*本ページはプロモーションが含まれています

コンサル転職で後悔する人の特徴は?失敗談をもとに成功のポイントを徹底解説

コンサル転職 後悔のアイキャッチ

年収が高い」「エリートが多い」など、なにかと良いイメージを持たれがちなコンサル業。

しかし一方で「コンサルに転職して失敗した」「後悔した」といった声が散見されることも事実です。

そこで当記事では、以下の内容について解説します。

コンサルファームへの転職を考えている方は、ぜひご一読ください。

後悔しないコンサル転職には「アクシスコンサルティング」がおすすめ

アクシスコンサルティングのLP

(出典:アクシスコンサルタント公式HP

アクシスコンサルティングは各ファームのCEOクラスと強いパイプを持っており、独占求人や非公開求人を多く有しています。

また業界的に内々で採用活動を行いたい業界風土があることから、アクシスコンサルティングでしか求人を出さない企業も多数。

平均3年に渡る中長期的なサポートもあるため、転職後のアフターフォローや職場環境のミスマッチ対策もできます。

手厚いサポートを受けることができました!

キャリアアドバイザーは非常に知識が豊富で、履歴書の書き方一つでも自分に足りない部分を細かくアドバイスして貰えました。じっくりと面談した事で漠然としていた目標も明確になり、効率良く自分の理想にあった職場を探せたと思います。ちなみに面接のスケジュールなども全てキャリアアドバイザーが代行してくれたので、仕事に支障をきたす事もありませんでした。手厚いサポートによって無事に意中の企業へ転職が決まり、今は新しい仕事に情熱を注いでいます。条件面はもちろん、職場の雰囲気にも満足しています。

ひろしさん
コンサルティング業界に強いエージェントです。
コンサルタントから別の職種への転職もサポートしているのがユニークです。アドバイザーは私のこれまでのキャリアに基づき、中長期的なキャリアプランを提案してくれました。コンサルティング業界に強いだけあって、提案内容は合理的で納得できる内容でした。現在はこのエージェントに紹介された事業会社で経営企画担当マネージャーとして働いています。単なる求人の紹介にとどまらず、キャリアプランに基づいて求人を紹介してくれましたので、非常に満足しています。
ーユニコーンさん

アクシスコンサルティング公式サイト
https://www.axc.ne.jp/

【当記事の監修者情報】

監修者:鈴木けんすけさん

株式会社hitocolor
代表取締役社長  鈴木けんすけ

2016年9月、株式会社hitocolorに参画。2020年4月より、代表取締役社長に就任。

「働くことにワクワクする社会」を追求し、
求人広告代理店事業・有料職業紹介事業の展開、転職サイト・自社オウンドメディア運営など、人材に関わるさまざまなサービスを提供している。


【経歴】

1980年(昭和55年) 神奈川県出身
2000年4月 株式会社アールケイエンタープライズに入社
2006年2月 個人事業主としてBtoC事業運営
2012年3月 KDDI株式会社に入社
2016年9月 株式会社hitocolorに参画
2017年6月 同、執行役員に就任
2018年4月 同、取締役に就任
2019年4月 同、常務取締役に就任
2020年4月より、当企業代表取締役社長に就任。

>>監修者詳細ページはこちら


【会社HP】
株式会社hitocolor

Contents

なぜ「コンサルはやめとけ」と言われるのか?

コンサル転職をした人の中には「失敗した・後悔した」と感じ、「コンサルはやめとけ」という声も散見されます。

理由としては以下の3つが主な原因です。

それぞれ解説していきます。

長時間労働が基本で体調不良になりやすい

大前提として、コンサルは以下のように残業時間が長く、長時間労働の職場が多いです。

企業名残業時間(月間)
ドリームインキュベータ(日系コンサル)71.9時間
リブ・コンサルティング(日系コンサル)78.4時間
マッキンゼー・アンド・カンパニー(外資コンサル)81.8時間
ベイン・アンド・カンパニー(外資コンサル)69.3時間

日系・外資両方の有名コンサル企業の残業時間は上記のとおりです。

月間の営業日が20日で通常の勤務時間が8時間と計算すると、月に70時間残業した場合一日平均で3.5時間の残業時間となるでしょう。

また日によっては早朝にオフィスに到着し、帰りは深夜にタクシーで帰ることもあります。

一部の企業では労働環境の見直しが進んでいますが、長時間労働が常態化している企業は少なくありません。

コンサルに転職をするのであれば、事前に事業所の平均残業時間は把握しておくべきでしょう。

年収は高いが時給にすると意外と低い

先述の通りコンサルの勤務時間は非常に長いため、「年収を時給換算すると以外に安かった」と後悔するケースも多くあります。

年収1000万円のコンサルと、他業種の年収700万円の場合の時給を比較してみましょう。

コンサルタント3,623円(時給)=1,000万円(年収)÷2,760時間【年間勤務時間(8時間+3.5時間の残業)】
他業種3,645円(時給)=700万円(年収)÷1,920時間【年間勤務時間(8時間残業なし)】

