*本ページはプロモーションが含まれています

【2024年最新版】30代におすすめの転職エージェントランキング!比較表や選び方も解説

30代向け転職エージェントのLP

相談から内定まで、無料で転職サポートを提供してくれる転職エージェント

近年急速に利用者を増やしており、絶対に転職に失敗できない30代の求職者にとっても必須のサービスです。
とはいえ「どの転職サイトに登録すればいいの?」という方のため、今回は以下の内容について詳しくご説明します。

転職を考えている30代の方は、ぜひ一度目を通してみて下さい。

関連記事
【全年齢対象・転職エージェント最新ランキング】
転職エージェント徹底比較!年代ごとのおすすめ・使い方も解説します

【当記事の監修者情報】

監修者:鈴木けんすけさん

株式会社hitocolor
代表取締役社長  鈴木けんすけ

2016年9月、株式会社hitocolorに参画。2020年4月より、代表取締役社長に就任。

「働くことにワクワクする社会」を追求し、
求人広告代理店事業・有料職業紹介事業の展開、転職サイト・自社オウンドメディア運営など、人材に関わるさまざまなサービスを提供している。


【経歴】

1980年(昭和55年) 神奈川県出身
2000年4月 株式会社アールケイエンタープライズに入社
2006年2月 個人事業主としてBtoC事業運営
2012年3月 KDDI株式会社に入社
2016年9月 株式会社hitocolorに参画
2017年6月 同、執行役員に就任
2018年4月 同、取締役に就任
2019年4月 同、常務取締役に就任
2020年4月より、当企業代表取締役社長に就任。

>>監修者詳細ページはこちら


【会社HP】
株式会社hitocolor

Contents

30代におすすめの転職エージェントランキング8選

30代におすすめの転職エージェント・転職サイトをランキング形式でまとめました。

サービス名特徴
リクルートエージェント業界最大手の求人数
dodaサイト内コンテンツが豊富
リクルートダイレクトスカウト企業からのスカウト機能がある
ビズリーチハイクラス求人が多い
パソナキャリア丁寧なサポート・キャリアコンサルティング
DYM就職未経験歓迎・学歴/職歴不問の求人が多い
JACリクルートメント外資系企業の求人が豊富

【ランキングの選定基準】

公開求人数/非公開求人数・総求人数に対する非公開求人の割合・求人の内容・サイト内コンテンツの充実度・コンサルタントの質を鑑みた上で総合的に判断

それぞれのサービスの特徴と強みを、詳しく解説していきます。

1位:リクルートエージェント

リクルートエージェントのLP

(出典:リクルートエージェント公式HP

人材派遣業界最大手のサービス、リクルートエージェント。
求人数が約25万件と、圧倒的な規模が特徴です。

東京・大阪・名古屋などの各主要都市はもちろん、仙台・福岡・札幌などの各地方都市の求人も幅広く展開

リクルートの各業界に精通した精鋭ぞろいのコンサルタントが、求職者の転職活動をサポートしてくれます。

30代以上向け求人の業種も多岐に渡っているので、30代の求職者でも十分に求人を吟味することができるでしょう。

【利用者の口コミ】

細かいところまで親身に返信してくれたりする。職務経歴書や面接対策など添削してくれる。求人も圧倒的に多いし、日本のエージェントの中では一番だと思う。ここをメインに利用して他社をサブに利用するのが良いかも。

出典:とくめいさん2019年11月21日

転職エージェントはサイトによって癖があることが多く、使い方が分かるまで上手く仕事を探せなかったりします。自分は二三のサイトを利用したのですが、一番使い勝手が良かったのがクルートエージェントでした。
まず、最初に使い方の説明を見たのですが、シンプルなインターフェースなので説明無くても全然利用出来ます。時期、場所、職種等々、大雑把な条件から仕事を探して、徐々に贅沢していく感じの使い方で自分好みの仕事が探せるのでかなりオススメです。

