*こちらはアフィリエイトのため広告を掲載しています。

DYM就職の評判は?やばい・危険って本当?口コミ体験談やサービスの特徴を徹底解説

DYM就職のアイキャッチ

「ニートやフリーターでも本当に正社員になれるの?」
やばい・怪しいなんて声もあるけど‥」

といった不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

当サイトが独自に調査した結果は、以下のような特徴があるのがわかりました。

DYM就職の良い口コミ・評判DYM就職の悪い口コミ・評判
実店舗で親身に対応してくれた担当エージェントとの相性が悪かった
検討段階でも快く対応してくれ有意義な情報をもらえた希望条件に合った求人の紹介が無かった
30代職歴なしでも就職可能な企業を多数紹介してくれた内容が分かりずらい求人が多かった

本記事では、利用者の口コミや評判をもとにDYM就職の特徴やメリット・デメリットを解説しています。

DYM就職に興味がある方は、ぜひご一読ください。

ニート・フリーターからの就職は「DYM就職」がおすすめ!
DYM就職のLP

(出典:DYM就職

DYM就職は、ニート・フリーター等の既卒・第二新卒に特化している就職エージェントです。

担当エージェントが就職できるまでサポートしてくれて、非公開求人を含む様々な求人の中からあなたに合った求人を紹介してくれます。

  • 既卒・ニート・フリーターの就職に強い
  • 充実した面接対策
  • 内定後のフォローも可能

DYM就職はニート・フリーター特化のため、通常の就職・転職活動には物足りないかもしれません。

しかし特性が当てはまれば、業界を知り尽くしたプロの手厚いサポートで、目標に沿った就職が叶ったという声も多いです。

もし今ニート・フリーターで「そろそろ就職しないと….」「人生を変えたい!」と考えている方は、一度無料のカウンセリングを受けてみてはどうでしょうか。

DYM就職公式サイト
https://www.dshu.jp

監修者:鈴木けんすけさん

株式会社hitocolor
代表取締役社長  鈴木けんすけ

2016年9月、株式会社hitocolorに参画。2020年4月より、代表取締役社長に就任。

「働くことにワクワクする社会」を追求し、
求人広告代理店事業・有料職業紹介事業の展開、転職サイト・自社オウンドメディア運営など、人材に関わるさまざまなサービスを提供している。


【経歴】

1980年(昭和55年) 神奈川県出身
2000年4月 株式会社アールケイエンタープライズに入社
2006年2月 個人事業主としてBtoC事業運営
2012年3月 KDDI株式会社に入社
2016年9月 株式会社hitocolorに参画
2017年6月 同、執行役員に就任
2018年4月 同、取締役に就任
2019年4月 同、常務取締役に就任
2020年4月より、当企業代表取締役社長に就任。

>>監修者詳細ページはこちら


【会社HP】
株式会社hitocolor

Contents

DYM就職の評判と総評

DYM就職のLP

(出典:DYM就職公式HP)

利用者のリアルな声から分析したDYM就職の総評を以下にまとめました。

評価観点4段階で評価(★)
未経験歓迎求人数★★★★
ハイクラス向け求人数★★☆☆
求人の質★★★☆
サポート体制★★★★
コンサルタントの質★★★☆

またDYM就職の評判から分かったメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
  • DYM就職はニートやフリーターでも利用可能
  • 求職者ごとに厳選した求人を紹介してもらえる
  • 内定まで丁寧なサポートが受けられる
  • IT分野への求人も多い
  • 面談方法をオンライン・オフラインから選べる
デメリット
  • ハイクラス向け求人が少ない
  • 40代以降の方は適した求人が少ないことがある
  • コンサルタントが頼りない・強引だと感じることもある