一見すると年収1,000万円のコンサルタントの方が稼いでいるように見えますが、時給換算だと年収700万円のサラリーマンよりも低いです。

長時間労働と高収入が隣り合わせなコンサルタントの場合、年収を時給にすると意外と高くありません。

そのため転職して後悔をする前に、年収だけではなく時給換算したときの金額も意識して下さい。

熾烈なUP or OUTの世界でプレッシャーが大きすぎる

コンサルは成果によって20代でも年収1,000万円超えの可能性がある一方で、成果が上がらなければ給与は上がりません。

30代・40代になっても成果が上がらなければ、下よりも年収が少ないことはよくある話です。
また最悪の場合、事実上のクになることも珍しくありません。

このようにコンサルタントは良くも悪くも実力次第の世界のため、大きすぎるプレッシャーに耐えられない場合もあります。

コンサルに転職して後悔しないために、事前にノルマや評価制度は面接時に確認するようにして下さい。

アクセンチュアなどの大手コンサルファームは激務

コンサル志望者から特に人気の高いアクセンチュアなどの大手コンサルファーの場合、入社後に後悔をする人が多いです。

大手コンサルファームだからこそ、以下のようなつらい側面も存在します。

  • アサインされるプロジェクトのレベルが高い
  • 求められるクオリティが高すぎる
  • 長時間労働により時間が取れない

アクセンチュアのような大手コンサルファームの場合、クライアントも世界的に有名な企業が多いです。

大手企業を相手にコンサルを行うため、必然的にレベルの高い案件が多くなることは当然でしょう。
大手コンサルファームの場合、業界を席巻し続けるためにも常にトップを走らなければなりません。

そのため全てのファームではないものの、入社後数年間は自分の時間を確保することが難しい現状があります。

コンサル転職で後悔する人が多い3つの理由

コンサル転職での失敗を避けるには、まず「なぜ後悔するのか」を把握しておきましょう。

上記3点は転職後に後悔しやすいポイントなので、転職前に確認しておきましょう。

前職の経験に頼りすぎているから

コンサル業界はクライアント企業の支援を行うため、常にインプットが必要な仕事です。

前職で大きな実績がある人の場合、間違った自信を持ち既存の知識に頼りがちになってしまうケースもあります。

最近だとDXの分野などが注目を浴び、3ヶ月おきに取り扱う商材が変わることも珍しくありません。

そのため前職でのスキルや実績があったとしても、常に新しい知識をインプットする姿勢を貫いていく必要があります。

戦略への憧れが強すぎるから

コンサルの花形的ポジションでもある、戦略系コンサルタントに就くまでの道のりは長いです。
自分の憧れや理想にたどり着くまでに、挫折してしまうケースも少なくありません。

入社数年間はアナリストやアソシエイトとして、資料やデータ整理を行うことが多いです。

クライアントの前で提案を行うまでには、地道なオフィスワークなどもこなしていかなければなりません。

将来的に戦略系で活躍をしたいのであれば、最初の数年間は地道に実績を積んでいくようにしましょう。

自分のペースで仕事をしたいから

コンサルタントはクライアントありきの仕事のため、スケジュール通り仕事が進まないケースも多くあります。

急な依頼で明日までに資料を作ったり、トラブルがある際は休日にクライアントのオフィスまで出向く場合も珍しくありません。

そのため自分の予定が立てづらく、ワークライフバランスが崩れがちになります。

コンサル転職で失敗しないためには、事前にその事業所がどのようなクライアントと仕事をしているかも把握しておくと良いでしょう。

コンサル転職で後悔した人の体験談3選

コンサル転職をした人の中で、特に後悔したとの声が多かったのが以下のケースです。

上記3点を体験談とともに、詳しく解説していきます。

入社前と入社後のギャップに後悔した体験談

もともとはコンサルタントとして成長したく、最新テクノロジーを使った提案を想像していました。しかし、実際に入社するとSIプロジェクトがメインで、イメージしていたコンサルタント像とは全然違い失敗したと感じました。コンサルティングファームというよりもIT企業に近いため、コンサルタントとしてのスキルはあまり付きづらいです。