出典:カンナさん投稿日不明

リクルートエージェント公式サイト
https://www.r-agent.com/

2位:doda

dodaのLP

(出典:doda公式HP)

リクルートエージェントに次ぐ業界2位の保有求人数を誇るdoda。
様々な求人を展開していて、中にはSEやwebエンジニアなど人気職の求人も。

年収査定やキャリアタイプ診断など、30代の転職活動に欠かせない自身の市場価値を測るサイト内コンテンツが充実していることも特徴です。

30代向けの求人が多く十分に精査することが出来るので、登録しておいて間違いのないサービスと言えるでしょう。

【利用者の口コミ】

社会に出て20年、初めての転職活動で正しい履歴書の書き方すら覚えていないという状況で困っていました。そんな時に転職エージェントの存在を知り、DODAのお世話になりました。昔から知っている名前ですし、何となく安心感がありました。良かったのは、すぐに希望条件に合った求人を紹介してもらえた点です。転職活動は何かと大変だと言いますが、私の場合は初めてにもかかわらず非常に効率的に成功しました。履歴書や職務経歴書の書き方もしっかり教えていただきましたよ。

出典:アイスさん投稿日不明

他業種への転職を希望していたため履歴書の書き方などわからないことが多々あり、当初自分で転職活動をしてみたが情報が乏しくプロに相談したほうがよいと思った。転職エージェンシー他社と比べて専任の担当者がとても親身になって相談に乗ってくれ、履歴書、筆記、面接のたびに相談や足りない部分など添削してくれたので志望している会社のほしい人材像を深く理解でき、自分の志望動機と職務経歴をぴったり合わせることができた。

出典:スマイルさん投稿日不明

doda公式サイト
https://doda.jp/

3位:リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトのLP

(出典:リクルートダイレクトスカウト公式HP)

リクルートが運営するハイクラス特化型転職エージェント、リクルートダイレクトスカウト
専任のコンサルタントはヘッドハンターと称され、精度の高い提案で知られています。

ヘッドハンティング制度が設けられていて、登録者の情報を見た企業からスカウトメールが届くことが最大の特徴です。

登録企業の大半が年収800万円~2000万円と求人の質も申し分ないので、キャリアアップ志向の方は登録しておくべきでしょう。

【利用者の口コミ】

利用してみて分かったのですが、ヘッドハンターを自分で選べるので、自分に合わないヘッドハンターで時間を無駄にするより、ハンターを替えた方が効率的に転職先を見つけられるということです。これは私にとって、とても良かったと思います。いくつか年収1000万円以上の求人案件も紹介してくれましたが、私のキャリアでは荷が重すぎる気がしてお断りしました。

現在は年収も300万円程アップし、主にシステム開発のプロジェクトマネージャーの仕事に就いています。キャリアもアップし仕事に見合う収入も得られて、転職は正解でした。更にキャリアを積んで自信がついたら、収入1000万円以上の転職にも挑戦してみたいと思います。その際にも利用できたらと思っています。

出典:ゆいかさん2019年1月13日

最初から期待大で利用し始めたけど、期待通りの内容で感激!利用登録したら非公開情報も全て見られるし、サポートも十分。しかも他のサービスと違って、手間がかからないのが良かったです。登録後はスカウトを待つだけ!だから転職についてクヨクヨ悩むことも無かったし、すごくスムーズに転職活動が進みました。
このサービスを選んだおかげで自分の好みに合う最高の仕事に出会えたし、収入も自分の希望以上で嬉しいです。

