*本ページはプロモーションが含まれています

大阪でおすすめの介護向け転職サイト!大阪府の転職事情や職場選びのコツも解説

大阪でおすすめの介護転職サイト

大阪で介護士として働きたい人」限定で、おすすめ介護向け転職サイトを分類別に解説します!

  • 雇用形態別おすすめ転職サイト・・・正社員やパートなど
  • 職務内容別おすすめ転職サイト・・・介護事務や介護営業など
  • 条件別おすすめ転職サイト・・・ 無資格や夜勤なしなど

「転職サイトが多くて選びづらい」
「どれも同じに見えてしまう」
とお悩みの人も、ぜひ本記事を参考にしてください。

【当記事の監修者情報】

監修者:鈴木けんすけさん

株式会社hitocolor
代表取締役社長  鈴木けんすけ

2016年9月、株式会社hitocolorに参画。2020年4月より、代表取締役社長に就任。

「働くことにワクワクする社会」を追求し、
求人広告代理店事業・有料職業紹介事業の展開、転職サイト・自社オウンドメディア運営など、人材に関わるさまざまなサービスを提供している。


【経歴】

1980年(昭和55年) 神奈川県出身
2000年4月 株式会社アールケイエンタープライズに入社
2006年2月 個人事業主としてBtoC事業運営
2012年3月 KDDI株式会社に入社
2016年9月 株式会社hitocolorに参画
2017年6月 同、執行役員に就任
2018年4月 同、取締役に就任
2019年4月 同、常務取締役に就任
2020年4月より、当企業代表取締役社長に就任。

>>監修者詳細ページはこちら


【会社HP】
株式会社hitocolor

Contents

大阪でおすすめの介護転職サイトランキング5選

まずは、大阪府の介護士向け転職サイトをおすすめランキングで紹介します。

※タップで詳細ページへスクロールします。

1位:きらケア

きらケアのLP(出典:きらケア公式HP

大阪府内の求人数★★★★☆
約5,800件+非公開求人
求人の質★★★★★
サポート力★★★★★
レスポンスの早さ★★★★★
【きらケアの特徴】

  • 無資格・未経験の求人が豊富
  • 派遣の求人も質が高い
  • キャリアアドバイザーの交渉力が高い

きらケア」は、求人数が多いことに加え、無資格・未経験求人も豊富な転職サイト

大阪府内でも、「未経験可は約1,700件」「無資格者可は約1,200件」の求人が出されています。

また、正社員やパートアルバイト求人だけでなく、派遣会社として派遣求人も保有
派遣求人の質が高く、以下のような福利厚生を取り揃えます。

  • 社会保険
  • 健康診断
  • 有給休暇取得
  • 資格取得のための支援講座

交渉力が高い点もきらケアの強みです。

給与面はもちろんのこと、「夜勤の回数」や「休日の日数」に至るまで、キャリアアドバイザーが施設に対して交渉してくれます。

サイトでは47都道府県をさらに市町村ごとに分類し、求人表記をしているのが見やすくて良かったです。希望する福祉施設の形態や勤務地をプロフィールに記入しておけば、候補となる求人があった際にはメールでお知らせを送ってくれるのですぐにチェックが出来ました。各種求人には最寄り駅の場所・福利厚生・寮の有無など、働き手にとって最も知りたい情報も見やすい位置に記載されており、利用しやすかったです。

ーみみさん 2019年3月21日

職場選びを親切に手伝ってくれてとても助かりました。人間関係が原因で前の職場を辞めてしまったことをキャリアアドバイザーに打ち明けると、私に合った介護施設を紹介してくれました。「利用者様のためにスタッフ一丸となって頑張るぞ!」といった雰囲気がない介護施設に就職できて、面倒な人間関係に悩まされることがなくなりました。スタッフ同士の親睦を深めるための鬱陶しい飲み会などもありません。また、私は理不尽に怒られることに我慢ができない性格なので、パワハラがない職場という条件も考慮してもらえて有難かったです。

ーあーちゃんさん 2018年10月20日

きらケア公式サイト
https://job.kiracare.jp/

2位:介護ワーカー

介護ワーカーのLP(出典:介護ワーカー公式HP

大阪府内の求人数★★★★★
約12,200件+非公開求人
求人の質★★★★☆
サポート力★★★★☆
レスポンスの早さ★★★★★
【介護ワーカーの特徴】

  • トップクラスの公開求人数を保有する
  • 年収アップを狙える求人が多い
  • アドバイザーが持つ施設情報量が豊富

介護ワーカー」は大阪府内だけでも12,000件以上と、業界トップクラスの求人を保有する転職サイトです。

もちろん公開求人数だけでなく、登録者限定に公開される非公開求人も保有します。

年収アップの目指せる求人が多いのも特徴。
大阪府だけで年収500万円以上の求人も50件ほど揃えます。

求人紹介時には、アドバイザーから施設情報を聞くことも可能です。
実際に入社した方の情報」や「職場の雰囲気」も提供してもらえます。

介護ワーカー公式サイト
https://kaigoworker.jp/

3位:マイナビ介護職

マイナビ介護職のLP(出典:マイナビ介護職公式HP

大阪府内の求人数★★★★★
約6,500件+非公開求人
求人の質★★★★☆
サポート力★★★★★
レスポンスの早さ★★★★☆
【マイナビ介護職の特徴】

  • 人材業界大手による安心感
  • 転職前の職場見学が可能
  • 自分のペースで利用ができる

マイナビ介護職」は、人材業界大手のマイナビが運営する転職サイトです。

業界を知り尽くしたマイナビは信頼感が抜群。
転職に必要なサポートは一通り揃っています

希望をすれば、面接前もしくは面接時に職場見学をセッティングしてくれるのも魅力。
転職前のミスマッチも最大限防げるでしょう。

また、自分のペースに合わせて利用できる「じっくり転職」「スピード転職」を選ぶこともできます。

じっくり転職
  • 現職の都合ですぐに転職できない人向け
  • 定期的に希望に沿った求人情報を提案してくれる
スピード転職
  • 最短10日で転職が目指せるサービス
  • 1週間後には施設の見学や面接まで手配が可能

私は出産後、一年経った時点で介護職に復帰しようと思っていたのですが、前の職場の雰囲気が悪くて条件も良くなかったので、こちらに登録させて頂きました。
想像以上に、専任のアドバイザーが自分の希望を細かく聞いてくれて、勤務先の雰囲気なども教えてくれたので心強かったです。