DYM就職は学歴不問・職歴不問」をコンセプトに掲げている転職エージェントです。

専任のコンサルタントとの面談を通して一人一人に合った企業の紹介を受けられます。

また選考通過率の高さや正社員としての採用率が評価されており、未経験・第二新卒・フリーター・ニート等経歴に自信が無い方も安心して利用できるエージェントです。

一方でハイキャリア転職向けの求人が少ない傾向にあるため、人によっては「紹介してもらえる求人がない」「物足りない」と感じるケースもあります。

これらが「やばい」「危険」といった悪評を生む要因となっているようです。

DYM就職の良い口コミ・評判

DYM就職の口コミ・評判について、実際の利用者を対象に独自アンケートを実施しました。

【調査情報】
・調査方法:Webアンケート調査(クラウドワークス)
・アンケート対象者:DYM就職を利用したことがある方
・調査時期:2023年4月
・回答人数:50名

アンケート調査の結果多くみられたDYM就職の良い口コミ・評判は主に以下の内容です。

DYM就職の利用者が満足したポイントを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

実店舗で親身に対応してくれた

Hさん(20代・男性・愛知県)
評価★★★★☆4

大学を中退してしまいまともな職歴がなかったので門前払いされるのではとヒヤヒヤしながら登録。実店舗での面談があり親身に相談に乗っていただきました。求人紹介と、面接の練習にも付き合ってくださりました。対応していただいた(担当者名)さんにはとても感謝しています。

対面でもエージェントと面談ができ、求人紹介から面接練習まで親身に対応してくれたという満足の声が見られました。

現在はオンラインでも面談可能なので、都合や希望のスタイルに合わせてじっくり相談できる点はDYM就職の魅力です。

検討段階でも快く対応してくれ有意義な情報をもらえた

Sさん(30代・男性・愛知県)
評価:★★★★★5

現職でこのまま続けるか?思い切って転職をするか?と悩んでいた段階で登録しました。
市場調査だけにも関わらず快く対応いただいて非常に有意義でした。
結局半年かかって転職することにしたのですが、とてもお世話になりました。心の支えになりました。

転職するか迷っている検討段階でも快く対応してくれて、有意義な情報をくれたという声が見られました。

現在の仕事に不満があり、転職するか迷っている場合でも気軽に相談できる点はDYM就職ならではです。

30代職歴なしでも就職可能な企業を多数紹介してくれた

Gさん(30代・男性・北海道)
評価★★★★★5

30代職歴なしと趣味に生きてきたことを後悔するような年齢ですが、熱心に相談に乗ってくれ可能な限りの就職先を案内してくれました。お祈りメールがメールフォルダに溜まっていき心が折れそうな日々が続いていて、藁にもすがる思いで登録してみてよかったです。

30歳代で職歴がなくても就職可能な企業を多数紹介してくれた、という声もみられました。

20代を趣味や夢に費やし職歴に自信がない方でも、DYM就職なら豊富な企業紹介が期待できます。

既卒ならではの書類・面接対策があり内定獲得できた

Oさん(20代・女性)
評価:★★★★☆4

新卒時代に就活でうまくいかず、既卒枠として応募しました。
不安でしたがエージェントの方から履歴書の作り方と面接のポイントを教えてもらい内定をもらえました。

新卒とは異なる対策が必要な、既卒ならではの履歴者や面接の対策をサポートしてくれたという声もあります。

既卒のスムーズな内定に必要な知識や対策などのフォローをしてくれる点も、DYM就職の魅力です。

ニート期間があっても内定獲得できた

Bさん(20代・女性・東京都)
評価★★★★☆4

ニート期間が長く受け入れてもらえるか不安だったが、営業時間にも連絡しているにも関わらず、問い合わせにしっかり応じてもらえた。3社ほどの内定が決まりましたが、内定辞退の連絡も代わりにやってくれたので満足のいく対応でした。