出典:ゼリーさん2018年11月5日

リクルートダイレクトスカウト公式サイト
https://directscout.recruit.co.jp/

4位:ビズリーチ

ビズリーチLP

(出典:ビズリーチ公式HP

30代~40代に向けたハイクラス転職エージェント、ビズリーチ。
30代向け求人の平均年収が840万円と、驚異的な数値を叩き出しています。

年収1,000万以上のハイキャリア求人が全体の4分の1を占めていて、中には企業の経営戦略などに関わるような案件も。

ハイクラス層に特化したサービスのため登録時に審査がありますが、キャリアアップを目指す求職者にとってはこの上なく魅力的な転職エージェントでしょう。

【利用者の口コミ】

私が転職を考える際に重視したのが、管理職としてのキャリアです。転職をしたいけれどこれまでのキャリアを無駄にはしたくないと言うのが、本音でした。
その中で管理職の求人に強い転職サイトとして見つけたのがビズリーチでした。管理職の経験やキャリアを活かせる求人が多く揃っていたので、しっかりと吟味をして選ぶ事が出来ました。
応募から面接、採用までの流れも分かりやすかったですし、スピーディーだったのでとても良い転職活動だった印象です。

出典:長篠さん2018年10月23日

今回、納得のいく転職を果たすことができました。この業者を選んだのは、転職サービス業者の中でも最近有名になってきているところで、頼りになりそうだと感じたためです。
実際に会員登録をしてから求人情報をチェックしたところ、かなり多くの情報を見ることができ、かつとても見やすいと感じました。その中から自分の希望に沿った情報を数件ピックアップし、募集に応じてみたところ、速やかに転職を決めることができました。

出典:ビーダル様さん2018年10月13日

5位:パソナキャリア

パソナキャリアのLP

(出典:パソナキャリア公式HP)

パソナキャリアは、求職者一人一人に寄り添ったサポートに定評がある転職サービスです。

一定の基準を設け優良企業に絞って登録しているため、求人数こそ多くはないものの質が高いことでも知られています。

ご自身の想定年収より高い企業に就職できることも多いので、年収もある程度求めたい30代の方にオススメです。

手厚いサポートを受けながら転職活動を進めていきたい方は、パソナキャリアに登録するといいでしょう。

【利用者の口コミ】

ここに登録し、その間に前職の仕事が忙しすぎて転職活動がだらだらと間延びしてしまったりして1年近く立ちましたが、定期的にメールを頂けてフォローしてくれます。 他のエージェントでは、最初の登録と数件の案件紹介が終えた後、連絡が途絶える所もありますが、ここは長期にわたり面倒見てくださいました。そういった意味では安心感を覚えます。(たまたま、担当頂いた方が優れて居たかもしれませんが)
私の希望する業界が特殊なのか、少し案件は少ないようにも感じましたが、私が知っているこの会社のエージェント、2人を拝見させて頂く限りはフォローや親切な気がします。

出典:みやずさん2018年9月20日

転職エージェントは多くなっておりますが、キャリアアドバイザーのサービス内容が充実しているということでパソナキャリアを選択しました。1度転職に失敗していたために、転職に対して不安を感じることが多かったのですが、キャリアアドバイザーの方に色々と相談しアドバイスをもらえたことで、自信をもって転職に臨むことができたのです。やはり転職エージェントを選択する際には信頼できるアドバイスがもらえる所を見つけるということが大切になるのだと実感しています。

出典:haruさん投稿日不明

パソナキャリア公式サイト
https://www.pasonacareer.jp/
 

7位:DYM就職

DYM就職のLP

(出典:DYM就職公式HP

「未経験から正社員就職」をコンセプトに掲げる、DYM就職。

求職者の利用満足度が高く、コンサルタントの提案力と求人の質で急激に利用者を増やしている転職エージェントです。

業界でも希少な未経験歓迎のIT求人も保有しているので、経歴に自信のない方でも快く求人紹介をしてくれることでしょう。

市場的に貴重とされている30代未経験の求人を数多く保有していることから、キャリアに不安がある方の登録を強く推奨します。

【利用者の口コミ】

今まで、アルバイトや派遣社員の働き口しかなく、でも、そろそろちゃんと正社員として就職したいと考えていました。しかし、今まで自分で求人を見て応募しても、なかなか採用に恵まれませんでした。何度履歴書を書いたか分かりません。
でも、DYM就職なら、自分の経歴、希望の職など登録するだけで、書類選考無しで面接に進むことができました。
面接の段階で私の情報が先方に伝わっているので、スムーズに話が進みました。
履歴書を書く手間も減り、色々な求人を常に紹介してもらえるので、前向きに就活をすることができるようになりました。正社員向けの求人も多く、期待が持てます。