地方なので都内より、求人が少ないんじゃないかと不安がありましたが、考えているよりは紹介も沢山してもらえて助かりました。
子供がまだ小さいので夜勤のないデイサービスに就職が決まってほっとしています。
条件もお給料も前より、ずっといい職場なので安心して仕事に集中できています。

ーみきさん 2020年10月20日

介護職の求人を探している時に出会ったサービスです。地域の求人が非常に多くあったので驚きました。その他の求人媒介を利用していましたが、あまり件数がヒットしないで希望の職種は諦めようと思っていたのですが、無事に介護職に就く事ができました。待遇も良い求人があり、どこにしようか悩めるとは思っていませんでしたので、利用して良かったです。無資格でも雇用してもらえる求人を探しており、それなりの件数がヒットして条件も良い。このサービスを転職の時に使った事は大正解だったと自分で思っています。介護職をしたいと思っているなら最適です。

ーまさるさん 2020年10月20日

マイナビ介護職公式サイト
https://kaigoshoku.mynavi.jp/

4位:かいご畑

かいご畑のLP(出典:かいご畑公式HP

大阪府内の求人数★★★☆☆
約1,100件+非公開求人
求人の質★★★★★
サポート力★★★★★
レスポンスの早さ★★★★☆
【かいご畑の特徴】

  • 資格取得支援制度がある
  • 施設見学のできる求人が多数
  • 細かい条件で求人検索ができる

かいご畑」は、無資格の人でも利用がしやすい転職サイトです。
派遣スタッフとして登録すれば、無料の資格取得支援制度が利用できます。

また、転職前に施設見学可能な求人を多く取り扱うのも特徴の一つ。
実際に現場を見ることで、求人情報だけではわからないような職場の雰囲気を知れるでしょう。

かいご畑は、次のような細かい条件で求人を探せるため、「あらかじめ目星をつけておきたい」という方は一度覗いてみるといいでしょう。

  • 無資格・未経験OK
  • ブランク復帰歓迎
  • 日勤のみ
  • 夜勤専従
  • 給与日払いOK
  • マイカー通勤OKなど

年齢的なものもあり、40代転職に比較的積極的な介護職での就職も視野に入れ応募しました。
地域、年収、求人条件を絞り検索した後、しばらく経ってサイトのオペレーターから電話も今現在の仕事の状況、働き初めの時期等色々聞いて頂き、数件の条件にあった求人を紹介して頂きました。
現職の職種は介護職ではありませんでしたが、条件内で未経験での勤務可能な施設をわずかな時間で探して頂いたのは、すごく介護業界においてネットワークが広いなと感じ、また通常では電話がかかってくると、尻込みをしてしまいがちですが、オペレーターの方の親切な応対に感心し非常に交換が持てました。

ーカズさん 2017年3月25日

かいご畑で働き始めてから介護資格を無料で取れることを知って、担当者に連絡後すぐに申し込み。
最短の日程で調整してもらい受講開始。
座学が全てオンラインだったので無駄な移動時間もなく、交通費もかからなかった。
実技も1日だけで全ての研修を修了。
その後1週間程度で資格証も届いて満足です。
ただ一点テキスト代がかかってしまうので、そこが残念でした。
それでも10万円超えの資格を無料で取れるのはありがたい。
しかも働きながらシフトも調整してもらえるのでお金の心配もなし。

ーとくめいさん 2021年7月23日

かいご畑公式サイト
https://kaigobatake.jp/

5位:ココカイゴ転職

ココカイゴ転職のLP(出典:ココカイゴ転職公式HP

大阪府内の求人数★★★☆☆
約1,400件+非公開求人
求人の質★★★★☆
サポート力★★★★☆
レスポンスの早さ★★★★★
【ココカイゴ転職の特徴】

  • 資格を保有したキャリアアドバイザーが在籍
  • 転職に役立つ情報記事が充実
  • 高年収求人も保有

ココカイゴ転職」は、介護資格を保有したキャリアアドバイザーが多く在籍する転職サイト。

専門知識を持ちながら現場を理解したサポートをしてくれるので、未経験者だけでなく資格保有者にとっても頼もしい味方となってくれるでしょう。

また、転職に役立つ情報記事も充実。
エリアごとの「大阪の介護職の給料事情」や「求人動向」などが閲覧可能です。

非公開求人には、「高年収求人」「管理職募集求人」が多いとされているのも特徴。
登録することで、年収アップの可能性を広げられるでしょう。

ココカイゴ転職を使ってみて感じた印象は、施設情報に詳しいという点です。
インタビュー記事を見ながらキャリアアドバイザーからの話を聞くことで、ミスマッチのない転職に成功しました。
企業研究が苦手だという人にも利用をおすすめします。

希望条件が複数あり本当に求人が見つかるのか不安がありましたが、キャリアアドバイザーから条件にマッチした求人を紹介してもらえました。
最初は求人サイトをメインに使っていましたが、結果的にはサポートのある転職サイトを使って良かったと感じています。

ココカイゴ転職公式サイト
https://cocokaigo.jp/

【雇用形態別】大阪でおすすめの介護転職サイト

雇用形態別に、大阪でおすすめの転職サイトを紹介します。

正社員求人を探したい人

介護ワーカーのLP(出典:介護ワーカー公式HP

大阪府内で介護職の正社員求人を探したい人には、「介護ワーカー」がおすすめです。

介護ワーカーにおける大阪府内の正社員求人は約6,800件で、ここに非公開求人も加わります。

さらに未経験歓迎求人も1,500件以上と豊富。
「経験がないけど正社員として頑張りたい」という人にもおすすめできる転職サイトです。

その他のおすすめ転職サイト
※タップで公式サイトに移動します。
カイゴジョブ
  • 大阪/正社員求人=約1,900件+非公開求人
  • 経験者優遇の求人が豊富
マイナビ介護職
  • 大阪/正社員求人=4,700件+非公開求人
  • 主要都市・地方偏りなく掲載

(完全無料)

介護ワーカー公式サイト
https://kaigoworker.jp/

パート・アルバイト求人を探したい人

マイナビ介護職のLP(出典:マイナビ介護職公式HP

大阪府内で介護職のパート・アルバイト求人を探したい人には、「マイナビ介護職」がおすすめです。

マイナビ介護職における大阪府内のパート・アルバイト求人は約1,800件
その他、登録者限定の非公開求人も保有します。

マイナビ介護職は、会場が遠い方に向けて『出張転職相談会』を実施。
地方から大阪への転職を目指す方でも、簡単に転職相談が可能です。

その他のおすすめ転職サイト
※タップで公式サイトに移動します。
介護ワーカー
  • 大阪/パート求人=約3,300件+非公開求人
  • 育児や家事と両立できる求人が豊富
カイゴジョブ
  • 大阪/パート求人=1,100件+非公開求人
  • 希望時給(1,200円~1,500円)で検索が可能

