対象者20代〜35歳までの既卒、フリーター、新卒、第二新卒
利用料金無料
対応地域全国(オンライン)
内定までにかかる期間最短1週間

良かった点としては優良企業を厳選して紹介をしてくれたり、書類選考や面接を徹底サポートをしてくれること。また求人掲載企業の企業形態が多彩だから働き方を選べるので転職活動を進めたいという方にとっては、選択肢が広がるので自分に合った職場を探しやすく、オンライン面談にも対応できることです。

出典:uchida7260 男性 40代前半

ハローワークにも通う中、ネット検索で見つけたDYM就職に登録したのですが、アドバイザーに学業と仕事を両立したいと相談したところ「両立できる職場を一緒に探そう」と言ってくれました。転職Shop(リクルート)に両立プランを否定された後だったので、心強かったです。 将来のことを含めて、じっくり話を聞いてくれたのも嬉しかったです。その後販売職に内定、職場仲間の応援もあり無事に大学を卒業できました。

出典:good1990

5位:UZUZ|手厚いサポートが特徴

UZUZのLP(出典:https://uzuz.jp/)

【UZUZの特徴】

  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートで就職を成功させたい人向け
  • 1人あたり平均12時間にも及ぶ手厚いサポート
  • ブラック企業を徹底的に排除している

「UZUZ」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニートで正社員での就職を目指す人に向けた転職エージェント。

徹底的なサポートでは選考企業ごとに適した面接アドバイスをもらうことや、ビジネスマナー研修・マインド研修・グループディスカッションが学べます

また若手の離職率が高い・残業時間が慢性的に長いなど、厳しい基準を定めてブラック企業排除

過去入社した方からの正確性の高いフィードバックで判断しているため、ブラック企業に入社するリスクを低減できます。

求人数1,500件以上
運営会社株式会社UZUZ
公式サイトhttps://uzuz.jp/
対象年齢・対象者20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニート
利用料金無料
対応地域全国
内定までにかかる期間最短1ヵ月

良かった点としてはサポートにじっくりと丁寧に時間をかけて転職希望者をサポートしてくれることで個別企業ごとに転職対策をサポートしてくれるので採用企業が採用したいと考えている人材を具体的に分析して、どのようなポイントに注意して面談に臨むべきなのか、といったことまできめ細かくサポートしてくれることです。またキャリアカウンセラーがIT業界にとても詳しい方が多く、他社の人材エージェントと併用することで転職に成功しやすいことです。

出典:uchida7260 男性 40代前半

UZUZに登録する前も何個か転職エージェントのサービスに申し込んでいましたが、フリーターであった私はなかなか転職先が見つかりませんでした。 しかし、UZUZに登録してからはスムーズに求人が見つかり、面接まで進むことができました。流石、若者の転職に強いということだけあると思います。 面接の前にも、担当の方と入念に面接対策を行い手厚いフォローを受けました。 職探しに困っている若者の方には是非、登録してほしい会社です。
出典:good1990

6位:マイナビジョブ20’s|大手の転職ノウハウが受けられる

マイナビジョブ20’sのLP(出典:https://mynavi-job20s.jp/)

【マイナビジョブ20’sの特徴】

  • 大手だからこそ転職ノウハウを蓄積している
  • 企業からスカウトオファーが届く機能もある
  • 信頼性の高い適性診断を受けて向き不向きがわかる

マイナビジョブ20’s」は就職支援・転職支援で有名なマイナビが運営する、20代に特化した転職エージェントです。

転職サポートの歴史が長いからこそ、フリーターでも正社員への就職が目指せるノウハウを蓄積しています。

企業からオファーが届くスカウトサービスを完備しているのも魅力です。

スカウトサービスとは、求職者に興味を持った企業から「応募してほしい」とオファーが届くこと。
オファー企業への応募は書類通過率がアップするため、必見のサービスです。

求人数4,000件以上
運営会社株式会社マイナビワークス
公式サイトhttps://mynavi-job20s.jp/
対象年齢・対象者20代の第二新卒・既卒・フリーター
利用料金無料
対応地域全国
内定までにかかる期間最短2週間

第二新卒専門サイトなので、募集をしている会社も若い人材を探しています。またキャリアチェンジも前提としてあるので、大手サイトでも未経験のため採用されない経験がある方にはぜひ登録してみてほしいです。エージェントの方のヒアリングもとても丁寧で、自分で気づかなかった業界などま案内していただけました。