出典:べにましこさん2019年3月19日

フリーターから正社員になりたいと思い未経験からOKのDYM就職で職を探すことにしました。
カウンセリングでは担当者の方が親身になって対応してくれたので、自分が本当に何をやりたいのかを知ることができました。求人情報も豊富にあったので、自分に合う求人に応募することができ本当に良かったです。
手間のかかる面接の日程調整も担当の方が行ってくれたので、スムーズに面接まで進むことができました。面接対策もしっかり行ってくれたので無事希望の職種へ就職することができ利用して良かったと思っています

出典:アリスさん2019年3月7日

DYM就職公式サイト
https://www.dshu.jp/

8位:JACリクルートメント

JACリクルートメントのLP(出典:JACリクルートメント公式HP

30代・40代・50代のキャリアアップ転職をサポートするJACリクルートメント。
外資系企業など、日系のグローバル職種に強いことで知られています。

コンサルタントもグローバル転職に精通した人材が多く、英文レジュメの添削などもお手のものです。

サポートレベルの平均値も高いので、キャリアアップ志向の方にとってこれ以上ない提案が受けられることでしょう。

外資系の職種に興味がある方は、登録し求人を見てみることをオススメします。

【利用者の口コミ】

私の転職希望地域では、私がこれまで続けてきたキャリアを続けられるような職種がほとんどなく、一時的に子育てのためパートに切り替えたのですが、やはり正社員で働きたいと求職活動を始めたものの大変困っていました。JACリクルートメントの担当の方は、とても親身になってくださり、私の続けてきたキャリアだけでなく、経験から可能性のある職種を紹介していただきました。別のエージェンシーの方と話していた時に、JACの担当の方のことをご存知で、その方だったらこの辺りの企業から厚い信頼を受けているから、大丈夫ですよと言われたくらいです。密な連絡もしてくださり、安心して転職活動を行えました。もし次があれば、ぜひまたお願いしたです。

出典:シュークリームさん投稿日不明

コンサルタントが元外資系で働いていたこともあって、外資の内情に詳しかったです。話がすぐ通じたのでストレスなく話を進められました。求人数が思ったより少なく感じたのは期待しすぎたせいでしょうか。少しがっかりでした。

出典:かかおさん投稿日不明

JACリクルートメント公式サイト
https://www.jac-recruitment.jp/

30代におすすめの転職エージェント比較表

順位1位2位3位4位5位6位7位
サービス名リクルートエージェントdodaリクルートダイレクトスカウトビズリーチパソナキャリアDYM就職JACリクルートメント
特徴業界最大手・No.1の求人数顧客満足度No.1※1企業からのヘッドハンティングシステム搭載国内最大級ハイクラス転職サイト求職者に寄り添う丁寧なサポート経歴・学歴に不安があってもOK外資系企業の求人・コンサルティングが充実
業界・職種全般全般全般全般全般全般全般
公開求人数
(※非公開求人数)
118,000
(177,000)
84,000
(36,000)
70,000
(非公開)
127,000
(非公開)
37,000
(非公開)
完全非公開12,400
(非公開)
求人の質
サポート力
レスポンスの速さ