マイナビ介護職公式サイト
https://kaigoshoku.mynavi.jp/

派遣求人を探したい人

きらケアのLP(出典:きらケア公式HP

大阪府内で介護職の派遣求人を探したい人には、「きらケア」がおすすめです。

きらケアにおける大阪府内の派遣求人は約1,700件となります。

きらケアは派遣社員の働きやすさに力を入れていて、次のように福利厚生が充実しています。

  • 各種社会保険
  • 有給休暇
  • 健康診断
  • 健康施設やリゾート施設の割引

月払いだけでなく、「日払い」や「週払い」にも対応
「すぐに給与を受け取りたい」という人は、登録しておきたい転職サイトです。

その他のおすすめ転職サイト
※タップで公式サイトに移動します。
介護ワーカー
  • 大阪/派遣求人数約2,200件+非公開求人
  • 年収の高い求人が豊富
MC介護のお仕事
  • 大阪/派遣求人数=1,300件+非公開求人
  • 派遣求人は前払い制度あり

きらケア公式サイト
https://job.kiracare.jp/

【職務内容別】大阪でおすすめの介護転職サイト

職務内容別に、大阪でおすすめの転職サイトを紹介します。

介護事務に転職したい人

パソナキャリアのLP(出典:パソナキャリア公式HP

大阪府内で介護事務に転職したい人には、「パソナキャリア」がおすすめです。

介護事務は、どの転職サイトでも募集の少ない職種。
しかしパソナキャリアであれば、公開求人だけでも数十件大阪府内で保有します。

加えて非公開求人も保有するため、登録することで選択肢はさらに広がるでしょう。

パソナキャリアは女性の転職に対しても注力しているため、ママさん介護士への理解を持つキャリアアドバイザーが揃っています。

「時短で働きたい」「産休育休制度のある職場で働きたい」といった要望も叶えてくれる転職サイトです。

パソナキャリア公式サイト
https://www.pasonacareer.jp/

介護営業に転職したい人

カイゴジョブのLP(出典:カイゴジョブ公式HP

大阪府内で介護営業に転職したい人には、「カイゴジョブ」がおすすめ。

求人広告型転職サイトのためアドバイザーによるサポートはありませんが、その分自分のペースで転職活動できるのがメリットです。

また、掲載求人の他にもスカウト機能を保有。
介護営業の会社から直接選考の案内を受けとれる可能性もあります。

参加費無料の合同説明会「カイゴジョブフェスタ」も定期開催。
一度で多くの施設と話せるため、より具体的なイメージを持ってから転職が可能です。

その他のおすすめ転職サイト
※タップで公式サイトに移動します。
リクナビNEXT
  • 大阪/高収入求人数=約120件+非公開求人
  • スカウト機能で企業から直接オファーが届く

カイゴジョブ公式サイト
https://www.kaigojob.com/

介護福祉士に転職したい人

マイナビ介護職のLP(出典:マイナビ介護職公式HP

大阪府内で介護福祉士に転職したい人には、「マイナビ介護職」がおすすめです。

介護福祉士における大阪府内の介護福祉士の求人は約4,600件で、ここに非公開求人も加わります。

マイナビ介護職では、定着率の低い企業を除外して求人を厳選しているのが強みです。

介護福祉士の仕事は激務であることが多いですが、マイナビ介護職であれば長く働ける職場に出会いやすいでしょう。

その他のおすすめ転職サイト
※タップで公式サイトに移動します。
介護ワーカー
  • 大阪/介護福祉士求人=約9,800件+非公開求人
  • 業界トップクラスの求人数
きらケア
  • 大阪/介護福祉士求人=1,800件+非公開求人
  • 無資格・未経験OKの求人が多い

マイナビ介護職公式サイト
https://kaigoshoku.mynavi.jp/

施設長に転職したい人

介護ワーカーのLP(出典:介護ワーカー公式HP

大阪府内で施設長に転職したい人には、「介護ワーカー」がおすすめです。

大阪府内の施設長の求人は約50件で、ここに非公開求人も加わります。

介護ワーカーは、介護職の転職サポートで15年以上の実績を有しているのが魅力。

企業からの信頼も厚く、他の転職サイトでは見られない非公開求人も掲載されています。

その他のおすすめ転職サイト
※タップで公式サイトに移動します。
マイナビ介護職
  • 大阪/施設長求人=約80件+非公開求人
  • 施設長で絞り込み検索ができる
クリックジョブ介護
  • 大阪/施設長求人=約120件+非公開求人
  • LINEで気軽に相談が可能

介護ワーカー公式サイト
https://kaigoworker.jp/

【条件別】大阪でおすすめの介護転職サイト

次は条件別に、大阪でおすすめの転職サイトを紹介します。

無資格・未経験者の人

ココカイゴ転職のLP(出典:ココカイゴ転職公式HP

大阪府内で介護職の正社員求人を探したい人には、「ココカイゴ転職」がおすすめです。

ココカイゴ転職における大阪府内の無資格・未経験者OKの求人は約1,200件

また、キャリアアドバイザーに介護資格保持者が揃っているので安心です。

知識のない人にとって、頼もしいパートナーとなってくれるでしょう。

また、独自のインタビューを行っているため、「福利厚生」「残業の有無」など細かい情報も知れます。

その他のおすすめ転職サイト
※タップで公式サイトに移動します。
介護ワーカー
  • 大阪/無資格・未経験OK求人=約4,100件+非公開求人
  • 未経験・無資格OKの求人数が業界トップクラス
マイナビ介護職
  • 大阪/無資格・未経験OK求人=約2,500件+非公開求人
  • サイト設計が親切で転職初心者でも利用がしやすい

ココカイゴ転職公式サイト
https://cocokaigo.jp/

40代・50代で転職したい人

介護ワーカーのLP(出典:介護ワーカー公式HP

大阪府内で介護職の正社員求人を探したい人には、「介護ワーカー」がおすすめです。

介護ワーカーにおける大阪府内の40代・50代向け求人(再雇用含む)は約2,500件
登録すれば、さらに非公開求人も選択肢として加わります。

人柄重視の求人を取り扱っているため、やる気や熱意があれば40代・50代でも正社員として働けるチャンスがあるでしょう。

また福利厚生に関しても、「研修制度」「再雇用制度」の整った職場が揃っています。

その他のおすすめ転職サイト
※タップで公式サイトに移動します。
ジョブメドレー
  • 大阪/40代・50代向け求人=約1,400件+非公開求人
  • webで自宅から面接できる求人あり
カイゴジョブ
  • 大阪/40代・50代向け求人=約50件+非公開求人
  • 電話で求人検索してもらえる