出典:Kawanatsu 女性 20代前半

内定をもらえたしキャリアアドバイザーの対応にも満足。 紹介してもらえる求人数は多くなく勝手に応募もできないが、紹介してもらえる求人は私の希望を聞いた上で選んでくれているんだなと思える内容だった。 面接対策もしてもらえたし、面接後には必ずフォローの連絡をくれた。 ただどのCAについてもらえるかは運なので不快な思いをしたらチェンジを希望するべきだと思う。

‐出典good1990

7位:Re就活|学歴・職歴不問の転職エージェント

Re就活のLP(出典:https://re-katsu.jp/career/)

【Re就活の特徴】

  • 社会人経験不問・学歴不問・職種未経験歓迎などの求人が多数
  • 転職セミナーやイベントを多数開催している
  • 利用者のうち35%が社会人未経験者

「Re就活」は20代向け転職サイト1位を獲得した、利用者の多い転職エージェントです。

社会人経験不問・学歴不問・職種未経験歓迎・第二新卒歓迎の求人も多数扱っています。
利用者のうち社会人未経験者は35%と、フリーターの方にもピッタリです。

また転職セミナーやイベントも開催しており、自分に合う企業の見つけ方を知れたり企業の人事担当者と話すことができます。

オンラインでも開催しているため、自宅からでも気軽に参加できるのが魅力です。

求人数10,000件以上
運営会社株式会社学情
公式サイトhttps://re-katsu.jp/career/
対象年齢・対象者20代の社会人経験不問・学歴不問・職種未経験歓迎・第二新卒歓迎
利用料金無料
対応地域全国
内定までにかかる期間最短3ヵ月

良かった点としては第二新卒に特化した求人が豊富であり、求人紹介に長けているキャリアアドバイザーのサポートがあること。また職種が広くて未経験でも応募でき、個々の公開求人の情報量が多く、質のいい求人も掲載されていることです。

出典:uchida7260 男性 40代前半

とにかく求人数が多いのが魅力ですね。 これまでに色々と転職サイトを利用してきましたが、その中でもトップクラスに求人が充実していました。 社会人経験がほとんどない私でもエントリーできる求人が多かったのも印象的でしたね。 フリーターやニートなどで生活してきた人はぜひ利用してみてください!

出典:mo147 女性

8位:リクルートエージェント|圧倒的な求人数

リクルートエージェントのLP(出典:https://www.r-agent.com/)

【リクルートエージェントの特徴】

  • 公開求人数・非公開求人数が多い
  • 幅広い求人を扱っている
  • 書類添削や面接対策などサポート内容も充実

リクルートエージェント」は、株式会社リクルートが運営している業界最大の転職エージェントです。

フリーターに特化しているわけではないものの、多種多様な求人を扱っているのがポイント。
また業界最大の非公開求人数を誇り、公開求人数と合わせると322,111件保有しています。
※2021年8月時点。

長年の転職支援を活かした知識あるアドバイザーから、サポートを受けられるのも魅力。
安心感を重視する方や、多くの求人から選択肢を増やしたい方におすすめです。

求人数240,000件以上
運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
対象年齢・対象者全年代の社会人経験不問・学歴不問・職種未経験歓迎・第二新卒歓迎
利用料金無料
対応地域全国
内定までにかかる期間最短2ヵ月

使っている友人に勧められて利用しました。求人数が豊富で、自分の希望の求人を多く紹介してもらえます。サイトも使いやすいですし、使用に困ることがありませんでした。また、大手のサイトで安心感があって、信頼できます。

出典:seiya1181さん 男性

・求人数の多さと非公開求人の多さ。
・情報量の多さ。
・アプリも使えて便利なところ。
・リクルートというネームバリュー。
・未経験な業界や職種て気になるものがあれば紹介してもらえる。
・結果が出るのが比較的早かった。

出典:shinshin05さん 男性 30代前半

【年代別】フリーターにおすすめの転職エージェント

ITエンジニアを目指すフリーターの方におすすめしたい転職エージェントは、下記3社です。

【目的別】フリーター向け転職エージェント
※タップで詳細ページにスクロールします。

それぞれ詳しく解説していきます。

20代フリーター向け転職エージェント「就職shop」

就職ShopのLP(出典:https://www.ss-shop.jp/)