※横にスクロールできます ※1:2024年 オリコン顧客満足度Ⓡ調査 転職エージェント 20代 第1位

転職エージェントの仕組み<相談から内定まで全て無料>

転職エージェントとは、企業と求職者を繋げるマッチングサービスのことです。

採用を希望している企業と求職者が登し、転職エージェントは双方の希望がマッチするように仲介をします。

求職者は原則無料で利用できるのが特徴ですが、その理由は求職者が無事に内定し一定期間勤務すると企業から転職エージェントへ成功報酬が支払われる仕組みだからです。

企業からの報酬が収益になるため、求職者側は一切金銭を払わず無料でサポートを受けることができるのです。

企業としても転職エージェントを仲介することで人事の負担を減らし、選りすぐりの人材から内定者を決定できるメリットがあります。

転職エージェント側は求職者の内定と職場への定着によって報酬が得られるので、「転職を成功させる」という目的は求職者と同じ。

よりマッチした就業先の内定を確定させるため、相談や面接の日程調整・選考対策などを二人三脚でサポートをしてくれるわけです。

30代前半の男性・女性におすすめの転職エージェント3選

30代前半の方に特におすすめできる転職エージェントは、下記の3社です。

それぞれ詳しく解説していきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントのLP

(出典:リクルートエージェント公式HP

まず一つめは、業界最大手サービスのリクルートエージェント。

コンサルタントもキャリア支援の実績に優れている人材が多く、特に20代後半~30代前半の転職支援を得意としています。

膨大な数の求人から条件にマッチする案件の提案を受けられるので、効率的に転職活動を行うことができることでしょう。

リクルートエージェント公式サイト
https://www.r-agent.com/

doda

dodaのLP

(出典:doda公式HP)

業界2位の規模感を誇っている、dodaエージェントサービス。

転職フェアやセミナーを実施しているので、企業の持つ価値観や雰囲気を事前に把握し入社後のミスマッチを防ぐことができます。

また自身の適性や市場価値を知るための独自コンテンツも豊富なため、30代前半の転職活動には心強い味方となってくれることでしょう。

doda公式サイト
https://doda.jp/

DYM就職

DYM就職のLP

(出典:DYM就職公式HP

未経験歓迎求人が豊富な、DYM就職。

人柄重視の採用傾向にある企業が多く、無職やフリーターなど経歴に自信のない方でも利用しやすいことが特徴です。

またコンサルタントの提案力と登録企業の質が良いため、入社後の定着率が高いことでも知られています。

30代前半であれば未経験からの転職でも門前払いされることは少ないです。

DYM就職公式サイト
https://www.dshu.jp/

30代後半の男性・女性におすすめの転職エージェント2選

30代後半の方におすすめしたい転職エージェントは、下記の2社です。

それぞれ詳しく解説します。

ビズリーチ

ビズリーチLP

(出典:ビズリーチ公式HP

まず一つめは、ハイキャリア特化型エージェントであるビズリーチです。

30代後半~40代に向けたハイクラス求人が揃っており、平均年収で900万円ほど。
キャリアや経歴を活かし、他では見ることのできないような優良求人に応募することができます。

自身の市場価値を知ることにも繋がるので、30代後半の求職者は登録しておくべきと言えるでしょう。

ビズリーチ公式サイト
https://www.bizreach.jp/

JACリクルートメント

JACリクルートメントのLP

(出典:JACリクルートメント公式HP

グローバル転職に強いJACリクルートメントも、30代後半の求職者にオススメです。

外資管理職のラインナップでは右に出るものがなく、JACリクルートメントでしか閲覧することのできない独占求人も多数。

また各分野に精通したキャリアアドバイザーが常駐しており、ご自身に合った転職プランを計画してくれることでも知られています。

40代に向けたキャリアアップのための視野を広げるためにも、登録しておくといいでしょう。

JACリクルートメント公式サイト
https://www.jac-recruitment.jp/

【目的別】30代におすすめの転職エージェント

30代の転職活動における、状況別のオススメ転職エージェントを紹介します。

気になる項目がある方は、ぜひ一度目を通してみて下さい。

初めての転職・未経験・スキルなしの30代

リクルートエージェントのLP

(出典:リクルートエージェント公式HP

初めての転職をする30代の方は、まずリクルートエージェントに登録しましょう。

幅広い業種・職種の求人を閲覧でき、より多くの選択肢から自分のキャリアを検討できます。

経歴を問わない求人も豊富にあるので、未経験での転職も心配はいりません

応募書類の添削から選考対策・面接の調整・内定後の条件交渉までコンサルタントが丁寧にサポートしてくれるので、転職の進め方がよく分からないという方も安心して利用できるでしょう。