介護ワーカー公式サイト
https://kaigoworker.jp/

女性で転職したい人

きらケアのLP(出典:きらケア公式HP

大阪府内で介護職の女性向け求人を探したい人には、「きらケア」がおすすめ。

下記のような、子育てする人に嬉しい条件の求人が豊富です。

  • 託児所あり求人・・・大阪府で約250件
  • ブランク可求人・・・大阪府で約850件

またパートや派遣など、融通を利かせられる雇用形態が揃っているのも特徴。

きらケアは転職サポートが手厚いので、転職活動しやすいおすすめのサイトといえます。

その他のおすすめ転職サイト
※タップで公式サイトに移動します。
介護ワーカー
  • 大阪/ブランクOK求人=約3,900件+非公開求人
  • 夜勤なし求人が多い
マイナビ介護職
  • 大阪/託児所あり求人=約500件+非公開求人
  • 産休や育休取得実績のある求人が多い

きらケア公式サイト
https://job.kiracare.jp/

高収入求人を探したい人

介護ワーカーのLP(出典:介護ワーカー公式HP

大阪府内で介護職の高収入求人を探したい人には、「介護ワーカー」がおすすめです。

年収400万円以上の求人は約100件で、ここに非公開求人も加わります。

介護ワーカーでは、次のように高収入の金額を設定して求人検索が可能です。

  • 時給800円以上~時給3,000円以上
  • 月給18万円以上~月給60万円以上
  • 年収300円以上~年収650円以上
  • 手取り18万円以上~手取り30万円以上

上限も高いため、目標給与が定まっている人であれば使いやすい転職サイトと言えるでしょう。

その他のおすすめ転職サイト
※タップで公式サイトに移動します。
マイナビ介護職
  • 大阪/高収入求人=約1,200件+非公開求人
  • 年収500万円以上の求人あり
きらケア
  • 大阪/高収入求人=約1,100件+非公開求人
  • 月収30万円以上の求人あり

介護ワーカー公式サイト
https://kaigoworker.jp/

夜勤メインの介護求人を探したい人

きらケアのLP(出典:きらケア公式HP

大阪府内で介護職の夜勤求人を探したい人には、「きらケア」がおすすめ。

大阪府内の夜勤メインの求人は約250件です。

また、「夜勤のみ」という条件で求人情報を探せる数少ない転職サイトの一つ。

就職後サポートに力を入れているため、実際に働いてからの悩みも相談ができるのがポイントです。

その他のおすすめ転職サイト
※タップで公式サイトに移動します。
MC介護のお仕事
  • 大阪/夜勤求人=約300件+非公開求人
  • 対応がスピーディーでやり取りしやすい
介護ワーカー
  • 大阪/夜勤求人=約600件+非公開求人
  • 面接同行サービスあり

きらケア公式サイト
https://job.kiracare.jp/

夜勤なしで働ける求人を探したい人

介護ワーカーのLP(出典:介護ワーカー公式HP

夜勤なしで介護職として働きたい方には、「介護ワーカー」がおすすめです。

大阪府内の夜勤なし求人は約5,200件で、ここに非公開求人も加わります。

夜勤なし求人の中では、「デイサービス」「デイケア」「訪問介護」といった勤務先が多いのが特徴です。

その他のおすすめ転職サイト
※タップで公式サイトに移動します。
マイナビ介護職
  • 大阪/夜勤なし求人=約2,700件+非公開求人
  • 「職場図鑑」「資格紹介」など役立つ情報が満載
MC介護のお仕事
  • 大阪/夜勤なし求人=約2,300件+非公開求人
  • 1日単位で仕事ができる単発案件が豊富

介護ワーカー公式サイト
https://kaigoworker.jp/

オープニング求人を探したい人

カイゴジョブのLP(出典:カイゴジョブ公式HP

大阪府内で介護職の正社員求人を探したい人には、「カイゴジョブ」がおすすめです。

大阪府内のオープニング求人は約50件となります。

オープン間もない有料老人ホームや、今後開設予定されている障がい者施設などの求人が多く掲載されています。

介護業界はオープニング求人が少ないため、少しでも取り扱いのある転職サイトを利用するのが理想の転職先を見つけるコツです。

その他のおすすめ転職サイト
※タップで公式サイトに移動します。
ジョブメドレー
  • 大阪/オープニング求人=約200件+非公開求人
  • 転職成功で勤続支援金がもらえる求人あり
マイナビ介護職
  • 大阪/オープニング求人=約70件+非公開求人
  • 一般では知れない情報を多く保有する

カイゴジョブ公式サイト
https://www.kaigojob.com/

有料老人ホームに転職したい人

介護ワーカーのLP(出典:介護ワーカー公式HP

大阪府内で有料老人ホーム求人を探したい人には、「介護ワーカー」がおすすめです。

大阪府内の有料老人ホーム求人は約1,800件で、ここに非公開求人も加わります。

掲載されている求人は派遣やパートが中心ですが、正社員も700件以上保有しています。

資格なしでもチャレンジできる求人も揃えるため、「これから介護職を目指したい」という方もぜひチェックしてください。

その他のおすすめ転職サイト
※タップで公式サイトに移動します。
MC介護のお仕事
  • 大阪/有料老人ホーム求人=約300件+非公開求人
  • 現場の情報を多く保有している
きらケア
  • 大阪/有料老人ホーム求人=約550件+非公開求人
  • 派遣社員に強い

介護ワーカー公式サイト
https://kaigoworker.jp/

寮付き求人を探したい人

マイナビ介護職のLP(出典:マイナビ介護職公式HP

大阪府内で介護職の寮付き求人を探したい人には、「マイナビ介護職」がおすすめです。

大阪府内の寮付き求人は約150件で、加えて非公開求人も保有します。

寮のある勤務先は、「介護老人保健施設」や「有料老人ホーム」などが中心です。

また、40%前後は非公開求人であるため、登録することでより多くの求人に出会えるでしょう。

その他のおすすめ転職サイト
※タップで公式サイトに移動します。
介護ワーカー
  • 大阪/寮付き求人=約2,200件+非公開求人
  • 職場環境や離職率などの情報が得られる
クリックジョブ介護
  • 大阪/寮付き求人=約400件+非公開求人
  • 1,000円の面接交通費が支給される

