*本ページはプロモーションが含まれています

信用できない転職エージェントの特徴とは?評判から実態と対処法を解説します

信用できない転職エージェントのアイキャッチ

昨今の転職活動では必須とも言える、転職エージェント。
しかし中には信用できない・自社の利益だけを考えたエージェントがいることも事実です。

そこで当記事では、以下の内容について徹底解説しています。

信用できない転職エージェントの特徴を知り、転職エージェントを賢く使い倒しましょう

【当記事の執筆・運営者】

当メディアは、求人広告代理業・人材関連サービスを展開する株式会社hitocolorが執筆・運営しています。

株式会社hitocolorは、厚生労働省【有料職業紹介事業許可労働者派遣事業許可】取得企業です。

転職・人材分野の豊富な実績と知識を持つ弊社が、転職を考える皆様に有益で正確な情報をお届けしてまいります。

【この記事の監修者】

監修者:鈴木けんすけさん

株式会社hitocolor
代表取締役社長  鈴木けんすけ

2016年9月、株式会社hitocolorに参画。2020年4月より、代表取締役社長に就任。

「働くことにワクワクする社会」を追求し、
求人広告代理店事業・有料職業紹介事業の展開、転職サイト・自社オウンドメディア運営など、人材に関わるさまざまなサービスを提供している。

【経歴】

1980年(昭和55年) 神奈川県出身
2000年4月 株式会社アールケイエンタープライズに入社
2006年2月 個人事業主としてBtoC事業運営
2012年3月 KDDI株式会社に入社
2016年9月 株式会社hitocolorに参画
2017年6月 同、執行役員に就任
2018年4月 同、取締役に就任
2019年4月 同、常務取締役に就任
2020年4月より、当企業代表取締役社長に就任。

>>監修者詳細ページはこちら


【会社HP】
株式会社hitocolor

Contents

信用できない転職エージェントの特徴5選

信用できない・信用すべきでない転職エージェントの主な特徴は、以下の5点です。

上記の特徴に当てはまるエージェントをそれぞれ解説していくので、参考にして下さい。

態度が高圧的・常識的に考えて失礼

コミュニケーションの場で、相手に不快な思いをさせるエージェントは信用できないでしょう。

求職者が高望みをした希望を出したり、少し無理な条件を出した際にあからさまに態度に出す担当には要注意です。

「それは無理です」「スキルが足りていません」など高圧的に否定ばかりしてくるエージェントだと、転職意欲も下がってしまいます。

常識的に考えて失礼なエージェントが担当の場合、速やかに担当の変更を申し出るといいでしょう。

希望と違う求人ばかり紹介してくる

エージェントの中には、求職者の希望を無視した紹介をするコンサルタントもいます。

営業職を希望しているのに事務職を紹介されたり、休日を重視していると伝えても残業の多い会社を紹介されることも。

この場合エージェントは自社の都合に合わせて求人を紹介しているか、そもそもニーズを理解していない可能性があります。

希望に沿った求人を受けるためには、カウンセリングの際に自分の希望条件を入念に伝えるようにしましょう。

無理やり選考に参加させようとしてくる

自分が望まない企業の選考に参加させようとするエージェントは、求職者よりも自分の利益を優先しているケースが多いです。

転職エージェントは、担当人材の転職成功時に報酬が発生します。
そのため多少条件に合わなくても、報酬の高い企業を紹介することもあるようです。

もしも希望外の企業を無理やり進めてくるエージェントがいたら、自分の利益重視で企業紹介を行っていると考えていいでしょう。

言葉の節々に自己中な側面を感じた際は、エージェントの変更を検討することをオススメします。

連絡の頻度が少ない・放置される

連絡をしても返事が遅い・質問をしても返事がないなどいい加減なエージェントには注意しましょう。

稀に忙しさのあまり連絡を返せないこともありえますが、通常であれば1営業日以内には連絡が返ってきます。

もしも連絡が来ない場合は、まずリマインドの連絡をしてみて下さい。
リマインドをしたにも関わらず、返事のないエージェントも変更を申し出たほうが良いでしょう。

推薦文が明らかに使いまわしである

求職者に取って大事な推薦文が、明らかにテンプレート化されているエージェントも信用ができません。

推薦文とはエージェントが応募先企業に提出する書類で、通常は以下の内容が記載されています。

  • 職務要約
  • 求職者のPRポイント
  • 経歴に関するエピソード・実績
  • 転職・退職の理由
  • 現在の年収・希望年収
  • エージェントが面談を通して把握した人柄