リクルートエージェント公式サイト
https://www.r-agent.com/

高卒・大学中退など学歴に自信がない30代

dodaのLP

(出典:doda公式HP)

学歴に自信のない方は、dodaエージェントサービスを利用しましょう。

レジュメ添削やフォーマット機能など、学歴の欠損を前向きに企業へ伝えるノウハウが備わっています。

またエージェントが保有する求人数も多いため、学歴に自信がなくとも様々な案件の中から十分に吟味することができ、効率的な転職活動が可能です。

dodaは目的に応じてサイト機能とエージェント機能を使い分けることができますが、経歴に自信のない方はエージェントサービスを利用し、サポートを受けることを推奨します。

doda公式サイト
https://doda.jp/

ニート・フリーター・職歴なしで自信がない30代

DYM就職のLP

(出典:DYM就職公式HP

職歴に自信のない方はDYM就職を利用しましょう。
求人の多くが未経験可の案件であるため、職歴に自信のない方でも安心して利用することができます。

また経歴書などの作成をエージェントが代行してくれるため、空白期間を上手に企業へ伝えることも得意としています。

キャリアや職歴に不安のある方は、DYM就職に登録することで新しい道が拓けることでしょう。

DYM就職公式サイト
https://www.dshu.jp/

ハイクラス転職を目指したい30代

ビズリーチLP

(出典:ビズリーチ公式HP

ハイクラス転職を目指す方は、ビズリーチの利用を推奨します。

ビズリーチには企業との独自のパイプがあり、中には戦略企画など会社経営に直結する重要ポストの求人も。

ご自身のキャリアを活かし、更なるやりがいと収入を求める方にはこの上なく魅力的なサービスと言えるでしょう。

ビズリーチ公式サイト
https://www.bizreach.jp/

30代の転職の進め方5ステップを解説

30代求職者の転職の一般的な流れは、以下の4ステップです。

  1. サービスに登録
  2. 求人に応募
  3. 選考対策
  4. 面接
  5. 内定

転職エージェントを利用することにより、求人応募~面接までを効率的に進めることができます。

自分の希望や条件に合う求人だけを紹介してくれるので、自分で求人探しをする必要がありません。

また市場には出回らないエージェント限定の非公開求人に応募することもできます。

また必要書類の添削や選考対策など、転職市場に精通したエージェントしか知りえないノウハウを教えてもらうことも可能。

面接日程調整や給与交渉なども転職エージェントが代行してくれるので、面倒なやりとりも一切不要です。

30代の転職に転職エージェントを使うべき理由とメリット

30代の求職者が転職エージェントを利用することで得られるメリットは、主に以下の3点です。

それぞれ詳しく見ていきます。

求人票に記載されていない条件を把握できる

まず一つめは、求人票の裏事情を加味した求人案内を受けられることです。

  • 年齢を制限する事項(雇用対策法)
  • 性差を制限する事項(男女雇用機会均等法)
  • 地域・性格を制限する事項(労働基準法)