Tさん 20代男性 アソシエイト

コンサルタントといっても、業務内容は多種多様です。

そのため事前に業務内容や配属予定部署を確認しておかないと、上記のように入社後にャップを感じて後悔するケースも多くあります。

さらに激務になりがちなコンサルタントの場合、希望の業務ができないことからモチベーションの低下にもつながるでしょう。

コンサル転職で失敗しないよう、入社前に具体的な仕事内容やキャリアビジョンは確認するよう注意して下さい。

「使えない中途入社」と言われ辛い思いをした体験談

私のいたファームでは、中途がなかなか出世しづらい雰囲気がありました。なぜか同じ結果を出していても新卒はすごい、中途はまだまだといった空気があります。結果を出していてもなかなか昇進できず、少しの失敗で周りからは「使えない中途社員が来た」というイメージを持たれました。結局実力主義の中途の場合、一度使えないと思われてしまうと居心地も悪く転職して後悔しました。

Sさん 30代男性 コンサルタント

中途入社は即戦力としてカウントされることが基本です。
さらにUP or OUTが激しいコンサルの場合、中途社員の成果にはシビアな事業所が多いでしょう。

そのためいざ中途入社したもののなかなか成果が挙げられない場合、周囲からの目も冷たくなるケースもあります。

コンサルで成果を上げ出世することは難しいので、使えない中途社員にならないよう自分のスキルに見合ったファームを見つけることも重要です。

SEからITコンサルに転職して後悔した体験談

顧客に対してITを用いたソリューションを提供したく、SEからITコンサルタントへ転職をしましたが、全体的には失敗したなと思います。多角的な提案ができると思っていましたが、提案以外の時間はひたすらパソコンと向き合う日々。結局クライアントと話す時間も減り、むしろ提案や直接的な支援のシーンは減りました。