ニートの期間があっても関係なく丁寧なサポートがあり、3社ほどの内定が決まったという声もありました。

ニート期間があり不安な方でも手厚いフォローで内定に導いてくれる点は、DYM就職ならではの魅力と言えるでしょう。

転職活動をスピーディに進められるサポートがあった

Tさん(30代・男性)
評価:★★★☆☆3

転職がサクサクと進みました。希望案件をたくさん当ててもらえてよかったです。
それ以外にも面接でこちらから質問するという指南も受けられ、おおむね満足です。

サポートが豊富でスピーディに転職活動が進められたという声もあります。

DYM就職はプロならではのサポートでスムーズに転職活動を進めたい方にもおすすめのサービスです。

\ 第二新卒・未経験・フリーター歓迎 /

DYM就職公式サイト
https://www.dshu.jp/

DYM就職はやばい?悪い口コミ・悪評

次にDYM就職の悪い口コミ評判・悪評を紹介します。

あくまでも個人の感想ではありますが、ネガティブな口コミ評判も踏まえてDYM就職の利用を検討したい方はぜひ参考にしてみてください。

担当エージェントとの相性が悪かった

匿名さん
評価不明
DYM就職がやばい。年下のアドバイザーからの見下したような面談。まるで事情聴取だった。

匿名さん(40代・女性)
評価:★☆☆☆☆1

担当者とまるで話が合わなかったです。ビジネスライクで、まるで悩みを聞いてくれる感じがしない…
転職アドバイザーという方は響きから情熱的な人だと思っていたのですが、落胆しました。

DYM就職の利用者の口コミ評判では、「担当エージェントとのが合わなかった」という感想もみられました。

ほとんどの転職エージェントは対人でのコミュニケーションなので、担当者との相性は重要なポイント。

スムーズに転職活動を進めるためにも、担当者との相性が合わないと感じた際には遠慮なく別の方を紹介してもらいましょう。

DYM就職ではメール連絡やお問合せ窓口への電話連絡により、担当者の変更を依頼できます。

希望条件に合った求人の紹介が無かった

Kさん(30代・男性・東京都)
評価★☆☆☆☆1
既卒で企画戦略系の求人は少なくないはずだが、運営事務局?の担当から「紹介できる求人はございません」と言われ、事実上の登録拒否をされた。

Sさん(30代・女性・東京都)
評価★★☆☆☆2
希望職種、年収に満たない案内ばかりされて戸惑ってしまいました。仕事をしながらの転職活動で連絡できる時間帯が限られていることは事前に伝えたはずなのに、しつこく連絡が来ました。

利用者の中には、希望条件に合った求人の紹介が無かったと感じる方も。

DYM就職を利用する中で希望条件に合った求人がみつからなければ、複数の転職サービスを併用してみることもおすすめです。

内容が分かりずらい求人が多かった

匿名さん(30代・大阪府)
評価:★★☆☆☆2

求人票の業務内容がぼかして書かれていて何をしている会社なのかよくわからない求人が多かった印象。管理職の求人はほぼないです。

内容が分かりずらい求人が多かったという感想を持たれる方もいます。

DYM就職はオンライン面談にも対応しているため、分からない事があれば担当エージェントに気軽に質問してみましょう。

DYM就職はブラック企業ばかりで危険ってホント?

DYM就職はブラック企業ばかりで危険という声もありますが、結論そのような事実はないと言えます。

理由としてはDYM就職の掲載求人はかなり厳選されているほか、アドバイザーによるマンツーマンでのサポートで1人1人に合った求人を紹介しているからです。

そもそもyahoo!知恵袋や2ch(5ch)などの匿名性が高いサイト上の口コミは、ややネガティブな傾向にあります。

利用してみていい思いをした方は、わざわざそのようなサイトに書き込まないからです。

下記でご紹介しますが実際にはサポート体制に定評があり、アドバイザーが親切という声が多く上がっています。

また「未経験歓迎・経歴不問・正社員」の求人には定評がありフリーターや第二新卒・ニートの方などには最適なエージェントです。

\ 第二新卒・未経験・フリーター歓迎 /

DYM就職公式サイト
https://www.dshu.jp/

DYM就職を利用する5つのメリット

DYM就職を利用するメリットは以下のようになります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

DYM就職はニートやフリーターでも利用可能

DYM就職は企業の採用担当者と直接選考交渉をしてくれるため、選考通過率が極めて高いです。

そもそもDYM就職の掲載求人は、フリーター・ニート・第二新卒・既卒の方がメイン対象。

そのため履歴書上の学歴や経歴で判断せず、人柄重視で採用を行うことも理由の一つです。

重視されるのは面接時の対応や熱量なので、経歴に不安がある方は登録すべきエージェントといえます。

求職者ごとに厳選した求人を紹介してもらえる

DYM就職は、非公開求人も含め様々な企業から求職者ごとに厳選した求人を紹介してくれることで知られています。

アドバイザーによるマンツーマンのサポートで1人1人に合った求人を紹介しているので、「ブラック企業を紹介されないか不安」という方にもおすすめのエージェントです。

自分に合った求人を知りたい方やミスマッチが少なく長く活躍できる求人と出会いたい方は、ぜひ登録を検討してみてください。

 