マイナビ介護職公式サイト
https://kaigoshoku.mynavi.jp/

託児所付き求人を探したい人

ジョブメドレー介護のLP(出典:ジョブメドレー介護職公式HP

大阪府内で介護職の託児所付き求人を探したい人には、「ジョブメドレー介護」がおすすめ。

ジョブメドレー介護における大阪府内の託児所付き求人は約250件です。

残業なし」「日勤のみ可」で絞り込みをしても、約100件の求人が掲載されています。

子育て世代の応募しやすい求人が豊富なので、家庭と仕事を両立したい人におすすめの転職サイトです。

その他のおすすめ転職サイト
※タップで公式サイトに移動します。
マイナビ介護職
  • 大阪/託児所付き求人=約450件+非公開求人
  • 育児補助の求人が多い
きらケア
  • 大阪/託児所付き求人=約250件+非公開求人
  • 派遣・パート求人が豊富

ジョブメドレー介護職公式サイト
https://job-medley.com/hh/

大阪の介護職の転職市場の動向

効率よく転職活動を進めるには、転職市場の動向を知ることがカギ。

ここからは、大阪の介護職の転職市場について紹介します。

大阪府の介護職の求人数の傾向

2019年11月、大阪市における介護職の有効求人倍率は5.70倍です。
(引用:「厚生労働省 介護分野における特定技能について」)

【有効求人倍率とは】

有効求職者数(仕事を求める人の人数)に対する有効求人数の比率のこと。
求職者1人に対して、何件の求人があるかを示す指標になる。

厚生労働省が毎月公表しているもので、雇用情勢を把握するための数値の一つ。

全国平均の4.45倍よりも上回っていて、大阪市では介護職の需要が比較的安定していると言えるでしょう。

関西エリアでは、奈良県に次ぐ倍率の高さとなっています。

大阪府の介護職の平均年収・給料

厚生労働省の統計から、大阪府における介護職の年収は次のとおりと予測されます。
(引用:「厚生労働省 賃金構造基本統計調査 都道府県×職種DB」)

職種年収
ケアマネージャー約375万円
ホームヘルパー約360万円
福祉施設介護員約337万円

こちらは所定内給与額12カ月分と年間賞与を参考に算出しています。

役職や勤務年数によっても変動しますが、大阪府で正職員として介護職に就いた場合350万円前後の年収が得られるでしょう。

大阪府の介護事情

厚生労働省の発表によれば、大阪府の介護事情の現状は以下です。

  • 令和元年度における介護職員数
    ・・・・・180,208名
  • 令和5年度までに必要な介護職員数
    ・・・・・200,852名
  • 令和5年度までに確保できる介護職員数
    ・・・・・184,313名

→大阪府だけでも15,000名近く介護士が不足する見込み

(引用:厚生労働省|第8期介護保険事業計画に基づく介護職員の必要数(都道府県別)

高齢化率は2030年に31.8%と、と国民の約3人に1人が65歳以上の高齢者となる見込みです。
(引用:厚生労働省|近年の社会経済の変化と家計の動向

日本全体で見ても介護職は需要が高い職種のため、未経験の方でも理想の職場に転職できるチャンスが高いでしょう。

大阪府の介護求人の特徴

今回ご紹介している転職サイトの情報を見ると、大阪府の介護求人には次のような特徴があります。

  • 地方に比べて求人数が多い
  • 正社員以外の雇用形態も豊富
  • 資格支援制度が整っている求人が多い
  • 全国平均と比べて訪問型介護施設の数が倍近い

(引用:「日本医師会 JMAP 地域医療情報システム地域別統計 」)

大阪は、東京都・神奈川県に次ぐ求人の多さです。

また、大阪の介護求人は「派遣・アルバイト求人が充実」「働きながら資格を取得できる施設が多い」のが特徴。
未経験・無資格の方の門も大きく開かれています。

大阪の介護転職で後悔しない職場選びのコツ

大阪の介護転職で後悔しないように職場選びするコツを紹介します。

厚生労働省が提供する介護サービス情報発表システムを利用して、以下の項目をチェックしましょう。

退職者数をチェック

介護サービス情報発表システムで、前年度1年間の退職者を確認しましょう。

さらに総従業員数も見れるため、「退職者数/総従業員者数×100」で離職率の算出が可能です。

令和2年10月に介護労働安定センターが行った調査によると、1年間における介護職員の離職率は14.9%と公表しています。
(引用:「介護労働安定センター 令和2年度 介護労働実態調査結果について」)

離職率が14.9%以上であれば、働きにくい職場である可能性が高いので注意してください。

研修制度の有無をチェック

研修制度の有無をチェックするのも、後悔しない職場選びとして大切です。

施設を検索し「運営情報→従業員の研修等」の順にクリックすれば、研修制度の有無を調べられます。

【確認可能な項目例】

  • 全ての「新任」の従業者を対象とする研修計画がある
  • 全ての「現任」の従業者を対象とする研修の実施記録がある
  • マニュアル等はいつでも従業員に閲覧できる場所に備え付けている

介護業界の退職理由として多いのが、「研修を十分に受けられなかった」というものです。

後悔のない転職を目指すなら、研修がしっかりと行われている施設へ転職すべきといえるでしょう。

また、「運営情報→相談・苦情等への対応」も確認すれば、利用者の意見に対する対応についても閲覧できます。

受け入れ可能人数をチェック

受け入れ可能人数をチェックすることも、転職先選びのコツの一つです。

施設を検索し「事業所の特色」をクリックすれば、施設の受け入れ可能人数を調べられます。

受け入れ人数の数字が少ないほど、満床に近い施設であることが判断可能です。

満床に近い施設では人手が不足していることが多く、激務であることが予想されます。

従業員数と照らし合わせて、利用者に対して人数が足りているかどうかをチェックしましょう。

処遇改善の内容をチェック

処遇改善の内容をチェックすることも、後悔しない転職をするために必要です。

「事業所の特色」から、処遇改善に関する詳しい内容が閲覧可能です。

【処遇改善内容の記載例】

  • 入職促進に向けた取組
  • 資質の向上やキャリアアップに向けた支援
  • 両立支援・多様な働き方の推進
  • 腰痛を含む心身の健康管理
  • やりがい・働きがいの醸成

施設により記載されている内容に違いはありますが、転職のときに見ておきたいのは「資質の向上やキャリアップに向けた支援」です。

「資格取得支援」や「マネジメント研修」など、転職後のキャリアについて考えられている施設は安心して働けるでしょう。

安全・衛生管理をチェック

後悔しない転職をするためには、安全・衛生管理も必ずチェックしておきたい項目です。

「運営情報→安全衛生管理等」から、安全・衛生管理が閲覧できます。

【確認できる仕組みづくりの例】

  • 事件発生予防や再発防止の仕組み
  • 事故発生など緊急時に対応する仕組み
  • 災害発生時に対応するための仕組み
  • 利用者ごとの主治医及び家族等の緊急連絡先の把握
  • 感染症及び食中毒の発生の予防やまん延を防止するための仕組み