Kさん 30代男性 アソシエイト

近年SEとITコンサルタントの境目は、徐々になくなりつつあります。

ITコンサルタントは上流工程から案件定義に携わり、顧客の課題をITの力で解決することがミッションです。

顧客と接点を持ちクライアント企業の内側から支援をしたいと思っていても、事業所によってはデスクワークがメインになるケースもあります。

転職後に以前と比べ顧客と向き合えないことに後悔をするケースもあるので、どの程度提案に関われるかは事前に把握しておきましょう。

【コンサルファームに向いている人】コンサル転職に成功する人の特徴

コンサル転職で失敗をしないためには、成功している人の特徴を把握することが必要です。

コンサルに向いている人は上記のような特徴があるので、以下の詳細を参考にして下さい。

スキルを身に着けたいと考える人

コンサルは職業柄、多くのリサーチやデータ分析が必要なため多様なスキルが求められます。

また時代の変化にも対応しなければいけないため、激変する業界の中で勝ち残るには多くのスキルが必要です。

そのため常に自分をアップデートし、スキルを磨き専門性を高めたい人はコンサルタントに向いているといえるでしょう。

知的好奇心が旺盛な人

他社への支援を生業とするコンサルタントは、クライアントや同業他社の情報も多くインプットしなければなりません。

特に難しい案件ではインプット量も多くなるため、様々な分野に好奇心を持っている人のほうが吸収力も高いでしょう。

また「好きこそものの上手なれ」ともいうように、知的好奇心があり積極的に情報を取り入れていく人は自然と成長速度も早くなります。

感情的な思考論が苦手な人

クライアントへのソリューションは、事実に基づいた仮設設計から始まるため論理的思考が求められます。

つまり、感情論では正確なデータを導き出すことは難しいです。

そのため「なんとなく」「感覚や熱意」ではなく、ロジカルに物事を考えられる人はコンサルタントに向いているでしょう。

入念な企業調査をしてから入社する人

コンサルの仕事内容は多岐にわたるため、事前に業務内容などの企業調査を行った方が入社後に後悔するケースは少ないです。

コンサル転職後に後悔する多くの人がギャップを感じたり、イメージ通りのキャリアを歩めずにいます。

業務の幅が広く何でもできるコンサルタントだからこそ、自分に何を求められているのかを把握したうえで入社を決めるようにしましょう。

コンサル転職に失敗しないための3つのコツ

コンサル転職後に後悔しないためには、応募先を決める段階が非常に重要です。

上記の3つはコンサル転職で後悔しないためのポイントなので、意識しておくといいでしょう。

コンサルファームの業務内容を正しく理解する

大企業を相手にコンサルティングを行うイメージがあるものの、実際は地道なリサーチや資料作りが多いのがコンサル業というものです。

良い面ばかりに目がいきがちですが、悪い面やつらい部分も事前に把握するようにしましょう。

特に入社数年間の間は、アソシエイトとして先輩コンサルタントのアシスタントとして下積みをするケースがほとんどです。

その間は自らがクライアントにプレゼンをし、自分で戦略設計を行ったりソリューションの提案をする機会は多くありません。

イメージだけでコンサルに転職をするとギャップを感じるため、事前に正しいコンサルの業務内容は把握しておくべきでしょう。

志望企業の下調べを行う

コンサルティングファームといっても以下のとおり様々な種類があるため、事前に下調べを行いましょう。

  • 戦略系コンサルティング
  • 総合系コンサルティング
  • ITコンサルティング
  • シンクタンクコンサルティング
  • 人事系コンサルティング

企業の経営支援したい人が人事コンサルティングに入ると、イメージしていた業務内容とは大きく異なるでしょう。

コンサルティングの定義は「相談を受け、正しく指導する」ことです。
しかし何について相談を受け、どのような指導をするのかは担当する領域により大きく異なります。

入社後に後悔しないためには、志望先のファームが希望の業務を行っているか確認するようにして下さい。

コンサル業界に強い転職エージェントを使う

コンサル転職で失敗しないためには、コンサルティングファーム特有のケース面接など難しい選考に勝ち抜くことが必須です。

コンサル業界に特化したエージェントであれば、よくされる質問や面接時の受け答えの指導など様々なサポートを受けられます。

自信を持って選考に進みたいのであれば、コンサル業界に実績のあるエージェントをいくつか利用するといいでしょう。

コンサル転職におすすめの転職エージェント4選

コンサル転職には、ハイクラス層への転職支援の実績があるエージェントがおすすめです。

上記はいずれもコンサルを始めとする、ハイクラス層への転職支援実績が多いエージェントです。
それぞれ特徴を解説していきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントLP

(出典:リクルートエージェント公式HP

国内最大級の非公開求人数を誇るリクルートエージェントは、コンサルタントの非公開求人も豊富に保有するエージェントです。

  • 面接対策・提出書類の添削など、サポートが充実
  • 非公開求人を多数保有

非公開求人は公開すると応募が殺到してしまうような好条件求人の場合がほとんどであり、ハイクラス層への転職可能性が高いと言えます。

またリクルートエージェントの転職サポートは非常に手厚いことで評判です。

提出書類の添削・面接対策だけでなく企業分析による組織の情報提供なども行ってくれるため、難易度の高いコンサル転職にとってありがたいサポート体制でしょう。

自分が理想とするハイクラス層への転職を目指したい人は、ぜひ一度リクルートエージェントで求人チェックしてみましょう。

リクルートエージェント公式サイト
https://www.r-agent.com/

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングのLP

(出典:アクシスコンサルタント公式HP

コンサル転職を検討する人の中で人気の高いエージェントが、アクシスコンサルティングです。

  • 各コンサルティングファームとのパイプがある
  • 長期に渡りサポートをしてくれる

コンサル転職に強いことで有名なアクシスコンサルティングでは、各ファームのCEOクラスと強い繋がりがあります。

定期的にCEOクラスと会う機会を設けているため、各ファームもアクシスコンサルティングの推薦する人材に対しては大きな期待を寄せているでしょう。

また平均3年に渡る中長期的なサポートがあるため、転職後のアフターフォローや職場環境のミスマッチ対策もできます。

コンサルに転職した後も長きに渡りサポートをしてくれるため、安心して次の転職も任せられるでしょう。

アクシスコンサルティング公式サイト
https://www.axc.ne.jp/

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトのLP

(出典:リクルートダイレクトスカウト公式HP

800~2,000万円クラスの求人を多数掲載しているリクルートダイレクトスカウトは、多くの優良コンサル求人を抱えています。

  • ヘッドハンティング型サービスなので待っているだけで良い
  • ハイクラス転職のノウハウがある

リクルートダイレクトスカウト最大の特徴は、ヘッドハンターからのスカウト機能です。
現職で忙しい人でも、待っているだけで魅力的なコンサルの求人を紹介してもらえるでしょう。