20代のフリーターの方におすすめの転職エージェントは、「就職shop」です。

利用者の9割が20代のため、マッチする求人の選択肢も多くなります。

書類選考がないので、これまでの経歴や学歴に自信がない方でも問題なく利用可能です。

アドバイザーのサポート力にも定評があるので、不安を抱える方でも随時相談をしながら手厚い支援が受けられます。

30代~40代のフリーター向け転職エージェント「リクルートエージェント」

リクルートエージェントのLP(出典:https://www.r-agent.com/)

30代~40代フリーター向けの転職エージェントは、「リクルートエージェント」です。

業界最多数の求人を誇り幅広い求人を扱うため、他の転職サイトと比較して選択肢を増やせます。

しかし30代や40代でフリーター経験しか無い場合、応募できる求人は少なくなりがちです。
他の転職エージェントと併用するなど、なるべく選択肢を増やすことが大切。

また転職活動前に仕事に役立つ資格を取得することも、転職成功へと繋がりやすくなるでしょう。

【職種別】フリーターにおすすめの転職エージェント

以下では、職種別でフリーターにおすすめの転職エージェントを紹介します。

【職種別】フリーターにおすすめの転職エージェント
※タップで詳細ページにスクロールします。

自分が転職したい業界が決まっている方は、ぜひ参考にしてください。

事務職への転職なら「就職shop」

就職ShopのLP(出典:https://www.ss-shop.jp/)

事務職への転職希望の方におすすめなのは「就職shop」です。

10000社の企業が登録されている就職shopでは、事務職求人を豊富も豊富に扱っています。

また意欲を重視する企業ばかりのため、未経験でも事務職に応募することが可能。
実際に未経験から事務職に転職した登録者も多くいます。

アドバイザーが面接練習を行ってくれるので、選考にも自信を持って臨めるはずです。

営業への転職なら「DYM就職」

DYM就職のLP(出典:https://www.dshu.jp/)

フリーターから営業職への転職を目指すなら、「DYM就職」を利用しましょう。

DYM就職は、フリーターから営業職への転職も得意とする転職エージェントです。

また最短1日で内定を獲得したこともある、スピーディーな対応力もポイント。

丁寧なサポートを受けられるので、フリーターの方でも自信を持って転職活動に臨めます。

販売職への転職なら「ハタラクティブ」

ハタラクティブLP(出典:https://hataractive.jp/)

ハタラクティブは、未経験から挑戦しやすい販売系の求人が豊富です。

またサポートはマンツーマンで、丁寧な書類添削や面接対策を受けられるため、転職活動が初めてで自信がない人でも安心。

2022年2月〜2022年4月時点に面接実施した求職者の内定率は80%を超えており、サポートの質の高さがうかがえます。

手厚いサポートを受けながら、販売系に転職したい人はハタラクティブを検討してみてください。

介護職への転職なら「ミラクス介護」

ミラクス介護のLP(出典:https://kaigo.miraxs.co.jp/)

介護業界で働きたい方は、「ミラクス介護」の利用がおすすめです。

ミラクス介護は総求人数119,000件と業界最大数を誇る、介護職に特化した転職エージェント。
非公開求人はそのうちの7割以上を占めるため、優良な選択肢も非常に豊富です。

未経験からでも応募可能な求人を多く扱うため、フリーターの方でも安心して利用できます。

介護業界に詳しいアドバイザーから支援を受けて、選考突破率を上げましょう。

フリーターが転職エージェントを利用するメリット

フリーターから正社員転職するには、フリーター向け転職サイトを有効に使うべきです。
その3つのメリットと理由をご紹介します。

「フリーターから転職なんて本当にできるの?」
「経歴や学歴に不安があって踏み出せない」

そのような方もぜひご一読ください。

フリーター向けの優良求人を紹介してもらえる

転職エージェントでは、アドバイザーとの面談を通してあなたに合った求人を紹介してもらえます。

  • 求人サイトや広告を見ていても、自分にどんな仕事が向いているか分からない
  • そもそもフリーターから正社員になれそうな求人がない
  • 本当にやっていけるか分からなくて応募する勇気が出ない