新型コロナウィルスの感染拡大が懸念されるなか、注視したいのが「感染症及び食中毒の発生の予防やまん延を防止するための仕組み」についてです。

特に肺炎発症の可能性がある利用者がいる施設では、集団感染のリスクが高い傾向があるので要注意。
転職する際はこちらも確認しておきましょう。

施設の口コミをチェック

介護サービス情報発表システムの利用にあわせて、実際に働いていた人の口コミもチェックしましょう。

人間関係や残業の有無などリアルな情報を見ることで、「こんなはずじゃなかった」という入社後のミスマッチを最大限減らすことが可能です。

「TwitterなどのSNS」や「OpenWorkや転職会議などの口コミサイト」から、施設の口コミチェックができます。

口コミでチェックすべきポイントは、次のとおりです。

  • 平均年収
  • 月の残業時間
  • 月の休日出勤日数
  • 有給消化率
  • 職場環境

しかしなかには不平不満から口コミを書く人もいるので、より多くの口コミを見て多角的に情報を整理しましょう。

介護士の転職を成功させるためのポイント

以下では、介護士の転職を成功させるためのポイントを紹介します。

転職理由・志望動機を明確にする

まずは、「転職する理由」と「志望する動機」を明確にすることが大切です。

面接官の納得できるエピソードがあれば、成長性や意欲が高く評価される可能性があります。

しかし、「前職に不満があった」という旨を述べるのはNG。
悪印象を与えるだけでなく、「転職してもまたすぐに辞めるのでは」と懸念されてしまいます。

前向きな気持ちが伝わる言葉を添えるのがポイントです。

【介護職の転職理由例】

  • 現場のスタッフと意見を交わしながら、仕事を進められる環境で働きたい
  • ケアが行き届いた職場で、利用者一人ひとりに寄り添った介護がしたい
  • 自分の頑張りを評価してもらえるところで頑張りたい

志望動機は経験やスキルを絡めることも大切。
介護職の場合は人間性をアピールするのも一つの手です。

資格取得を目指す

資格を持っていない人は、まず資格取得を目指すことも転職成功へと導くカギです。

介護職に関する資格があれば、転職で有利に働くことがあります。

未経験・無資格の方が最初に目指す資格は、「介護職員初任者研修」。

養成校で130時間の受講が必要です。
休日に対応しているところであれば働きながら資格取得を目指せるので、チャレンジしてみるのもいいでしょう。

転職スケジュールを立てる

転職活動では、事前にしっかりとスケジュールを組み立てることが大切。

内定という着地点が見えていれば、時期ごとにやらなければいけないアクションが見えてきます。

転職活動のスケジュールを考えるときは、「入社準備」~「実際に入社する日の直前」までを想定しましょう。

ステップ期間具体的なアクション
事前準備1週間目~2週間目
  • 自己分析
  • キャリアの棚卸など
情報収集・応募3週間目~4週間目(1ヶ月目)
  • 口コミの閲覧
  • 介護サービス情報発表システムの利用など
選考・内定2ヶ月目
  • 応募書類の作成
  • 面接対策など
退職準備2ヶ月半目
  • 退職日の調整
  • 業務の引継ぎなど
入社準備3ヶ月目
  • 提出書類の準備
    (年金手帳・雇用保険被保険者証など)
  • 出社日時の確認など

希望条件に優先順位をつける

転職先の希望条件に優先順位をつけることも、転職成功には大切なポイントです。

良い条件が揃った求人ばかりを探していると、転職活動が長引いてしまう可能性があります。

介護職を希望する場合は、次の条件に注目して優先順位をつけていきましょう。

  • 企業への共感
  • 仕事内容
  • 社風や人間関係
  • 給与・福利厚生
  • 勤務条件
  • 研修制度の有無

給与や勤務形態など、どの条件を優先させるのかは人によって異なります。

妥協できる条件を見つけて、自分が絶対に譲れない条件を明確にして求人を絞り込むと良いでしょう。

転職サイトを複数利用する

転職サイトを複数社併用することも、転職成功において大切なポイントです。

【転職サイト併用のメリット】

  • より多くの求人と出会える
  • 相性の良いキャリアアドバイザーが見つかる
  • 自分が使いやすい転職サイトがわかる

ただし登録する転職サイトが多いほど、その分手間が増えてスケジュール管理が難しくなります。

2社から3社ほどの利用が最もおすすめです。

介護職向けの転職フェアを活用する

介護向けの転職フェアを活用するのも、転職を成功させるポイントです。

一度に複数の施設に関して情報が得られるだけでなく、直接施設の人事担当者と話ができるのがメリット。

転職フェアでは一般的にアドバイスコーナーが設けられているので、キャリアアドバイザーへ悩みを直接相談することも可能です。

【転職フェアを定期開催する転職サイト】

※タップで公式サイトへ移動します。

転職サイトを利用した際の転職の流れ

転職サイトを利用して転職活動する流れを紹介します。

  1. 転職サイトに登録
  2. キャリアアドバイザーと面談
  3. 求人紹介
  4. 履歴書/職務経歴書添削・応募
  5. 面接対策・面接
  6. 内定・入社

基本的に登録・面談・求人紹介など提供しているサービスは無料で利用できます。

大阪で介護職への転職を目指す人は、ぜひ参考にしてください。

①転職サイトに登録

まずは転職サイトの公式にアクセスし、転職サイトへ登録を行いましょう。

  • 氏名
  • 性別
  • 在住の都道府県
  • 就業状況
  • 最終学歴
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • ログイン用のパスワード
  • 職務経歴
  • 希望条件

登録が完了すれば、後日メールや電話で連絡が入ります。
都合のつく日を伝えて面談日の日時を設定しましょう。

キャリアアドバイザーと面談

登録後は、キャリアアドバイザーと面談を行います。

履歴書・経歴書は不要な場合もありますが、事前に提出しておけば当日の流れがスムーズでしょう。

  • 自己紹介
  • 転職理由
  • キャリアの棚卸・アピールポイントの掘り下げ
  • 将来ビジョンの共有
  • 希望条件
  • 転職時期
  • 介護職における現在の転職市場について
  • すぐ紹介できる求人の案内