求職者の個性はひとりひとり違うため、使いまわされている推薦文で内定を獲得することは難しいでしょう。

またテンプレートに当てはめているだけの推薦文は、ひと目見れば不信感や違和感を覚えます。
推薦文を書いてもらう際、提出前に一度内容を確認するといいでしょう。

転職エージェントが信用できない対応をする理由

信用できない転職エージェントには共通して、自己都合を優先しているケースが多くあります。
転職エージェントの収益源は、求職者ではなく企業です。

そのため売上確保を優先するあまり、求職者から「信用できない」と思わせる対応をしているエージェントが生まれてしまいます。

それぞれのケースに合わせて、詳しい解説をしていきます。

転職エージェントの顧客は企業であるから

無料で使える転職エージェントは、企業からの成果報酬で利益を上げています。

各エージェント利用者満足度も求めることはもちろん、顧客である企業への満足度も上げていかなければなりません。

「信用できない」と思わせる転職エージェントは、利用者より企業の都合を優先してしまうことで不信感を抱かせてしまいます。

厳しい売り上げ目標に追われているから

人材業界は営業職の中で、最も過酷な業界の一つとして有名です。
実際に人材業界で働く人達からは、以下のような声が挙がっています。

数字次第。しっかり利益貢献できている人ほど、自由に時間を調整でき、自由に休みも取れる雰囲気がありました。

株式会社リクルートキャリアコンサルティング2021年3月2日

数字が出ていれば働き方は比較的自由。

株式会社マイナビ2020年3月14日

調整しにくい。業績を上げるためにはある程度長い時間を費やす必要があり、顧客第1主義のため自身の休日や休み時間を犠牲にすることもよくある。また社内イベントや会議も多く、ワークライフバランスは悪いと感じた。

パーソルキャリア株式会社2018年7月16日

このように人材業界大手3社の社員から、目標に対しての厳しさに関する声が挙がっています。

売上目標が厳しいあまり、求職者の希望より自分の利益を優先してしまうエージェントも少なくありません。

出入りが激しい業界のため質にバラつきがあるから

人材業界で働く際、特別必要な資格はないので多くの人が挑戦できます。
しかし上記の解説通り、実態としては厳しい売上目標などもあるため現場は過酷です。

入社してもすぐに退社する人もいる一方で、資格不要で応募難易度が低いため人材業界に飛び込んでくる人も多くいます。

このように人材の出入りが激しいため、エージェントの質を高水準に保つことは容易ではありません。

人の入れ替わりが多く質にバラつきがあることも、利用者の不信感を高める原因の一つといえるでしょう。

人材業界に競合他社が多いから

普段様々なエージェントを見て分かる通り、現在展開されている転職エージェントは多種多様です。

しかし企業や求職者の数には限りがあるため、競合他社にとられないうちに無理やり選考に進ませようとする動きも生まれます。

このように競合の多い人材業界では、ユーザーへの満足度よりも競合他社に打ち勝つことが優先されるケースも多いでしょう。

信用できない転職エージェントに当たった時の対処法

エージェントが「信用できない」と思ったら、担当者の変更や他社エージェントの利用も検討してみましょう。

担当者の変更、他社エージェントの利用に関しての詳細は以下のとおりです。

担当者の変更を申し出る

担当エージェントに不信感を抱いたら、すぐに担当者の変更を申し出ましょう。

転職活動をサポートしてくれるエージェントとの信頼関係は、内定獲得に深く関わるため無視できません。

また転職エージェント側も多くの担当人数を抱えているため、変更を要求されることには慣れています。

変更の申し出が失礼と感じるかもしれませんが、エージェント側ではよくあることなので気にせず変更の要求をしましょう。

他社エージェントを利用する

担当エージェントを信用できない場合、エージェントの会社自体を変えることも一つの手段です。
エージェントに不信感を抱いた時点で、その会社自体を信用できないと思う人も多いでしょう。