上記のような理由からなかなか応募までたどり着けない方でも、アドバイザーと希望条件や適性などを元に二人三脚で応募に臨むので心配はいりません。

アドバイザーのサポートによって、自分に合った求人と出会える可能性がぐっと高まります。

企業先に訪問して実際の雰囲気をリサーチしているエージェントも多いので、イメージと実際の環境が違ったらどうしようという不安も解消できるでしょう。

書類添削や面接対策で選考突破率が上がる

書類添削や面接対策など充実した転職支援で、選考突破率を上げられるのも大きなメリットです。

アドバイザーは、職務経歴書や履歴書の記入指導や添削までしっかりサポートしてくれます。
なかには履歴書不要で面接から選考をスタートできる企業も。

アピールできる職歴や経歴がない、どのように書けばいいか分からないという方も安心して取り組むことができます。

さらに面接時のアドバイスや模擬面接、ビジネスマナー研修などの支援を実施する転職エージェントも。

「初めての正社員への転職活動で不安」という方も、転職エージェントを活用すれば選考通過率を大幅に上げることができます。

キャリア相談に応じてもらえる

転職エージェントでは、転職のプロであるアドバイザーにキャリア相談ができるのも魅力です。

「将来のキャリアプランがわからない」「安定を求めて正社員になりたいけどやりたいことがない」という悩みも相談可能。

同世代の友人には相談しづらい・家族に理解してもらいにくいことも、アドバイザーには何でも相談できます。

今までの経験や興味からキャリアプランを一緒に考えてくれるため、将来の目標や方向性も見えてくることでしょう。

フリーターが転職エージェントを利用するデメリット

フリーターが転職エージェントを利用するデメリットは次の通りです。

担当エージェントと相性が合わない場合もある

転職エージェントを利用するとき、担当のエージェントと相性が合わないこともあります。

そうすると要望に沿った求人情報を提供してもらえなかったり、適切なアドバイスをもらえなかったりする可能性も。

もし担当者と相性が悪いと感じたら、なるべく早めに担当者の変更を申し出ましょう。

変更を申し出たからといって、転職活動で不利になることはありません。

適切なアドバイスを受けるため、信頼できるエージェントを選びましょう。

求人の応募条件に満たない場合もある

転職エージェントを利用した際に、応募したい求人の応募条件に満たない場合があります。

その場合は担当者に相談し、あなたのスキルに合った求人を紹介してもらいましょう。

また自分で見ただけでは応募条件に合っていない場合でも、実は応募可能な場合もあります。

そのため求人への応募は、担当のエージェントと一緒に行うのがおすすめです。

ブラック企業に就職したと感じる可能性もある

転職エージェントは、極力優良企業を紹介してくれますが、中にはブラック企業に感じてしまうこともあるでしょう。

エージェントが紹介してくれる時点で怪しい企業は除外してくれていますが、自分でも詳しく調べておくことでより精度を高められます。

また、求人情報には、労働環境が明確に示されていない場合もあるため、面接の際に質問するのも重要です。

フリーター向け転職エージェントの利用の流れ

転職エージェントの利用の流れは、大きくわけて以下のステップです。
利用の流れは転職エージェントによって異なるので、詳細は各サイトで確認しましょう。

【転職エージェントの利用の流れ】

  1. 転職エージェントに登録
  2. 担当者との面談
  3. 求人紹介
  4. 書類添削・応募
  5. 面接対策・面接
  6. 内定・条件交渉

転職エージェントに会員登録すると、数日の間に面談の日程調整の連絡がきます。

面談で聞いたヒアリングを元に求人紹介されるので、情報は細かく伝えましょう

応募したい企業が決まると、職務経歴書・履歴書の書類作成をサポートが受けられます。
面接対策ではアドバイスや模擬面接が受けられるところも。

内定獲得後はアドバイザーが企業に対し、条件交渉や入社日の調整を行います。
交渉してほしい条件があれば、事前にアドバイザーへ伝えておきましょう。

フリーターの転職事情|正社員就職は難しいってホント?

気になるフリーターの転職事情を解説していきます。
一度目を通して、就職活動の参考にしましょう。

また下記情報は厚生労働省のデータを参考にしています。

フリーターが正社員就職できる割合は?

厚生労働省の調査によると、フリーターから正社員になれる人の割合には年齢とフリーター期間が影響するとのことです。

具体的にフリーター期間が半年以内の場合、男性7割・女性6割が正社員へ。
フリーター期間が3年を超えると、男性6割・女性4割が正社員になれたとのことでした。

30代以降だとそれ相応の技術や知識を求められるため、さらに正社員になれる割合は減っていきます。

いずれにしても、フリーターを脱すべく早く行動を起こすことが就職成功のカギになります。

何事も遅すぎることは全くありませんので、早めにエージェントに相談してみましょう。

正社員就職しやすいおすすめ職種・業界は?