面談時間は転職サイトによって違いますが、1時間から2時間程度です。

求人をすぐに紹介してもらえることもありますが、すぐに判断する必要はありません。
一度持ち帰ってよく考えることがおすすめです。

求人紹介

面談後は求人紹介が開始。
キャリアアドバイザーがヒアリング内容に沿った求人を随時紹介してくれます。

自分の興味ある求人があれば、キャリアアドバイザーに連絡をして選考に進む準備をしましょう。

基本的に、紹介された求人を応募するかどうかの回答期限は1週間前後です。

紹介された求人を見逃さないよう、毎日こまめにチェックしましょう。

履歴書/職務経歴書添削・応募

応募したい求人が決まったら、履歴書・職務経歴書の準備をしましょう。

転職サイトによっては、履歴書・職務経歴書の添削を依頼できるところもあります。

第三者目線でのチェックをしてもらえるため、自分では気づけないアドバイスをもらえることができるでしょう。

面接対策・面接

書類審査後は、面接に向けた準備を行いましょう。

こちらも転職サイトによっては、面接対策を実施しているところがあります。

キャリアアドバイザーに対策をしてもらえば、自分でやるよりも面接への姿勢や回答方法の軌道を修正可能です。

  • 面接の基本マナー
  • 印象の良い話し方(表情や口調など)
  • 模擬面接
  • Web面接
  • よく聞かれる質問事項の確認など

たとえ面接に落ちてしまった場合でも理由をフィードバックしてくれるので、次の面接に活かせる情報が手に入ります。

内定・入社

転職サイトを利用して内定が出たあとは、キャリアアドバイザーから内定通知が届きます。

内定の承諾をする前に、聞いていた条件と異なる箇所がないかよく確認しましょう。

  • 勤務地
  • 勤務形態
  • 給与額
  • 諸手当
  • 業務内容
  • 保険など

面接で年収の取り決めがなかったときは、場合によっては内定後に年収交渉が可能です。

条件に不安がある人は早めにキャリアアドバイザーに連絡をしておき、交渉を代行してもらいましょう。

また現職の退職に難航しているときも、キャリアアドバイザーからアドバイスなどのサポートが受けられます。

転職サイトで転職した方の体験談

転職サイトを実際に利用した方の体験談を、成功談と失敗談に分けて紹介します。

※タップで詳細ページへスクロールします。

成功談

無事に第一希望の病院から内定頂きました☺️転職サイトを思い切って変えたのが成功の鍵でした🔑✨その転職サイトが良くなかったわけではなく、担当の方と私が単純に合わなかっただけだと思うけど…土日祝休みの希望が出せる病棟夜勤ありの求人あったし、新婚に厳しいっていつの情報?古すぎ👎

— 看護師さん6年生 (@tortori___00) June 30, 2022

俺ってめちゃツイている!
介護理由で新卒入社以来長年勤めた上場企業を辞めた。
子供の寝顔を見る度に「無職」の恐怖が胸を締め付けていた。
そんなおり試しに登録していた転職サイトからスカウトがあり年収⤴︎で上場会社へ転職できた。
今や自分で稼ぐ研究を進めている🤩
俺ってめちゃツイている!

— とく|自分らしく豊かに生きる (@toku3_jibunjiku) December 29, 2021

私は同業界の会社に転職した。
どうやって転職を決めたかというと、

①転職サイトやホームページから選ぶ。
②他の企業から行きたい会社の評判を聞く。
③行きたい会社に営業してみる。(ここで人事や偉い人の情報収集と会社の雰囲気を掴む)

かなりアナログな方法だけど、私はこれで転職できた🙆‍♂️

— ロアキ@Fラン大卒営業マン (@roaki_fran) January 23, 2020

成功談では、キャリアアドバイザーに恵まれたというエピソードが多くありました。

キャリアアドバイザーから求人紹介や転職支援を受ける転職サイトは、担当者の質が転職を成功を左右します。

また本記事でも紹介した「転職成功をするコツ」をうまく使える人であると、その成功率も上げられるでしょう。

失敗談

 

転職サイトは場合によっては、ゴリ押しで人手不足かつ研修のない職場や前職勤めてた職場を紹介するトンデモ会社もあるので、自分で選別することが大切です…私は転職サイトで人手不足のところを紹介されて、転職失敗した苦い思い出があります…

— まいすりーん (@MSTR2019) December 7, 2021

転職サイトめちゃくちゃ見てるけど、何が本当かもうわからんな…

by 条件をよく読んで就職して今まで勤務してきた会社が全部ブラック企業だった私

— 深六もも (@M_369100) June 29, 2022

私は転職サイトを使って採用されたから辞めれないらしい。100万近くかかってるから辞められないんだって。

— あんこ@ポンコツ看護師 (@ponkotuanko) September 30, 2020

転職失敗談では、「キャリアアドバイザーの話を鵜呑みにしたがゆえに失敗した」旨の口コミが多くありました。

人材紹介型の転職サイトは、求職者と企業をマッチングすれば利益を得えられます。

担当者によっては、求職者の希望を後回しにして転職に結びつけようとする人もいるようです。

担当者の質に疑問を感じたら、「転職サイトを変える」「担当者変更を申し出る」などでいち早く対応しましょう。

大阪の介護求人を探す全手段

転職サイト(人材紹介型)

人材紹介型の転職サイトは、キャリアアドバイザーと言われる担当者が求職者をサポートしてくれる仕組みです。

【人材紹介型転職サイトのサポート内容】

  • 転職に関するヒアリング
  • 求人検索・紹介
  • 履歴書・職務経歴書など応募書類の添削
  • 面接対策
  • 選考スケジュールの調整
  • 企業との条件・年収交渉の代行など

一般に掲載されていない非公開求人を紹介してもらえる点も、一般の転職サイトにはない強みです。

「志望動機が思い浮かばない」「初めて転職活動をする」という人は、人材紹介型の転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイト(求人広告型)

