*本ページはプロモーションが含まれています

むかつく・うざい転職エージェントの特徴と対処法|信用できない理由を裏事情を踏まえ解説します

転職エージェントむかつくのアイキャッチ

転職エージェントの利用を検討しつつも、「上から目線でむかつく」裏事情がありそうで信用できない」と懐疑的な意見を持つ人も少なくないでしょう。

利用者の声の中には、確かに悪質と言える対応をされるケースもあるようです。

そこで当記事では、以下の内容について解説します。

転職についての知見を深めたい方は、ぜひご一読ください。

関連記事

【当記事の執筆・運営者】

当メディアは、求人広告代理業・人材関連サービスを展開する株式会社hitocolorが執筆・運営しています。

株式会社hitocolorは、厚生労働省【有料職業紹介事業許可労働者派遣事業許可】取得企業です。

転職・人材分野の豊富な実績と知識を持つ弊社が、転職を考える皆様に有益で正確な情報をお届けしてまいります。

【この記事の監修者】

監修者:鈴木けんすけさん

株式会社hitocolor
代表取締役社長  鈴木けんすけ

2016年9月、株式会社hitocolorに参画。2020年4月より、代表取締役社長に就任。

「働くことにワクワクする社会」を追求し、
求人広告代理店事業・有料職業紹介事業の展開、転職サイト・自社オウンドメディア運営など、人材に関わるさまざまなサービスを提供している。

【経歴】

1980年(昭和55年) 神奈川県出身
2000年4月 株式会社アールケイエンタープライズに入社
2006年2月 個人事業主としてBtoC事業運営
2012年3月 KDDI株式会社に入社
2016年9月 株式会社hitocolorに参画
2017年6月 同、執行役員に就任
2018年4月 同、取締役に就任
2019年4月 同、常務取締役に就任
2020年4月より、当企業代表取締役社長に就任。