フリーターから正社員を目指しやすい職種・業界を紹介します。

  • 営業職介護職IT宅配員:人手が足りていないため、就職しやすい
  • 事務職:特別なスキルが必要でないため、誰でも馴染みやすい
  • 飲食店アパレル:フリーターでの経験を活かせるため、むしろ強みになる

以上の職種・業界は、フリーターの方でも正社員を目指しやすいでしょう。

フリーターが使うべき転職エージェントの選び方

フリーター向け転職エージェントを選ぶ際に見るべきポイントを3つご紹介します。

【転職エージェントの選び方】
※タップで詳細ページにスクロールします。

以上3点をポイントとして見ることで、自分に合う転職エージェントが見つけられます。

保有する求人数が多いか<非公開求人数も確認>

公式サイトの求人検索から、転職エージェントが扱う求人数をチェックしましょう。

求人数が多いほど、幅広い選択肢から自分に合った仕事を探すことができます。

特に社会人経験がないフリーター・アルバイトの方は未経験応募可能求人の求人数もチェックしておくのがポイントです。

もう1つ重要なのは、転職エージェントが非公開求人を保有しているかどうか。

求人を非公開とする理由の多くは、応募殺到の防止や競合企業に情報を漏らさないため
優良企業や人気のポジションが隠れている可能性が高いです。

大手企業やライバルが多い業界への転職を目指す方は、必ず非公開求人の有無を確認しましょう。

\ 圧倒的な求人数! /

サポートが充実しているか

転職エージェントのサポート体制も選び方の一つです。

自分が受けたいと感じるサポート内容があるかをチェックしましょう。

【転職エージェントの主なサポート内容】

  • 転職相談
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 面接の日程調整
  • 条件交渉

なかには入社後のサポートや悩み相談を行うエージェントもあります。

はじめて正社員就職を目指す方は、できるだけ手厚いサポートを行っているエージェントがおすすめです。

\ 丁寧なサポートが強み! /

フリーター・第二新卒・既卒向けに特化しているか

フリーター・第二新卒・既卒向けに特化したエージェントを選ぶと、より適切なサポートを受けることができます。

転職エージェントは一般的に【総合型】と【特化型】に分類されますが、フリーター向け転職エージェントは特化型に当たります。

総合型業界・職種・対象年齢などを問わない、幅広い求人を扱うエージェント。
特化型特定の業界・職種・ターゲットに特化した求人を扱うエージェント。

総合型は幅広い求人を扱う一方、特化型は特定の業界や職種に特化した求人を扱っています。

登録企業もその領域での採用に関心を寄せているので、フリーター特化のエージェントであればフリーターを採用対象にした企業に出会うことができるのです。

また企業と求職者のニーズがマッチしている分内定率が高いので、仕事も決まりやすいと言えます。

フリーターの転職エージェントの賢い使い方・ポイント

フリーター支援に特化した転職エージェント最大限に活用できる、6つのポイントを解説します。

利用にあたる注意点やコツを参考にして、転職を有利に進めましょう。

複数の転職エージェントを併用する

フリーターの方が正社員就職を目指す際は、複数の転職エージェントを併用しましょう。

求人内容やアドバイザーの質は、エージェントによって異なります。
はじめから絞り込むよりも、とりあえず登録をしてみて自分に合っているか様子を見るのがおすすめです。

また転職エージェントは無料で利用できるので、どれだけ登録しても問題ありません◎

ただしあまりに登録数が多すぎるとやりとりが大変になってしまうので、3社ほど登録しておくのがベストです。

すぐに働きたい意欲をアピールする

担当アドバイザーに「すぐに働きたい」と、意欲をアピールするのは大切なポイントです。

転職エージェントは転職支援成功数で報酬がもらえる仕組みため、転職意欲が高い求職者を優先します。

アドバイザーに意欲の高さを見せるには、「良いところがあればすぐに働きたい」とアピールすることが大切。

優先的にサポートを受けスムーズに転職するためにも、転職活動へのやる気をアピールしましょう。

アドバイザーとこまめに連絡を取る

アドバイザーとこまめに連絡を取ることも、転職活動を成功へ導くポイントです。

連絡頻度が多い場合は、まだ転職活動中であることや転職への意欲があることがわかります

連絡がないと「転職先が決まった」と思われてしまい、求人紹介メールも届かなくなったり転職支援を後回しにされることも。