これらの条件は、たとえ企業が求める人物像として重要なものだとしても記載することはできません

転職エージェントのコンサルタントはこれらの裏事情を把握したうえで求人の紹介をしますので、「年齢を理由に選考が通らない」という無駄を大幅に省くことができます。

転職のプロからの手厚いサポートが受けられる

転職エージェントでは、転職支援のプロからのサポートを受けながら転職先を見つけることができます。

経歴書添削や面接対策はもちろん、企業との年収や条件交渉など、ご自身でやるには気が引けることも代行してくれることが特徴です。

絶対に失敗できない30代求職者の転職活動にとって、心強い味方となってくれることでしょう。

企業の風土を把握したうえで応募できる

転職エージェントでは、応募企業のリアルな雰囲気を聞いたうえで応募することができます。

転職サイトの情報は企業が提出するものであり、企業にとって都合のいい情報のみが記載されていることがほとんどです。

対して転職エージェントは、求職者が企業に定着して初めて100%の報酬を得られる報酬発生上の都合から、危ない・合わなそうな会社は事前に伝えてくれます

ご自身の希望条件を正直に伝え、エージェントとすり合わせながら活動を進めていくといいでしょう。

30代の転職エージェントの賢い選び方

30代求職者が転職エージェントを選ぶ際、気を付けたいことが2点あります。

それぞれ詳しく解説します。

総合型エージェントか特化型エージェントか

転職エージェントは、総合型と特化型の2つに大別できます。

総合型エージェントは、業種・業態を幅広く網羅した求人数の多いサービス。

対して特化型エージェントは、求人数こそ少ないものの特定の分野に特化して求人を集めたサービスです。

【例】

総合型エージェント
→リクルートエージェント・doda・パソナキャリア

特化型エージェント
→ハイクラス特化:ビズリーチ・JACリクルートメント
未経験特化:DYM就職

効率的に転職活動を進めるため、ご自身の適性に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

自身の居住地域に対応しているか確認

コンサルタントとの面談ができる会場が生活圏にあるかどうかも重要なポイントです。

転職エージェントのコンサルタントは、面談時に分かる求職者の人柄によってどの企業に売り込むかを決めます

よって面談に行かず電話やメールのみで求人紹介を受けることは、ご自身と就業先とのミスマッチを生みかねません

また20代よりポテンシャルが劣る30代の求職者にとって、人柄の要素は重大です。
自分を売り込むためにも、面談会場が近くにあるサービスを選ぶようにしましょう。

30代が転職エージェントを利用する3つのコツ

30代の求職者が転職エージェントを利用するにあたり、押さえておきたいコツを紹介します。

これらのコツを意識するとよりよい就業先と出会える可能性がグッと高まりますので、ぜひ参考にしてください。

転職エージェント・サイトは必ず複数登録する

転職エージェント・サイトは必ず複数登録しておきましょう。

転職エージェントでは一社のみが保有する独占求人や、企業戦略上サイトに公開されていない非公開求人があります。

そのため一社のみの登録では求人を十分に吟味することが叶わず、理想の就業先に出会えないまま転職活動を終えてしまうことにも繋がりかねません。

ただ登録が多すぎて手が回らなくなっても本末転倒ですので、3~4社ほど転職エージェントを利用すると良いでしょう。

オススメは総合型エージェントを2社、自身の適性に合った特化型エージェントを1~2社ほど登録すること。

そうすることでたくさんの求人の中から精査することができ、総合型サイトで補えない求人も網羅することができます。

転職時期は「良い求人があればすぐ」と伝える

転職時期をコンサルタントに聞かれたら、「良い求人があればすぐに」と答えましょう。

転職エージェントは、求職者の転職が成立することで推薦先の企業から手数料を得るビジネスモデルです。
報酬発生の都合上、どうしてもすぐに転職する意欲のある人材」の優先度が高くなります

このエージェント側の心理を利用し、すぐに転職したい意思を伝えることで優先的に求人案内をしてもらいましょう。

コンサルタントの相性が悪い場合は変更する

コンサルタントとの相性がどうしても合わない場合は、窓口に変更を申し出ましょう。

転職エージェントのコンサルタントには大抵の場合ノルマが課せられており、ネット上で見受けられる「強引に求人紹介をされた」「対応が不親切に感じた」という口コミは、ノルマ達成における精神的重圧が絡んでいることがほとんどです。