>>監修者詳細ページはこちら


【会社HP】
株式会社hitocolor

Contents

むかつく・うざい転職エージェントの特徴5選

よく利用者からむかつく・うざいと思われる転職エージェントには、以下のような共通点があります。

それぞれ理由と対応方法を解説していくので、確認していきましょう。

上から目線で偉そう・態度が悪い

まずはじめに最もむかつくと感じるのが、コンサルタントの態度が偉そうである点です。

会社都合の求人を押し付けたい・転職活動の舵を取って思うように動かしたいがために、マウントを取るような口調で話してしまうコンサルタントは少なくありません。

転職エージェントのコンサルタントは、運営会社へ電話かメール1本で担当者を変更できます

人間的に合わない・むかつくコンサルタントが担当の場合は、即座に担当変更の依頼をかけましょう。

連絡がしつこい

次によくうざいと思われる点として挙がるのは、連絡頻度が高すぎるコンサルタントです。
連絡頻度が多いコンサルタントの特徴として、主な理由は2つに分けられます。

  • 求職者のスケジュールに気が回っていない
  • 売上ノルマを優先している

経験が浅いコンサルタントの場合は特に気合が空回りし、しばしば求職者から「うざい」と思われることもあるでしょう。

転職スケジュールを再度共有し、連絡頻度を下げてもらうよう伝えることで多くは解決できます

ただ一方で、売上やノルマといった自己都合を優先するコンサルタントもゼロではありません。

スケジュールの共有で改善が認められない場合は、担当者変更・他社サービスの利用を視野に入れましょう。

内定承諾を急かす

先述の自己都合にも繋がりますが、内定承諾を急かすコンサルタントは基本的に変更を申し出て下さい。

コンサルタントが内定を急かす原因のほとんどは、以下のような自己都合です。

  • 自分の売上が足りない
  • 特定の企業へ早く人材を採用させたい

上記2点に関して、求職者からしたら自分に関係ない裏事情と思うでしょう。

まさしく関係なく完全なコンサルタントの自己都合です。

全員がこの様な自己都合を押し付けるコンサルタントではないので安心して良いですが、全くゼロとは言い切れないので注意して下さい。

希望と違う求人を強引に提案してくる

希望と違う求人を提案されると、話を聞いていなのかとむかつくこともあるでしょう。
コンサルタントが希望通りの求人を提案してこない場合、以下のケースがあります。

  • 面談時の希望条件がすり合わせできていない
  • 特定の企業へ入社させたい裏事情がある

まず希望条件のすり合わせが上手くいっていないと、理想となる企業の提案を受けられません。
その場合、再度面談を申し込み改めて希望条件のすり合わせを行ってください。

もう一つは、裏事情的な要素を含み特定の企業へ入社させようとする雰囲気を感じたときです。

この場合は先述同様、コンサルタントが自己都合で動いているケースが高いので別の担当者に変えてもらうことを推奨します。

求人紹介を断ってくる

最後のケースですが、事実上の登録拒否をされたケースです。

登録拒否をされるケースとして考えられるのが、求職者のスキルと取扱い求人のレベルが一致していないことが挙げられます。

例えばハイクラス専門の転職エージェントで年収1,000万円クラスの求人を取り扱っていれば、第二新卒や未経験とは相性が合いません。

そのため登録拒否をされた場合、一度スキルや経験を確認し自分のレベルに合う転職エージェントを利用するようにしましょう。

転職エージェントの対応がムカつく体験談5選

実際に転職エージェントを利用し、むかつくと感じた体験談がいくつか挙がっています。

それぞれの体験談の詳細を以下に解説していくので、参考にして下さい。

担当者と相性が合わない体験談

最初に担当者と合わないという声が挙がっており、主に人間的な相性が多く集まっています。

以前転職エージェントを利用していましたが、担当者さんと相性が良くないと感じました。説教じみたことを言われたり態度が悪いというわけではないですが、細かいことつついてくる感じで正直めんどくさいと思いました。

Kさん 東京都 25歳 男性

好き嫌いの範囲かもしれませんが、今の担当してくれるコンサルタントは微妙に相性が良くない感じがします。言葉の節々がやや高圧的というか、偉そうというか。転職エージェントってみんなこんなかんじなんでしょうか。

Sさん 神奈川県 28歳 女性

相性が合わないと感じた利用者の多くは、むかつく・うざいとは感じないもののどこか「いまいち合わない」と漠然と感じているようでした。

大前提としてあまりにも横柄な態度や悪い対応をされる場合は別ですが、人としての相性はやや好き嫌いといった観点も入ってくるでしょう。

なんだか相性が合わないと感じる場合でも担当者の変更は可能なので、運営会社に連絡を入れると良いです。

対応が悪いわけではなく相性であることを伝え、担当者の評判を下げないよう注意して下さい。

これまでの経歴に対して説教された体験談

次に挙がるのが説教をされた体験で、経歴やスキルを貶されたと感じる利用者もいます。

これまで営業成績もトップで、キャリアアップを考え転職エージェントを利用しました。ところが担当者が「この規模なら当然」「外では通用しない」など、説教じみた話を切り出してきました。そもそも一緒に働いたことない人に勝手に判断されても、まともに話を聞く気になりません。

Kさん 30歳 千葉県 男性

現職の人間関係が悪く体調を壊し、転職を考えていました。転職エージェントに登録し面談をしましたが、コンサルタントからは甘え、逃げといった具合にネガティブなことばかり。転職理由は人それぞれなので、そんなに否定しなくても良いと思います。

Tさん 25歳 愛知県 女性

転職をする理由は人それぞれですが、意見を受け入れず説教をするコンサルタントもいました。

本来であればパートナーとなるはずのコンサルタントから、意見を否定され説教をされるとむかつく・うざいと思うことも当然でしょう。

意見を伝えづらいようであれば「担当を変更する」「他の転職エージェントを利用する」などの対応策を取ることをおすすめします。

コンサルタントに見捨てられる・切られる体験談

コンサルタントに見捨てられる、事実上の登録拒否のような扱いを受けた利用者もいます。

転職エージェントの人、途中でどうやら見放したんでしょうか。全然連絡も来ないしこちらからの連絡にも返事がないです。最悪切られるでいいので理由くらいは教えてほしいですね。

Oさん 大阪府 23歳 男性

未経験OKの求人を中心に転職エージェントを利用していましたが、なかなか応募できるものがないと言われました。それでも休日が確保できる職場に移りたく面談を重ねましたが、最終的には無理ですと結論付けられました。

Kさん 福岡県 24歳 女性

コンサルタントに見放される場合、口コミを見てみると以下のような2パターンが存在します。

  • 希望条件が多すぎる
  • スキルが足りていない

大前提として、どんなに優秀な人でも希望条件を全て叶えることはほとんど不可能です。
譲れない条件を軸にすることは良いですが、ある程度の妥協点も持たなければなりません。