\ 第二新卒・未経験・フリーター歓迎 /

DYM就職公式サイト
https://www.dshu.jp/

内定まで丁寧なサポートが受けられる

DYM就職では、個別相談から面接対策・応募書類の書き方指導や添削といったサポートを全て無料で受けることができます。

内定が決まるまで一人ひとり丁寧に向き合ってくれるので、就職活動未経験の方でも安心して臨むことが可能です。

所属するキャリアアドバイザーは経験豊富なプロなので、不安や相談事があれば積極的に相談するようにしましょう。

IT分野への求人も多い

DYM就職は、IT企業の求人も豊富に取り揃えています。

「DYM IT転職」という同社サービスの繋がりから、IT業界とのパイプがあることが理由です。

また市場全体も拡大傾向にあるため、未経験積極採用のエンジニア求人も数多く保有しています。

「興味はあるが未経験なので不安」という方には、登録を強くオススメします。

面談方法をオンライン・オフラインから選べる

面談方法をオンライン・オフラインから選べることも大きなメリットです。

オンラインでの面談に対応してもらえるため、自宅からでも気軽に相談が可能。

またDYM就職では、東京・大阪・名古屋・福岡・札幌のオフィスをはじめ各地方にも会場が用意されています。

人生の転換点ともいえる就職活動で、腰を据えてオフラインでの相談を希望する求職者も多数。

都合の良い相談方法を選んで就職活動のサポートを受けましょう。

\ フリーター・ニート・第二新卒専門 /

DYM就職公式サイト
https://www.dshu.jp/
 

DYM就職の3つのデメリット

DYM就職を利用するデメリットもあわせて確認しましょう。

以下でより詳しく解説していきます。

ハイクラス向け求人が少ない

まず一つめですが、DYM就職はハイクラス向けの転職には不向きです。

媒体自体が「未経験・職歴不問」を理念として掲げているため、経営戦略などに携わるような求人はほぼありません。

すでに年収600万以上で、ハイクラス転職を狙う方はハイクラス向け転職エージェントを利用する方が賢明でしょう。

ハイクラス向けおすすめ転職エージェントは、別記事で詳しくまとめています。

40代以降の方は適した求人が少ないことがある

DYM就職の登録求人は、主に20代~30代を対象としたものです。

そのため30代後半から40代の方にとっては希望の求人が少ないことがあります。

36歳以上の方は、ビズリーチなどのヘッドハンティング型のサービスを利用することをオススメします。

30代におすすめの転職エージェントの記事も、併せて確認しておきましょう。

担当エージェントが頼りない・強引だと感じることもある

担当するエージェントによっては、頼りない・強引だったという声も散見されます。

ただしこれはDYM就職に限らず、どの転職サービスでも挙げられている感想です。

なぜなら当然エージェントも人間ですので、相性が合わなかったというケースも多数あります。

どうしても合わない際はメールや電話一本で担当を変更することが出来るので、相性が合わないと感じたときは遠慮なくサービス元に伝えればOK。

担当アドバイザーの変更は珍しいことではないので、心配は不要です。

DYM就職の利用がおすすめの人

以下の特徴に当てはまる方は特にDYM就職の利用がおすすめです。

  • 職歴・学歴に自信がない
  • 第二新卒・既卒である
  • 正社員未経験だが就職を目指している
  • フリーター・ニートでブランクがある
  • 出来るだけ早くスピード就職したい
  • IT業界に興味がある