人材紹介業に携わる人間が全員「高圧的で不親切」な訳ではないので、そういった場合には担当者変更の意思をメールか電話で伝え、相性の良い担当者を探しましょう

担当コンサルタントの変更は業界内ではよくある話ですから、過度過ぎない限りは問題として扱われません。

30代の転職エージェント利用に関するQ&A

30代の転職にまつわる、よくある疑問をまとめました。

気になる項目がある方は、ぜひ一度目を通してみて下さい。

30代未経験・スキルなしでも転職エージェントは使える?

未経験や業界の知見が浅い方でも、転職エージェントを使うことはできます。

近年ベンチャー企業などでは、業界の悪習に染まっていない未経験人材に絞って求人を出していることも多いです。

年収に大きくこだわりがある訳でなければ、転職先を見つけることはそう難しくないでしょう。

高卒・ニート・フリーターでも転職エージェントは使える?

高卒・ニート・フリーターでも、転職エージェントを使うことはできます。

即戦力を求められるハイクラス転職エージェントは避けるようにし、色々な業態を扱う総合型エージェントか「ニート・フリーター歓迎」を謳っているDYM就職を利用すると良いでしょう。

30代後半の転職は難しい?

30代後半の転職は、同業種であればむしろ有利に働くことが多いです。

終身雇用制度がなくなり企業の定着率が下がったことから、近年企業の管理職不足が嘆かれています。
経験豊富な30代後半人材は、企業にとってありがたい管理職候補となるでしょう。

また企業間で異業種の人材を管理職候補として育成し、社内で習慣化した悪習を壊す経営手法のブームも起きています。

そういった背景も手伝って、未経験の業種にも飛び込みやすい時世と言えるでしょう。

30代の転職で年収を上げることはできる?

30代の転職で年収を上げることは、同業種であれば可能です。

転職エージェントを利用した転職活動では、内定後に企業への年収交渉が入ります。

即戦力の30代人材はどこの企業も欲しがっていますから、現在の収入が市場の平均的なものであれば収入を上げることは難しくないでしょう。

在職中で面談に行けない場合はどうすれば?

面談に行けない場合は、電話かメールのみの求人提案を受けることも可能です。

また時勢柄の理由から、オンラインでの面談を推奨しているサービスもあります。

登録後エージェントから確認の連絡が来ますので、面談に行けない旨を伝えましょう。

30代は転職エージェントの利用が必須!自分に合ったサービスを探そう

ここまで30代の転職について、転職エージェントの利用を推奨する理由を説明してきました。

30代の転職は、20代のそれとは重みが違います。
キャリア形成の最終ラインとして、絶対にミスのできない30代の転職活動

今回ご紹介した転職エージェントは30代転職に最適なサービスですので、最大限活用してご自身の希望を叶える転職先を見つけてください。

【当記事の執筆・運営者】

当メディアは、求人広告代理業・人材関連サービスを展開する株式会社hitocolorが執筆・運営しています。

株式会社hitocolorは、厚生労働省【有料職業紹介事業許可労働者派遣事業許可】取得企業です。

転職・人材分野の豊富な実績と知識を持つ弊社が、転職を考える皆様に有益で正確な情報をお届けしてまいります。

運営会社株式会社hitocolor
設立 2016年4月12日
代表取締役鈴木けんすけ
本社所在地〒105-0003
東京都港区西新橋2-39-8 鈴丸ビル7階
支社所在地高知支社
〒781-5232
高知県香南市野市町西野2217-1
資本金10,000,000円
事業内容求人広告代理店事業
有料職業紹介事業
自社メディア・コンテンツ運営
許認可番号有料職業紹介事業許可番号】13-ユ-310482
労働者派遣事業許可番号】派 13-314487
プライバシーマーク登録番号】第21004576(01)号

※本内容は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。