例えば休日を確保するには年収が下がる、高年収であればある程度残業や責任は多いなど対極の条件は両立しづらいです。

高年収や高待遇を望むも、スキルや実務経験がなければ応募も難しいケースもあるでしょう。

コンサルタントから見捨てられたと感じる人は、自身のスキル・希望条件の理解が足りないケースが多いため、一度可視化して確認すると良いです。

的外れなアドバイスをされた体験談

アドバイスを求めていたにも関わらず、的はずれな意見を述べられた利用者もいるようです。

IT企業への転職を希望しエージェントを利用しましたが、どうも話が合いませんでした。もしかして担当者さんIT系に強くないのかな。

Hさん 北海道 28歳 男性

いまいち質問に対する解答がずれている感じが否めません。というよりも業界に対しての知識が浅い可能性すら感じます。

Kさん 広島県 30歳 女性

的確な支援を求めているも、期待通りの情報が得られないといった口コミも挙がっています。

  • 担当者の歴が浅い
  • 業界に対しての勉強不足

転職エージェントをはじめとする人材業界は、人の出入りが激しいです。

そのため担当したコンサルタントが入社して間もない場合、プロとしての的確な意見を得られないケースもあるでしょう。

多くの業種を取扱う総合転職サイトの場合、数多くの業界知識を勉強しなければなりません。
あまりにも担当する業界が多いと、情報のインプットが間に合わないケースもあるでしょう。

目指す業界に精通しているコンサルタントを希望することで、必要なアドバイスを得られます。

ブラック企業を必死に勧めてきた体験談

最後の口コミですが、ブラック企業を勧められたという非常に悪質なケースです。

なんかすごい特定の会社をすすめて来るなと思い、帰宅後調べてみました。その会社口コミも評判も最悪のブラック企業で、応募しなくてよかったと心底安心しています。

Kさん 東京都 25歳 男性

応募条件が厳しくなく、未経験OKの求人に応募しましたが、面接に行ってびっくりしました。態度は悪いし雰囲気も思いし、おそらくブラック企業の類いだと思います。

Sさん 福岡県 23歳 女性

最も気をつけなければいけないのが、提案された求人がブラック企業であることです。
特定の企業を勧められ、確認するとブラック企業だったというケースもあります。

担当企業にブラック企業を抱えるコンサルタントの場合、なかなか採用が上手くいかない焦りから無理にブラック企業をすすめてしまうこともあるようです。

もしも必要以上に特定の会社を勧められた場合は、すぐに応募せず一度持ち帰りましょう。
その会社を自分の目でも調べることで、ブラック企業への応募を未然に防げます。

転職エージェントがむかつく対応をしてくる理由

転職エージェントの態度が悪いのには理由があり、以下のような事情が考えられます。

それぞれの裏事情を把握することで、コンサルタントへの理解も高まります。

企業から手数料を得るビジネスモデルであるから

転職エージェントの収益源は、人材を推薦した企業です。
一般的には採用した人の想定年収の30%前後が手数料としてエージェントに支払われます。

例えば年収400万円の自在を紹介し採用に繋がれば、エージェントは120万円前後の報酬を受け取るモデルです。

ただ採用する企業によっては、手数料が高くなるケースもあります。

コンサルタントも売上を立てなければいけないため、手数料が多く入る事業所へ積極的に人材を紹介したいでしょう。

そのため特定の求人を提案してきたり、希望に合わないものを紹介するケースがあります。

人材業界は入れ替わりが激しいから

人材業界は離職率が高いことで有名で、毎年多くの離職者が出ます。
一方で未経験から応募もできるため、多くの人が人材業界に参入していることも事実です。

このように流動が激しい人材業界は、必ずしも質の高いコンサルタントと巡り会えるわけではありません。

場合によっては歴の浅い新入社員が担当だったり、業界に対する知識が浅い人が対応するケースもあります。

質の高いコンサルタントを見つけるには時間がかかるケースもあるので、いい人が見つかるまで複数のエージェントを比較検討すると良いでしょう。

転職エージェントにイライラする場合の対処法

転職エージェントにむかつく・イライラする場合は、以下のような対処法を参考にして下さい。

上記3つの対応方法を、それぞれ詳しく解説していきます。

担当者を変更してもらう

まず最初の対応方法は、担当者の変更です。

先述でも触れましたが担当者の態度が悪い場合・説教をしてくる・信用できないと思った際は変更を申し出ましょう

多少気まずさも感じるかもしれませんが、職業柄コンサルタントは交代を申し出られることに慣れています。

どのように伝えたら良いか迷う場合、以下の例文も合わせて参考にして下さい。

担当者変更依頼の例文

担当者の変更をメールで伝える場合の例文を、相性が悪いケースと態度が悪いケースでそれぞれ解説していきます。

いつもお世話になっています。貴社のサービスを利用している(自分の名前)です。今回は担当者変更のご依頼をしたくご連絡致しました。現在担当してくださっている〇〇様に関しまして、特別対応などの不満はございません。ただより多くの人のアドバイスを参考にしたいので、可能であれば担当を変更してもらえますでしょうか。何卒よろしくお願いいたします。