これらのポイントにピンとくる方は、適正な求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

積極的に利用を検討してみましょう。

\ サービス利用は完全無料 /

DYM就職公式サイト
https://www.dshu.jp/

DYM就職の利用が向いていない人

一方で、DYM就職の利用が向いていない人の特徴を以下でご紹介します。

  • 管理職への転職を考えている
  • 40歳以上である
  • 半年から一年以上かけてゆっくり転職活動をしたい

サービスの特性上、上記のポイントに当てはまる方にはDYM就職の利用が不向きといえます。

他社のエージェントや転職サイトをうまく利用し、チャンスを広げていきましょう。

他社エージェントの特徴やおすすめの人は、次のとおりです。

向いている人特徴求人数
おすすめ転職エージェント向いている人公式サイト
ビズリーチのLP
ビズリーチ
管理職を目指す人

リクルートエージェント
40代以上
リクナビネクストのLP
リクナビNEXT
半年〜1年程度で転職したい人
おすすめ転職エージェント特徴公式サイト
ビズリーチのLP
ビズリーチ
・自分の市場価値がわかる
・求人の質が高い

リクルートエージェント
・求人数が業界最多
・大手ならではの高いサポート力
リクナビネクストのLP
リクナビNEXT
・企業からオファーが届く
・細かく絞り込んで検索できる
おすすめ転職エージェント求人数公式サイト
ビズリーチのLP
ビズリーチ
93,079件

リクルートエージェント
公開:430,412件
非公開:318,898件
リクナビネクストのLP
リクナビNEXT
80,000件以上

おすすめの転職サイト比較ランキングの記事も、ぜひ参考にしてください。

DYM就職の登録~内定までの流れ

DYM就職を利用する際の流れを、時系列順にまとめました。

それぞれの項目ごとのポイントを解説していきます。

WEB登録をする

まずはDYM就職公式HPより、WEB登録をします。

基本的な情報を入力するだけなので、所要時間は長くて2分程度です。

DYM就職公式HPより登録・基本情報を入力

後ほどDYM就職の担当者から電話がかかってくるので、なるべく電話をとれる状況下で登録するようにしましょう。(電話番号:03-5745-0202/0200)