求人広告型の転職サイトは、公式サイトから自分で求人検索を行い応募する仕組みです。

人材紹介型の転職サイトと違い、キャリアアドバイザーによるサポートはないので要注意。
年収交渉や退職サポートなども、自分でしなければいけない大変さがあるでしょう。

しかし、期限などが設けられていないため、自分のペースで求人に応募が可能です。

ハローワーク

ハローワークは、公共職業安定所とも呼ばれる国の職業紹介所のことです。

全国に500カ所以上設置されており、転職サイトには掲載されない地元の優良求人に出会える可能性があります。

また、人材紹介型の転職サイトほどではありませんが、簡単な転職サポートもあります。

しかし企業側の掲載に関して「細かい審査がされていない」「無料で掲載可能」という点をもつため、中にはブラック企業といわれる施設が紛れている可能性も高いです。

直接応募

直接応募は、企業の採用ページから直接応募する方法です。

転職サイトに掲載依頼していない企業と出会えるのが、大きなメリットと言えるでしょう。

しかし、情報収集や面接対策などは全て自分で進めなければいけません。

選考についてフィードバックも得られないので、転職手段としてはハードルが高めと言えるでしょう。

知人の紹介

知人からの紹介で施設に応募する方法もあります。

労働環境や人事制度について情報を得やすく、ミスマッチが低いのがメリットです。

紹介者による後押しによって、選考がスムーズに進むことも多いでしょう。

しかし、辞めづらくなるのは知人紹介のデメリットです。

内定のチャンスがあるからといって即決せず、「本当に自分が行きたい職場なのか」しっかり考えなければいけません。

介護職が転職で目指せる職場一覧

介護職が転職を目指せる主な職場は次のとおりです。

施設名特徴
有料老人ホーム
  • 民間企業運営の施設
  • 個室ケアが基本
  • 一人ひとりに寄り添った介護ができる
特別養護老人ホーム
  • 10名以下を1ユニットとしてケアを行う施設
  • 入居者は要介護度が高い
  • 身体介助スキルが身につく
介護老人保健施設
  • リハビリテーションをする施設
  • 医師・看護師・作業療法士などと連携することが多い
サービス付き高齢者住宅
  • バリアフリー対応の賃貸住宅
  • 身体介護を必要とする利用者が少ない
  • 生活援助が中心業務
グループホーム
  • 認知症の高齢者を受け入れる施設
  • 日常生活を支える介護
  • 利用者との距離が近い
デイサービス
  • 日中に介護・機能訓練・レクリエーションなどを提供する施設
  • 利用者は日帰りのため夜勤のない職場が多い
障害者支援施設
  • 日常生活に支障のある人が利用できる施設
  • 高齢者とは違う専門的知識が得られる
訪問介護事業所
  • 利用者の自宅に訪問し身体介護・生活援助をする事業所
  • 個々の利用者に寄り添った介護サービスができる
病院
  • 医療職の指示を受け介護業務をする施設
  • 医療法人のため福利厚生が充実している

施設ごとに要介護度、提供サービスなどは異なります。

介護職未経験の人であれば、無資格・未経験OKで教育体制の整っている職場を選ぶのがおすすめです。

「特別養護老人ホーム」や「介護老人保健施設」など大規模施設であることが多いところであれば、経験が浅くても働きやすいでしょう。

大阪の介護職に関するQ&A

最後に大阪の介護職に関して多い質問と回答をまとめました。

転職サイトに単発バイトや送迎ドライバーの求人はある?

転職サイトによって掲載されている件数に違いはありますが、一部単発バイトや送迎ドライバーの求人もあります。

今回ご紹介した中で、単発バイトと送迎ドライバー求人のある転職サイトは次のとおりです。

  • MC介護のお仕事(単発バイト)
  • カイゴジョブ(送迎ドライバー)

大阪府の介護職の慰労金はいくら?

2020年7月1日に大阪府は「医療従事者や介護・障がい者福祉施設職員等への慰労金」について下記のように発表しました。

介護・福祉サービス分野では、感染者が発生、または濃厚接触者に対応した施設・事業所に勤務し、利用者と接する職員等に20万円を、それ以外の介護・福祉サービス事業所等に勤務し、利用者と接する職員等に5万円を支給。

大阪府 令和2年(2020年)7月1日の記者会見で使用した資料の説明

令和2年2月21日から6月30日までの期間、介護サービス事業所・施設等で感染者が発生もしくは濃厚接触者である利用者のいる場合は20万円の慰労金が支給されています。

しかしながら、申請は令和3年2月に終了しました。

今後の慰労金については未定ですが、新型コロナウイルスの状況によっては再度給付されることがあるかもしれません。

介護職の面接ではどのような質問をされる?

介護職の面接では、「転職でよくある基本的な質問」から「介護職ならではの質問」まで幅広く着かえれます。

以下に質問の例をまとめました。

  • 前職の退職理由は何だったのか?
  • 今後のキャリアプランは?
  • 残業や夜勤の対応は可能か?
  • 介護業界で気になるニュースは何か?
  • 高齢者と関わることは多いか?など

特別養護老人ホームや有料老人ホームでは、「夜勤可能かどうか」について必ずといって良いほど聞かれます

また、介護職は高いコミュニケーション能力が求められる仕事です。

そのため面接では話すときに優しく柔らかい表情を意識し、好印象を与えるようにしましょう。

転職前に実務者研修は受けた方が良い?

実務者研修を修了していれば、介護業務全般における知識があるものと見なされ転職で有利になるでしょう。

サービス提供責任者としても働けるので転職の選択肢も広げられます。

しかし実務者研修はトータルで450時間が必要で、長いスパンで取得を目指さなければいけません。

研修は夜間コースや土日コースなども用意されているため、働きながら修了することも可能です。

転職までの期間に余裕のある人は、受けておいた方が良いでしょう。

介護向け転職サイトを使って大阪への転職を成功させよう

介護職転職サイトを使えば、未経験や無資格の方でも選択肢をもって転職先を決めることが可能です。

大阪は都心部のため、介護転職サイトの求人も全体的に多いのが特徴です。

また、大阪府は介護職の有効求人倍率が高いので、働き方の選択肢も豊富でしょう。

今後も需要が高まる介護職への転職をすることで、必要とされる仕事のエキスパートを目指すことが可能です。

【当記事の執筆・運営者】

当メディアは、求人広告代理業・人材関連サービスを展開する株式会社hitocolorが執筆・運営しています。

株式会社hitocolorは、厚生労働省【有料職業紹介事業許可労働者派遣事業許可】取得企業です。

転職・人材分野の豊富な実績と知識を持つ弊社が、転職を考える皆様に有益で正確な情報をお届けしてまいります。

運営会社株式会社hitocolor
設立 2016年4月12日
代表取締役鈴木けんすけ
本社所在地〒105-0003
東京都港区西新橋2-39-8 鈴丸ビル7階
支社所在地高知支社
〒781-5232
高知県香南市野市町西野2217-1
資本金10,000,000円
事業内容求人広告代理店事業
有料職業紹介事業
自社メディア・コンテンツ運営
許認可番号有料職業紹介事業許可番号】13-ユ-310482
労働者派遣事業許可番号】派 13-314487
プライバシーマーク登録番号】第21004576(01)号

※本内容は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。