また信用できないと思いながら転職活動を進めると、余計な不安も抱えて転職活動に専念できないかもしれません。

現在市場にはいくつもの転職エージェントが存在します。
そのため無理やり今のエージェント会社を継続利用するよりも、他社エージェントの利用も視野に入れると良いでしょう。

転職エージェントを賢く使い倒すコツ

先述した信用できないエージェントを避けることで、賢く転職エージェントを利用できます。
以下のポイントに注意して、転職エージェントを利用してみて下さい。

それぞれ詳しく解説していきます。

複数の転職エージェントを併用する

転職エージェントは2~3社を併用することを推奨します。

それにより担当者の質が悪かった場合のタイムロスもなくなり、複数社を比較することでより相性の良いコンサルタントを見つけることにも繋がります。

また複数の転職エージェントを利用することで、転職活動に対するノウハウも多く蓄積できるでしょう。

転職エージェントは併用し、サポートや求人を比較することをオススメします。

企業への推薦文を見せてもらう

エージェントが企業宛に書く推薦文は、求職者の内定獲得に大きく影響します。

担当エージェントが推薦文を企業に出す前に、一度自分でも目を通しておくと良いでしょう。
推薦文を見て納得が行かない場合、担当エージェントに率直にその趣旨を伝えて下さい。

何も言わずに見せてくれることはほとんどないので、応募の際に「共有のために一度推薦文を確認させてもらえますか?」と伝えましょう。

推薦文に目を通し、事前対策を固めておくことで内定獲得率も大きく高まります。

転職時期は「良い求人があればすぐ」と答えておく

基本的に転職エージェントは、転職熱意のある求職者を積極的に応援します。
転職する気があまりない求職者よりも、熱意の高い求職者に求人紹介をした方が入社につながるからです。

そのため転職時期などが明確になっていなくても、転職意欲に関しては「良い求人があればすぐ」と答えた方が良いでしょう。

実際すぐに転職を決めないとしても、熱意のある素振りで十分なサポートが受けられます。

間違いない転職エージェントってあるの?【口コミ評判あり】

転職エージェントを選ぶ際、事前に口コミや評判を見て判断することは重要です。

上記4つのエージェントはおおむね評判が高く、「信用できない」という思いが生まれにくいと言えるでしょう。

リクルートエージェント

(出典:リクルートエージェント公式HP

リクルートエージェントは、業界最大手リクルートが運営する転職エージェントです。

  • 非公開求人(独占求人)を多数取り扱っている
  • 実績が豊富で信頼できる

リクルートエージェントは、強みや特徴からも分かる通り紹介求人数や実績の多さに関して評判が高いです。

また年代を問わず支援実績が多いため、様々な年齢の求職者が利用できるエージェントといえるでしょう。

無理やりな紹介をするエージェントも少ないので、自分のペースで転職活動を進めたい人にオススメです。

先程、リクルートエージェント方と面談したんですけど、悩みが解決 「今のあなたがすべきことは転職じゃないですよ」とはっきり言って頂けました 自分の利益ではなく、顧客の必要となることを最優先に提案する姿勢に感動。 自分もクライアントワークで見習わないとヒントだらけやな。

キャンタ@SEOライター副業さん2021年10月22日

私も転職する時はリクルートエージェントにはお世話になりました。なんといってもさすが業界1位で豊富な求人数と丁寧な対応。企業側もリクルートが嫌いな人ってあまり聞かない気がする。転職する際にリクルートエージェントを利用するのはオススメです。