担当エージェントと面談をする

次に、担当エージェントと面談を行います。

DYM就職の面談はオンライン・オフラインいずれでも可能です。

就職活動を行うにあたり不安なことや、希望する条件をエージェントに伝えてください。

DYM就職のカウンセリングは土日も対応していますので、都合に合わせて柔軟に予約を取ることができます。

また面談はスーツ着用の必要はなく、私服で問題ありません

対面の面談でも会場内はフランクな雰囲気なので、気軽に相談をするつもりで臨みましょう。

求人紹介を受け、選考対策をする

ヒアリングの後は、求人の紹介を受けます。

対策の内容は主に模擬面接や書類添削、企業の傾向についての打ち合わせなどです。

面接の日程調整はエージェントが代行してくれるので、担当コンサルタントとの面接対策に集中しましょう。

面接を受け、内定後就業する

面接を受け、内定が出たら晴れて就職決定となります。

DYM就職を利用した就職活動は、登録から内定までが平均約1ヶ月ほどと、かなりスピード感のあるものです。

勤務開始日の調整はエージェントが代行してくれるので、空いている日程を伝え就業先に向かいましょう。

DYM就職を上手く利用する3つのコツ

DYM就職を利用するにあたり、大切なポイントを伝えておきます。

これらのコツを行うだけで他の求職者と圧倒的な差をつけられるので、ぜひ押さえておきましょう。

イベントを活用する

DYM就職では、求職者と企業を繋げるマッチングイベントが定期的に開催されています。

これにより就職活動がスピーディに進むうえ、企業の環境や社風を事前に把握することも可能です。

あくまで任意のイベントなので強制はされませんが、時間があればぜひ参加しておくべきでしょう。

担当エージェントが合わないと思ったら変える

担当エージェントとの相性が合わない場合は、メールや電話で変更を申し出ましょう

またDYM就職には特定の分野に特化したエージェントもいるので、ご自身の目指すキャリアが明確化しているのならなおさらです。

過度でない限りは担当者の変更は問題ありませんので、正直に伝えるようにしましょう。

複数の転職サービスと併用する

現代の求職活動において、転職支援サービスを複数利用することは必須になりつつあります。

各社が保有する求人はそれぞれ分野や企業形態が異なり、複数のサービスを利用することで就職先の選択肢も広がります。

ただあまりに多くのサービスに登録してしまうと、連絡の行き違いや応募企業のバッティングが起こってしまい効率が悪くなることも。

そのため、3~4社ほどの転職エージェントに絞って登録しておくと良いでしょう。

以下からはDYM就職との併用におすすめな3社のエージェントを厳選してご紹介します。

DYM就職と併用すべき3つの転職エージェント

無数にある転職エージェントの中から、DYM就職と併用することで効果が出やすいサービスをまとめました。

向いている人特徴求人数
おすすめ転職エージェント向いている人公式サイト
ハタラクティブのLP
ハタラクティブ
既卒・第二新卒
第二新卒エージェントneoロゴ
第二新卒エージェントneo
高卒・フリーター
就職ShopのLP
就職Shop
未経験業界への転職

リクルートエージェント
40代以上
おすすめ転職エージェント特徴公式サイト
ハタラクティブのLP
ハタラクティブ
・内定率80.4%
・マンツーマンサポート
第二新卒エージェントneoロゴ
第二新卒エージェントneo
・内定獲得最短6日
・高卒やフリーター専門エージェント
就職ShopのLP
就職Shop
・利用者の9割が20代
・書類選考なし

リクルートエージェント
・非公開求人30万件以上
・転職支援実績No1
おすすめ転職エージェント求人数公式サイト
ハタラクティブのLP
ハタラクティブ
 公式に記載なし
第二新卒エージェントneoロゴ
第二新卒エージェントneo
1万件以上
就職ShopのLP
就職Shop
公式に記載なし

リクルートエージェント
40万件以上

なぜこれらの転職エージェントがオススメなのか、詳しく解説していきます。

フリーターにおすすめの転職エージェントも、気になる方は確認しておいてください。

ハタラクティブ

ハタラクティブのLP

(出典:ハタラクティブ公式HP

DYM就職と同様、既卒・第二新卒に注力した特化型エージェントが「ハタラクティブ」です。

その名の通り、未経験人材やブランクのある人材でも内定を取りやすい転職エージェントで、80.4%もの就職成功率を誇る丁寧なサポート体制に定評があります。

フリーター・ニートの方も利用できるので、DYM就職との併用で使い心地や求人内容を比較しながら求職活動を進めていきましょう。

ハタラクティブ公式サイト
https://hataractive.jp/
ハタラクティブの口コミ・評判も併せて確認しておきましょう。

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

(出典:neo公式HP

第二新卒・20代に特化した転職エージェントが「neo」です。

内定獲得まで最短6日という速さが魅力で、20代に特化しているためDYM転職と比べて若い世代にあった転職が可能です。

現在フリーターで就職を目指している人・中卒・高卒の人は、キャリアドバイザーに相談しながら転職を進めていきましょう。

neo公式サイト
https://hataractive.jp/
neoの口コミ・評判も併せて確認しておきましょう。

就職Shop

就職ShopのLP

(出典:就職Shop公式HP

「未経験・書類選考なし」を特長として掲げる「就職Shop」

エージェントが実際に企業へ訪問し、現場感を考慮した優良企業のみを厳選しています。

求職者一人一人に合った職場の雰囲気を提案してくれるので、面談に行ってみるだけでも大きな価値があるでしょう。

就職Shop公式サイト
https://www.ss-shop.jp/

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント公式HP

リクルートが運営する転職エージェント「リクルートエージェント」です。

未経験・経歴不問に特化したDYM就職に対して、こちらは色々な分野や条件を網羅した総合型のサービス。

登録求人数が20万件超と、業界最大手ならではの規格を誇っています。

無料で膨大な求人を閲覧できるため、登録だけでもしておくべきでしょう。

リクルートエージェント公式サイト
https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントの口コミ・評判も、併せて確認しておきましょう。

DYM就職についてのQ&A

DYM就職の利用に際し、よくある質問をまとめました。

気になる項目がある方は、参考にしてください。

DYM就職は費用無料で利用できますか?