続いて担当者の質が低いケースです。

いつもお世話になっています。貴社のサービスを利用している(自分の名前)です。今回は担当者変更のご依頼をしたくご連絡致しました。現在担当してくださっている〇〇様のご連絡、情報共有等においてやや相性が合わないと感じております。つきましては担当者様のご変更をお願いいたします。

対応が悪いコンサルタントの場合も、あまり直接攻撃的な文言は避けるほうが無難です。
ややオブラートに包みつつも、対応が悪いことを示唆し変更を依頼して下さい。

意思を明確に伝える

次に的はずれな提案や一方的な求人を提案される場合、自分の意見をしっかりと伝えましょう。
転職エージェントを利用する最大のメリットとして、プロの転職支援が挙げられます。

ただ希望条件や意見を伝えないと、お互いの認識にずれが生じるでしょう。
その場合支援内容も適切なものとはかけ離れ、質も下がります。

自分の意見がコンサルタントと違う場合言い出しづらい一面もあると思いますが、今後の転職活動の質を上げるためにも正直に伝えて下さい。

他社の転職エージェントを並行利用する

最後のポイントは、転職エージェントを複数利用することです。
複数利用することで情報量が増えることはもちろん、エージェントの対応も変わります。

もし転職エージェントを1社しか利用していなければ、コンサルタントもある程度自分勝手なことをいえるでしょう。

ただ求職者が複数の転職エージェントを利用していると、コンサルタントも選ばれる立場になります。

競合がいると感じた場合「できるだけ自分のもとで転職を決めてもらいたい」という思いから対応も丁寧になるでしょう。

そのため1つの転職エージェントに依存せず2~3社程度同時に利用し、コンサルタントにもその旨を伝えておくことが望ましいです。

口コミが良い転職エージェント厳選3社を紹介

ここまで転職エージェントの実態を紹介してきましたが、それを踏まえ信頼の置けるサービスを3つ選出しました。

それぞれ特徴が異なりますので、以下を参考にして下さい。

リクルートエージェント:業界最大級の規模

リクルートエージェントのLP

(出典:リクルートエージェント公式HP

人材業界最大手のリクルートが運営するリクルートエージェントは、トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。

今の年収よりも高い企業を求め、リクルートエージェントへ登録しました。求人数が多いため選択肢も様々で、希望条件とすり合わせながら転職先を探せました。担当者さんも親切な人だったので満足です。

Kさん 27歳 東京都 男性

未経験OKの求人が見つかりジョブチェンジができました。リクルートエージェントは求人数の多さに加え難易度が高くない求人があることも良いと思います。

Oさん 25歳 愛知県 女性

リクルートエージェントの特徴はトップクラスの求人数と、コンサルタントの質の高さです。

人材業界を担うリクルートキャリアは1977年設立と歴史が長いため、多くの企業から信頼を集め様々な求人を取り扱っています。

またコンサルタントの質も高く丁寧な対応や、電話がしつこくない点もメリットでしょう。

豊富な求人とサポート体制が整っているリクルートは、初めての転職で不安が多い人でも利用しやすいです。

リクルートエージェント公式サイト
https://www.r-agent.com/

doda:エージェント機能のオンオフができる

dodaのLP

(出典:doda公式HP)

dodaはリクルートと同様、人材業界で知名度の高いエージェントです。

dodaを使って転職をしましたが、結構使いやすかったです。エージェントを使う人と使わない人、どちらにも対応しているのでしつこい電話などにも悩まされず転職活動ができました。

Sさん 大阪府 28歳 男性

dodaの転職サイトのサービスは結構多いと思います。転職市場の動向や年収の推移など得られる情報が多いです。最初はアドバイザーなしで転職を考えていましたが、途中からアドバイザーにも付いてもらいスムーズに転職ができました。