SHIN2児の子育てパパ育児記録さん2021年10月22日

いつも参考にしてます。 リクルートエージェントとの面談、わたしたちも行いました。 親身に話を聞いていただけましたし、転職の流れなんかも丁寧に説明していただきました。 まだ転職するかどうかはっきり決めてない方にもオススメです

なかがわ夫婦|教員から転職さん2021年8月27日

リクルートエージェント公式サイト
https://www.r-agent.com/

doda

dodaのLP

(出典:doda公式HP)

豊富なサポートツールが多いdodaも、利用者からの評判が高いエージェントです。

  • エージェントの質が高い
  • サポートツール・サイト内コンテンツが多くて便利

dodaは無料で利用できるサポートツールが多く、求職者から高い評判を集めています。

質の高いコンサルタントも多く、多少理想が高い条件を出しても「真摯に対応してくれた」という口コミが見られました。

中には他社エージェントで書類選考が通らなかった求人が、dodaでは選考を通過できたケースも。

サポートツールの豊富さやエージェントの質から見ても、転職が初めての方でも安心して利用できるでしょう。

転職アプリ、doda使い始めたけど無料でここまでしてもらえるの??ってくらい手厚い。転職って孤独の戦いだと思ってたからエージェント付くの心強い。

shukaさん2021年10月28日

本当に担当の方による エージェントでも派遣でも、『かなり難しいです』と言われてもその後も希望に近い案件を継続的に送ってくださる担当さんがいます ちなみにエージェントはdodaさん、派遣はマンパワーさん。 その他は現在放置されてます笑

葵@未経験で会計事務所に転職さん2021年7月28日

Dodaいいですよ! ちな、エン転職が微妙だったので乗り換えました。エンのエージェントで通らなかった、企業の書類がなぜか通ったので、、、 ついてくれる担当に恵まれたかもですが

メーカー勤務さん2021年10月27日

doda公式サイト
https://doda.jp/

パソナキャリア

パソナキャリアのLP

(出典:パソナキャリア公式HP)

パソナキャリアは全体の求人数が多く、特に非公開求人の中に優良企業が多い特徴があります。

  • エージェントの対応力や転職サポートの手厚さが評価されている
  • 取り扱い求人の幅が広い

パソナキャリアもdodaと同様、エージェントの質に関して高い評判が多いです。

キャリアプランの相談はもちろん、書類添削や面接対策など、多くのユーザーがエージェントの対応&サポートの充実度に満足しています。

また取り扱い求人の業種も営業系~IT・コンテンツ系まで多岐に渡るので、様々な企業を比較したい方は登録してみると良いでしょう。

ダメ元で転職エージェントや転職アプリを登録しまくりました……派遣会社も登録しました…… ぴな的おすすめエージェントはリクルートエージェントとパソナキャリアです……dodaは担当さんガチャですがいろんな職種見れます……職種よりも休日と勤務地重視で探した結果派遣に落ち着きましたが( ˘ω˘ )

ぴなさん2021年6月2日

今使ってる転職エージェントなんとなく微妙だなぁ むしろ前に使ってたパソナキャリアが良すぎたのかな? パソナめちゃくちゃ細やかで丁寧だった そのぶんエージェントさんマジで大変そうだなと思ったけど

비비(ぴぴちゃん)さん2021年10月28日

是非是非!わたしも東京駅のパソナキャリアでとてもお世話になりましたよ!みんな面倒見いい人なイメージなので行ってみてください

世界のももちゃんBDさん2021年7月17日

パソナキャリア公式サイト
https://www.pasonacareer.jp/

ビズリーチ

ビズリーチLP

(出典:ビズリーチ公式HP

ハイクラス求人に特化したビズリーチは、高年収案件の多さ・企業の担当者と直接やり取りできる点において高い評判が集まっています。

  • エージェントだけではなく、企業の人事ともコンタクトが取れる
  • 高年収の案件が多い

ビズリーチの特徴は、企業の採用担当と直接コンタクトが取れることです。
エージェントを介さず企業とやり取りすることで、転職後のミスマッチも防げるでしょう。

また登録企業の年収が平均800万円以上と、業界トップクラスの高収入求人を誇っています。
そのため、キャリアアップのための転職と相性が良いと言えるでしょう。

僕は現在ビズリーチが主軸になってる。おかげで複数の企業そのものからのアプローチと、転職エージェント企業からのアプローチの双方を経験できてる そして本ツイートは後者に関して 転職エージェント企業も仕事であり、生きてゆくために利益を上げ食べてゆかなきゃならないけど (続く)