求人紹介はもちろん、イベントやキャリア相談などのサービスも全て無料で受けられます。

DYM就職などの転職エージェントは、転職支援を成功させることで企業からマージンを得るビジネスモデルを基本としています。

そのため、求職者からの金銭授受を必要としていないのです。

DYM就職は職歴なしの30代でも利用できますか?

DYM就職は、職歴に自信がない30代の方でも利用可能です。

もともと職歴・学歴不問」の求人が多いサービスなので、フリーターやニートで正社員未経験の方でも問題ありません。

全て無料で利用できるので、相談だけでもしてみるといいでしょう。

登録・相談は公式サイトから
https://www.dshu.jp/

面談の際に履歴書は必要ですか?

初めて会場に行く際、履歴書は持って行かなくても構いません。

ただ経歴が一目で分かるとエージェントとの面談もスムーズに進められるため、余裕があれば持ち込むか事前にメールで送るのが好ましいでしょう。

もし学校を中退している人は、履歴書に中退と書くべきかどうかを解説している記事が参考になるはずです。

DYM就職を運営する株式会社DYMはどんな会社ですか?

DYM就職の会社概要は、以下の通りです。

項目詳細
会社名株式会社DYM
設立年月日2003年 8月22日
本社所在地東京都品川区西五反田 2-28-5 第2オークラビル 3階(受付)
支社東京・仙台・名古屋・京都・大阪・福岡・広島・札幌
資本金5,000万円
代表者代表取締役社長 水谷 佑毅

(引用:DYM公式HP「会社概要」)

長年人材業界に携わってきた会社が運営する、ノウハウの詰まったサービスと言えます。

マイページにログインできないのですが?

ログインページの「パスワードを忘れた方はこちら」項目よりパスワードの再設定後、ログインできるようになります。

それでも解決しない場合、担当のコンサルタントに電話かメールで問い合わせてみましょう。

DYM就職の退会方法は?

ログイン後、マイページトップの最下部にある「退会手続きはこちら」より退会できます。

登録情報などが全て削除されてしまうため、退会すべきかをご自身でしっかり検討したうえで判断しましょう。

新卒でも利用できますか?

DYM就職は新卒求職者の利用にも対応しています。

未経験歓迎の正社員求人が多数登録されているため、今後のキャリア形成について考えるきっかけにもなるでしょう。

「DYM就職はやばい」評判は嘘!未経験・フリーター利用可のサービス

DYM就職は経歴や学歴に不安がある方でも問題なく利用でき、コンサルタントの質も非常に高いエージェントです。

充実したサポートと理解ある登録企業によって、就職難易度を下げることができるでしょう。

まず面談を受けて自身の適性を知るだけでも十分な価値があると言えますので、ぜひ登録することをおすすめします。

\ 登録は完全無料 /

DYM就職公式サイト
https://www.dshu.jp/

【当記事の執筆・運営者】

当メディアは、求人広告代理業・人材関連サービスを展開する株式会社hitocolorが執筆・運営しています。

株式会社hitocolorは、厚生労働省【有料職業紹介事業許可労働者派遣事業許可】取得企業です。

転職・人材分野の豊富な実績と知識を持つ弊社が、転職を考える皆様に有益で正確な情報をお届けしてまいります。

運営会社株式会社hitocolor
設立 2016年4月12日
代表取締役鈴木けんすけ
本社所在地〒105-0003
東京都港区西新橋2-39-8 鈴丸ビル7階
支社所在地高知支社
〒781-5232
高知県香南市野市町西野2217-1
資本金10,000,000円
事業内容求人広告代理店事業
有料職業紹介事業
自社メディア・コンテンツ運営
許認可番号有料職業紹介事業許可番号】13-ユ-310482
労働者派遣事業許可番号】派 13-314487
プライバシーマーク登録番号】第21004576(01)号

※本内容は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。