Kさん 埼玉県 26歳 女性

dodaはコンサルタントに担当してもらうかどうかを、求職者側で選択可能です。

コンサルタントが必要な場合登録を行い、担当者経由で求人に応募しサポートを受けられます。

反対に一人で転職活動を行いたい人は、コンサルタントを通さず直接応募が可能です。

そのためコンサルタントからしつこい電話を受けたくない人も安心して利用できるでしょう。

またコンテンツも充実しており、サイト上では以下の情報が入手できます。

  • 転職体験談
  • 職種・業界別年収ランキング
  • 転職市場情報・同行予測
  • 133の職種別職務経歴書サンプル
  • レジュメビルダー

このように豊富なコンテンツがあるdodaは、転職前に事前準備に力を入れミスマッチを防ぎたい人にもおすすめです。

doda公式サイト
https://doda.jp/

就職Shop:優良企業のみを厳選登録

就職ShopのLP

(出典:就職Shop公式HP

就職Shopは優良求人が多く、スピーディに転職を進められる転職エージェントです。

就職Shop、書類選考をスキップできる求人が多くて早い段階で転職できました。しかも待遇もよく、前職に比べ給与も休日も増えました。

Kさん 大阪府 28歳 男性

転職の知識がなく不安でしたが、就職Shopの担当者さんに対応してもらい助かりました。就職Shopは未経験OKの求人が多い印象で、スキルに自身がなくても転職できて満足です。

Iさん 京都府 23歳 女性

就職Shop最大の特徴は書類選考がない求人を多く取り扱っている点です。

そもそも就職Shopは取扱求人を精査し、優良求人を多く取り扱っています。

また各企業とも信頼関係を築いているため、企業側も就職Shopからの推薦者をすぐに面接するなどスピード感に関する高評価の声も多いです。

そのためなるべ早く優良企業へ転職を考えているのであれば、一度就職Shopを利用してみると良いでしょう。

就職Shop公式サイト
https://www.ss-shop.jp/

転職エージェントにまつわるQ&A

転職エージェントの利用を考えている人からよく挙がる質問を集めました。

自分も気にある点があれば、以下の解説を参考にしてください。

女性求職者は同性のコンサルタントに依頼するべき?

男女差別ではないですが、女性ならではの悩みがあるのであれば女性コンサルタントの方が良いケースもあります。

単に転職市場や業界の情報が必要な場合は、男女問わず経験豊富なコンサルタントへ依頼をすると良いでしょう。

しかし結婚や出産、前職でセクハラ・パワハラが多かったなど女性が悩みやすいポイントは女性コンサルタントの方が共感してもらえます。

そのため転職の軸により、女性のコンサルタントへ依頼することも視野に入れましょう。

嫌いな転職エージェントとの付き合い方は?

結論として信用できない、むかつくと感じる転職エージェントとは付き合わなくて良いです。
先述で触れましたが、コンサルタントは変更してもらえます。

またコンサルタントも変更の申し出をもらうことは珍しくありません。

せっかく転職エージェントを利用しても、嫌いなコンサルタントとでは転職活動の質も下がりメリットを活かしきれないでしょう。

そのためもしも担当者と合わないと感じたら、運営会社に連絡をいれ担当変更をしてもらいましょう。

転職エージェントがいらない人の特徴は?

基本的には転職エージェントの利用がおすすめですが、以下の特徴に当てはまる人は自力でも転職が進められます。

  • 転職のノウハウを深く理解している人
  • 業界研究・企業研究を自力でできる人
  • 書類添削・面接対策などのサポートが不要な人

上記のように、転職活動における内容を自力でできれば転職エージェントは必要ないでしょう。

ただ転職エージェントは無料で利用でき、忙しいときには代わりに求人を探してくれるなど頼りになる存在です。

そのため特に利用しない理由がない限り、転職エージェントを利用することで内定獲得の確率が上がります。

転職エージェントは裏事情を踏まえた上で賢く使い倒そう

最も重要なことは、むかつく・信用できないといった質の低いエージェントとは付き合わないことです。

人によっては売上やノルマといった裏事情をベースに提案をしてくることもあるので、求職者側もメリットを最大限活かしきれません。

担当者は変更が可能なため、より自分と相性の良いエージェントを見つけるといいでしょう。

【このサイトの運営者情報】

運営会社株式会社hitocolor
設立 2016年4月12日
代表取締役鈴木けんすけ
本社所在地〒105-0003
東京都港区西新橋2-39-8 鈴丸ビル7階
支社所在地高知支社
〒781-5232
高知県香南市野市町西野2217-1
資本金10,000,000円
事業内容求人広告代理店事業
有料職業紹介事業
自社メディア・コンテンツ運営
許認可番号有料職業紹介事業許可番号】13-ユ-310482
労働者派遣事業許可番号】派 13-314487
プライバシーマーク登録番号】第21004576(01)号

※本内容は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。