千代子さん2021年10月24日

ビズリーチは有料ですが結構いい案件が来るので合えば有料でもいいと思います。無料のエージェントは「就職させたら手数料がもらえる」なのでどこでもいいから早く入ってくれ的な紹介もあります。なのでエージェントに流されないように自己分析はしっかりした方がいいです

宮義さん2021年10月28日

ビズリーチで「医療・ヘルスケアに関わる求人特集」ってやってるから、さらっと見たけどエンジニアの求人は年収800万以下がほとんどないね、、、経験者採用だとボトムが800万になってきたってことか。。。上は1200万くらい。。。

フルスタ@高年収エンジニアへの道さん2021年10月27に

ビズリーチ公式サイト
https://www.bizreach.jp/

転職エージェントにまつわるQ&A

転職エージェントを利用する前に、多くの人が疑問に思うポイントを確認しましょう。

無料で利用できる理由や、エージェントに関する信用性について解説をしていきます。

それぞれの詳細に関しては、以下の解説を参考にしてください。

転職エージェントはなぜ無料なの?

転職エージェントは自分の紹介で採用を成功させた際に、担当企業から報酬を得る仕組みです。
そのため、ほとんどのエージェントは会員登録から料金をもらうことがありません。

人材採用にかかるコストは非常に高額で、職種によっては一人採用するために100万円前後かかることもあります。

このように単価の高いビジネスモデルを展開しているため、転職エージェントは利用者から収益を得ずに運営ができています。

口コミ評判の悪い転職エージェントは信用できない?

一概に口コミ・評判が悪いエージェントが信用できないとは限りません。

確かに口コミ・評判が正しいケースもありますが、一方で真実と異なる情報が出回っている事も考えられます。

特にネット上で情報が簡単に手に入る現代では、正しい情報を見分ける力も必要です。
もしも利用したい転職エージェントの評判が悪い場合、複数のサイトを参考にして口コミを確認するといいでしょう。

2chや知恵袋の口コミは信用していいの?

知恵袋の口コミはやや当てにしても良いですが、2chの口コミはあまり当てにしないほうが良いでしょう。

2chは誰でも匿名で書き込める掲示板のため、真実と異なる情報が多いことも懸念されます。

知恵袋はユーザーIDを利用して投稿するシステム上、2chよりは匿名性が低いためある程度は信用しても良いでしょう。

ただいずれも匿名性が高いため、実際に利用した人が直接発信している口コミを参考にしたほうが無難です。

信用できない転職エージェントを避けることが転職成功のカギ!

信用できないエージェントの特徴を把握することで、信頼のおけるエージェントと出会うことが可能です。

もしも転職エージェントが「信用できない」と感じた場合、速やかに担当コンサルタントの変更・他社サービスへの乗り換えることをオススメします。

信用できない転職エージェントを見極め、頼れる転職エージェントを見つけることが転職成功への近道と言えるでしょう。

【このサイトの運営者情報】

運営会社株式会社hitocolor
設立 2016年4月12日
代表取締役鈴木けんすけ
本社所在地〒105-0003
東京都港区西新橋2-39-8 鈴丸ビル7階
支社所在地高知支社
〒781-5232
高知県香南市野市町西野2217-1
資本金10,000,000円
事業内容求人広告代理店事業
有料職業紹介事業
自社メディア・コンテンツ運営
許認可番号有料職業紹介事業許可番号】13-ユ-310482
労働者派遣事業許可番号】派 13-314487
プライバシーマーク登録番号】第21004576(01)号

※本内容は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。