良い条件の求人を紹介してもらい正社員への転職ができるよう、アドバイザーとのこまめな連絡を心がけましょう。

短期間で辞めない意思を伝える

担当者アドバイザーには、短期間で辞めないという意思をしっかり伝えましょう

フリーターの方は正社員の方と比較すると、「すぐに退職してしまうのでは」と思われがちです。

またアドバイザーは求職者の推薦状を書いて応募企業に紹介するので、すぐに辞めてしまいそうな人には求人を紹介しません

好条件の求人を紹介してもらいスムーズに転職活動を進めるために、長期間働く気でいることを伝えましょう。

アドバイザーの良し悪しを見極める

アドバイザーの良し悪しを見極めることも、転職エージェントをうまく活用するポイントです。

転職エージェントは、担当アドバイザーと二人三脚で転職活動を進めます。
転職活動を成功させる大きなカギを握るのは、求職者とアドバイザーの相性です。

「強引に応募を進めてきた」「条件と異なる求人ばかり紹介された」など疑問を感じることが多い場合は、担当者の変更をしましょう。

転職エージェントでは、担当者の変更はよくあることなので安心してください。

フリーターだった理由や学んだことを考えておく

転職前にフリーターだった理由や、その経験で学んだことを考えましょう。

なぜ正社員を選ばなかったか」「フリーターとしてどんな体験をして何を学んだのか」は、よく聞かれます。

キャリアプランを明確にするためにも、今後どうしていきたいのかを含めてあらかじめ考えておくことが大切です。

ただしいい返答が思い浮かばないという方は、アドバイザーに相談すれば問題ありません。

上記でご紹介したエージェントはフリーター転職のプロなので、気軽に相談してみましょう。

フリーターの転職体験談からわかる就職のコツ

ここでは体験談からわかる、失敗しないための対処法を紹介していきます。

それぞれ見ていきましょう。

高卒が理由で面接に落ち続けた体験談

しっかりと求人に記載がないけど実質大卒以上しか雇っていないという会社が多かったです。若干引け目を感じていたところでもあるので、面接でもどもってうまく答えられずでした。面接では学歴は必ず見られるので、仕事の経歴が少ない人にとっては不利な気がします。

独自アンケート(20代・愛知県)

転職活動において、学歴によって足切りされることは往々にしてあるようです。
求人票にでは学歴制限のない会社でも「応募してみたら落とされた」という声も挙がっています。

無駄な応募を避けるためにも、転職エージェントのアドバイザーに事前に共有しておきましょう。
また学歴については面接で言及されることが多いです。

したがってなぜ大学に行かなかったか」「高校を卒業してから打ち込んだこと」など、スムーズに受け答えできるように準備しておきましょう。

資格取得のために空白期間ができてしまった体験談

客先常駐のSESエンジニアへの転職を希望していてITパスポートを取得しようと考えました。予想より勉強が長引いてしまい仕事を3か月ほどしていない期間ができてしまったんですが、ITパスポートは就職に関係ないと言われて後悔しました。

独自アンケート(20代・東京都)

資格取得のために空白期間ができてしまうこともあるようです。

様々な資格に言えることですが、3か月ほどの学習で取得できる資格は市場価値が低く、まるで役立たないことも。

実務で得られる経験の方がはるかに有益なので、「未経験歓迎」「資格取得支援制度」と記載がある求人に応募するといいでしょう。

ハローワーク経由でブラック企業に入社してしまった体験談

知人に「ハローワークはやめとけ」と言われたもののほかに術を知らないのでとりあえず登録。トントン拍子に話が進み就職が決まりました。喜んだのも束の間、みなしサービス残業、上司からの叱責、休憩時間もろくに取れない内情でした。今ではもう少しゆっくり考えるべきでした。

ー独自アンケート(30代・東京都)

ハローワークに登録した失敗談です。
ハローワークは多くの企業が利用していますが、それは掲載料が無料であるから。

人材にかける資金的余裕がない・1年中求人を出している離職率が高い企業が多いことも実情です。

求職者はいずれのサービスも無料で使えるので、転職エージェントや転職サイトを利用するほうが賢明と言えるでしょう。

フリーターからの正社員転職にまつわるQ&A

ここからは、フリーターの転職に関する疑問をQ&A形式で解説します。

疑問をしっかり解決し、転職エージェントを活用して正社員を目指しましょう。

フリーターが就活しなかった理由は何ですか?