また数多のハイクラス転職への支援実績から、選考の突破方法に対するノウハウに精通しています。

そのため難易度の高い選考に不安あがる人は、リクルートダイレクトスカウトポートをうまく活用することをおすすめします。

リクルートダイレクトスカウト公式サイト
https://directscout.recruit.co.jp/

ビズリーチ

ビズリーチLP

(出典:ビズリーチ公式HP

即戦力募集を多く行っているビズリーチも、コンサル転職とは相性の良いエージェントです。

  • キャリアアドバイザーの質が高い
  • 自分の市場価値を把握できる

キャリアアドバイザーのレベルが高いことで知られており、端的で的確なアドバイスを求めている方におすすめのサービスです。

またビズリーチのツールを利用することで、自分の市場価値を把握できます。

診断後に自分の市場価値とマッチするコンサルティングファームへ転職をすることで、入社後にギャップを感じ後悔することも避けられるでしょう。

ビズリーチ公式サイト
https://www.bizreach.jp/

コンサル転職にまつわるQ&A

コンサル転職にまつわる質問点をまとめました。
転職後に後悔しないよう、事前に確認し参考にして下さい。

それぞれの詳しい回答を解説していきます。

コロナ禍におけるコンサル転職の難易度は?

コンサル転職の難易度は、有効求人数の観点から見るとやや下がっています。

2020年5月から2021年9月にかけコンサルタントの有効求人数は継続的に上昇中です。
(参考:ムービンストラテジーキャリア公式HP「コロナウイルスによるコンサル採用動向は?」より)

つまりコロナウィルスに関係なく、多くのコンサルティングファームで人手不足の状態が続いていいます。

現在は人材を必要としている事業所が増えているため、相対的に見て従来より転職を成功させられる確率が高いといえるでしょう。

業界未経験の30代だとコンサル転職は難しい?

30代前半でなおかつ前職で企画系やマーケティング系の業務をしていれば、コンサルに転職できる可能性はあります。

上記の職種はコンサルティングでも活かせるうえに、30代前半であれば年齢的に見ても大きなデメリットにはなりません。

しかし未経験の30代後半の場合、コンサルへの転職は難しいでしょう。
30代後半ともなれば、コンサル業界ではマネージャーになる人も出てくる年齢です。

そのため全くの未経験で30代後半からアナリストやアソシエイトからスタートすることは、やや難しいといえます。

未経験からコンサルファームへの中途入社はきつい?

未経験でもコンサルファームで活かせるスキルがあれば、転職は可能です。

クライアントの課題解決を行ったり、データや市場の調査などの経験があればコンサルでも活かせます。

ただコンサルでは求められる仕事のレベルが高いため、一定水準以上の実績が必要です。
また選考時にもケース面接など難しい部分もあるので、コンサルに強いエージェントを使うと良いでしょう。

メーカー経験は製造コンサルタントへの転職に有利?

メーカーでの経験を通し製造の一連の流れを把握していれば、コンサル転職の際有利になります。

末端の作業員としての経験だけだと厳しいですが、工程の管理や顧客との折衝経験があればコンサルでも活かせます。

そのためメーカーで工程全般と関わった経験があれば、製造コンサルタントへ転職できる可能性は高いです。

ITコンサルへの転職はエンジニア経験が必須?

ITコンサルの出身者には多くのエンジニアがいますが、エンジニア経験がないからITコンサルができないとも限りません。

コンサルは課題解決のための手段としてITを利用する一方で、エンジニアは顧客の要望をITで表現します。

そのためコンサルの場合、ITの知識よりもITを利用しどのように課題を解決するか考える力が必要です。

ただエンジニア経験を通しITの知識を身に着けていれば、選考が有利に進みます。

このようにエンジニアの経験はあると有利ですが、必須ではありません。

コンサル転職での後悔・失敗を防ぐには事前の下調べがカギ

コンサル転職への後悔を無くすためには、仕事内容や企業の方向性を把握することが重要です。

できることの多いコンサルだからこそ、りたいこと」「求められること」を事前に理解することが転職成功への近道と言えます。

コンサル業そのものや各企業の特性を理解し、理想のコンサル転職を手に入れましょう。

【当記事の執筆・運営者】

当メディアは、求人広告代理業・人材関連サービスを展開する株式会社hitocolorが執筆・運営しています。

株式会社hitocolorは、厚生労働省【有料職業紹介事業許可労働者派遣事業許可】取得企業です。

転職・人材分野の豊富な実績と知識を持つ弊社が、転職を考える皆様に有益で正確な情報をお届けしてまいります。

運営会社株式会社hitocolor
設立 2016年4月12日
代表取締役鈴木けんすけ
本社所在地〒105-0003
東京都港区西新橋2-39-8 鈴丸ビル7階
支社所在地高知支社
〒781-5232
高知県香南市野市町西野2217-1
資本金10,000,000円
事業内容求人広告代理店事業
有料職業紹介事業
自社メディア・コンテンツ運営
許認可番号有料職業紹介事業許可番号】13-ユ-310482
労働者派遣事業許可番号】派 13-314487
プライバシーマーク登録番号】第21004576(01)号

※本内容は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。