フリーターは、正社員よりも収入が低く毎月の給料が不安定です。

それなのにフリーターが就活しなかった理由としては、主に3つ考えられます。

  • 就職活動に失敗した
  • 夢を叶えるため
  • やりたい仕事が見つけられなかった

不本意にフリーターになるケースから、夢を叶えるためや自分探しのためにあえてフリーターを選択するケースもあります。

フリーターから就活を始める場合、フリーター期間が長ければ長いほど不利になりやすいので転職エージェントで適切なサポートを受けるのがいいでしょう。

転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職サイトと転職エージェントの大きな違いは、「キャリアアドバイザーの介入・サポートの有無」です。

転職サイトは求人情報を掲載しているサービスなので、求人探しや応募等は全て自分で行うのが基本。

一方転職エージェントは、キャリア相談から求人紹介・応募・面接・給与交渉・内定後のフォロー等一貫したサポートを受けられます。
また、登録しないと閲覧できない【非公開求人】を保有しているのも特徴です。

当記事では「転職エージェント(エージェント型転職サイトを含む)」をご紹介しています。

転職エージェントが無料で使えるのはなぜ?

転職エージェントのすべてのサービスは、すべて無料で受けることができます。

なぜなら転職エージェントは、求職者ではなく企業から貰うお金を収益としてビジネスを展開しているからです。

エージェントが求職者の内定を確約させると、企業から「成功報酬」としてお金が支払われます。
この成功報酬を利益としているため、求職者は原則全て無料で利用できるというわけです。

企業側も採用に至らない限りエージェントに費用を支払う必要はないので、効率的に採用活動を進めらることができます。

第二新卒・既卒は転職エージェントを利用できる?

第二新卒や既卒のフリーターの方でも、転職エージェントを利用できます。

第二新卒や既卒の方であれば年齢も若いため、現在フリーターだとしても多くの転職エージェントで転職支援が受けられるでしょう。

しかし一般的な転職エージェントは、正社員経験がある方も利用しています。
より早く転職するためにも、フリーター支援に特化した転職エージェントを選びましょう

高卒でフリーター経験しかないけど転職エージェントは利用できる?

経歴が高卒まででフリーター経験しかない方でも、転職エージェントは利用できます。

しかし一般的な転職エージェントだと登録はできても、転職支援を受けるのが難しいことも。
フリーターに特化した転職エージェントに登録することで、満足のいく転職先が見つかるでしょう。

こちらも年齢や経験・知識が転職成功に大きく関わります。

今すぐ転職した方がいいのか・スキルや知識を身に着けてから転職したほうがいいのか、アドバイザーに相談してみるのも賢い利用方法です。

フリーターにおすすめの転職エージェントまとめ

今回は、フリーターにおすすめの転職エージェント8選を紹介しました。

転職エージェントごとに特徴や求人数など異なり、その種類は多種多様です。

自分に合う転職エージェントを選ぶことで、正社員就職も叶えられます。

そのためにも、まずは一歩踏み出すことが大切です。

今回ご紹介したエージェントはサポート力に定評がありますので、気になるエージェントがあればまずはぜひ登録してみてください。

【当記事の執筆・運営者】

当メディアは、求人広告代理業・人材関連サービスを展開する株式会社hitocolorが執筆・運営しています。

株式会社hitocolorは、厚生労働省【有料職業紹介事業許可労働者派遣事業許可】取得企業です。

転職・人材分野の豊富な実績と知識を持つ弊社が、転職を考える皆様に有益で正確な情報をお届けしてまいります。

運営会社株式会社hitocolor
設立 2016年4月12日
代表取締役鈴木けんすけ
本社所在地〒105-0003
東京都港区西新橋2-39-8 鈴丸ビル7階
支社所在地高知支社
〒781-5232
高知県香南市野市町西野2217-1
資本金10,000,000円
事業内容求人広告代理店事業
有料職業紹介事業
自社メディア・コンテンツ運営
許認可番号有料職業紹介事業許可番号】13-ユ-310482
労働者派遣事業許可番号】派 13-314487
プライバシーマーク登録番号】第21004576(01)号

※本内容は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。